記念品ストアー    名入れデザイン

TOPへ

土日祝はお休みしております。営業時間 平日10:30~16:00
◆最短納期◆ 商品のみ→ご入金日から平日2日後に発送 名入れ→11/28(木)発送

  1. 記念品ストアー
  2. ストアー日誌
  3. 楽天がチャット機能を有料化。強制導入する理由とは

 

楽天がチャット機能を有料化。強制導入する理由とは


 

いつも拝見している「売れるネットショップの教科書」さんのツイートを見て勉強しております。

その中で最近話題なのが、楽天が全サイトに導入予定のチャット機能です。

しかも、無料ではなく有料版として月額5000円も必要となっております。

 

どうして、そんな事を強制するのか、イマイチわかりませんでしたが、ツイートを見てわかりました。

 

 

 

 

数字が全ての世界。プラス数字に踊らされる本部の脳みそ

 

今回、導入の意図がいまいち、テンプレート過ぎてわかりませんでしたが、それがわかる画像があり、なるほど!と思いました。

 

 

ブログを拝見していたら、上の画像が出てきました。

「ああ!なるほど!」と思いました。

 

・転換率 プラス14%

・注文数 プラス35%

 

となっておりました。

今、売れないネットショップは多々ありますから、これが特効薬になってくれればという期待があります。

その期待から、半強制的にチャット機能の道具を使用させて、売り上げ増に結び付けるためです。

 

これなら、楽天本部がウキウキしながら、導入させたいと思う気持ちが手に取るようにわかります。

 

 

 

 

チャット機能装置は、万能ではない件

 

さて、楽天本部が、凄まじいのが、このチャット機能。

確かに、試算通りなら、売り上げ増に結び付く可能性がありますが、実際にはどうか?

 

この答えは、とっても簡単で、ほぼ使いこなせないと思います

 

これには理由があり、競合店がチャット機能を導入していたり、通常使うサービスが導入していたりと、すでに「導入済サイト」を多々しており、しかも、その使い勝手などを見ていたからです。

 

結論としては、

 

  • 人がいないので、リアルタイムチャットなど不可能
  • チャットを使う人が、いつ使うかわからないので不可能
  • 実際に使ってみたが、チャットの返答など皆無
  • よって、単なる邪魔扱い

となりました。

実際、数か月は導入していたサイトも、半年もしないで、「非チャット」となりました。

 

使う人もいなければ、使ってもリアルタイムではないし、リアルタイムもできない状態 であったからです。

 

 

 

 

恐ろしいがの楽天本部の人が使った事がない人が偉い人に

 

今回、何が凄いかと言えば、このチャット機能を展開しようとする楽天本部の無知さです。

1度でも、実際に使う側・使われる側に行けば、この機能が売り上げ増につながるかどうかわかります

 

店長である私でさえも、楽天に入店しないのに、これだけの「経験値」があるのにも関わらず、そのリスク管理ができていないのです。

単に夢物語のプラス数字だけを確認して、導入しようとする流れが凄いです。

 

もちろん、楽天のような人余り組織であれば、チャット機能を使いこなせるでしょう

沢山の無能な人余りがいる楽天のような上場企業であれば、派遣でもアルバイトでも山ほど対応できます。

 

しかし、

多くのネットショップでは、店長をはじめ、多くの優秀なスタッフは、「多機能スタッフ」であり「多様スタッフ」であり、「多仕事スタッフ」でありますので、優劣を決めて時間を配分しながら、仕事をするしかありません。

 

結果として、リアルタイムチャットなど、メールでも出来ない組織が、チャットなど出来るはずもありません。

 

 

 

まとめ

今回の楽天のチャット機能の導入については、楽天の弱体化の流れであり、当店としても歓迎すべきことです。

楽天が弱体化すればするほど、独自店舗にとってはプラスになるからです。

 

ただし、楽天依存度が高い店舗などは、悲惨な結果ですよね。

2018年10月15日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間