記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 改善案は、時たまお客様から頂く貴重な情報

 

改善案は、時たまお客様から頂く貴重な情報


 

さきほど、お客様からクレームみたいな電話がありました。

 

こちらも忙しいのですが、電話をかけてきた方も、暇ではないわけであり、15分くらいですが、内容を聞きました。

それ自体は、普段はメールでやり取りする内容ですが、今回は、やり取りする中で、非常に貴重な意見が聞けたのが良かったです。

 

本来、

ページの改善は、運営目線で、出来る限りしなければいけません。

しかし、人・もの・金が全くない1人運営の企業などは、限界があります

 

ですから、悪くいえば、行き当たりばったりでしかなく、都度ごとに変更するしかなく、または、変更できない事も多いです。

 

そんな中、100円以下の売れ筋品である「爪切り」について、質問あがりました。

 

 

こちらの商品は、非常に売れ筋品であり、ページを改善すればするほど売り上げが上がる商品です。

 

このため、

・何をすれば売り上げが上がるのか?

・どのような部分で他店との差別化をしなければいけないのか?

・どんなニーズがあるのか?

注文の場合の、「マイナス部分」はどんな点か?

という点が非常に重要になります。

 

今回は、お客様の要望で、

「こんな点の改善点が重要なんだ!」

と、発見出ました。

 

 

これは、プロレベルである運営側では、わかるはずもなく、

「なるほど」

と思いました。

 

さっそく、

ページ内に、今回の指摘された部分を掲載。

 


【名入れ印刷をされる方へ】
こちらの商品は、本体が小さいために、「包装不可」「のし不可」となっております。
ただし、のし箱には入っているので、挨拶回りの時には、とっても便利です。

 


 

これで、また、商品ページの魅力が増加されました。

 

 

組織が小さい分、改善も朝令暮改

 

他店の同じ商品ページをみても、当店のような素晴らしいページが皆無です。

この点は、オンリーワンであり、ナンバーワンです。

 

そして、こうしたクレームや意見は、大手になればなるほど、「他人事」になる傾向があります

 

よくあるパターンが、

「お客様の貴重な意見を伺い、改善します」

というだけで、改善などしないわけです。

 

ですが、小さい組織であれば、本人が対応しているので、すぐにでも改善できるわけです。

 

こうした点を、ひとつ・ひとつプラスしていけば、最強の記念品ストアーが出来上がると思います。

2018年12月20日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間