記念品ストアー    名入れデザイン

TOPへ

  • 感染症対策について

◆最短納期◆ 商品のみ→ご入金日から平日2日後に発送 名入れ→9/3(火)発送

  1. 記念品ストアー
  2. ストアー日誌
  3. 自動化している依頼を、逆にアナログ化するパターンのコスト

 

自動化している依頼を、逆にアナログ化するパターンのコスト


 

沢山の依頼が毎日来ますが、無駄な行為と無駄な人達と遭遇しました。

 

働かき方改革がありますが、合理的に対応できる人は、やはりその中でもいないのが大変です。

今回はこの件についてお伝えします。

 

 

自動見積もりをして送料だけが違う件で

北海道などから依頼があれば、当然、送料代が変動します。

自動見積もりでは、全てをカバーできないので、送料を計算して対応します。

そこで、こんな対応を全てのお客様に対応しております。

 

「送料は1080円ではなく、6000円となります」

 

という一文を変更して対応します。

9割方、この文章で総額が理解可能なのですが、こんな文章が返ってきました。

 


 

お時間取って頂きましたが、とてもこの文章でスタッフに承認貰う案内には出来ませんので、注文はいたしません。

お手数お掛け致しました。

 


 

 

確かに、その通りですが、この件について返答


お世話になります足し算が出来ないのかな?

 

やはり、そこまでしないと承認が取れないパターンもあるのですね。

手間かかる=その分コスト増というのがあり、なるべく簡素化しているわけです。

 

承認行為なので、正式見積もりで対応しないと上が決済出来ないというのがあり、なかなか難しい。

 ただ、最終段階ですれば良いだけであり総予算があっているか・どうかだけなので、まずはそこを見てもらいだけ。

 正式見積もりを出しても、予算が合わないのでは、こちらの単なる「人件費無駄行為」になるだけなんだよね。


 

サービスをどこまで伝える必要性があるのかです。

当店では、コストをかけない分、その分安く提供しているわけ。

この程度の判断を出来ないと困るわけです。

単にコスト増につながるから。

 

 

無駄な見積もり依頼に「面倒そうな奴」の臭い

次の件ですが、安くしたいのであれえば、無駄なコストなどを相手にかけないのは商売の鉄則です。

それがわからないビジネスマンもいます。

それがこちら。

 


【備考】6月のイベントで使用したい。

・名入れは片面だけですか?

・顔のロゴなどを刺繍したい

・データ納品の締め切りを知りたい(531日に100個納品と仮定して)


 

質問の内容はこれ自体は、いいのですが、この総額はなんと、たった23000円の案件。

23万円でも230万円でもない。

 

ここから導き出される流れは

 

面倒な人

 

というカテゴリーになる。

私自身も、仕事を依頼する場合、お客様扱いされるカテゴリーは、やはり数百万円クラスの実行力と決済権がある場合、強く出ます。

逆、数万円の案件は、依頼側よりも、メーカーの方が強いという意識しかありません

 

なぜなら、利益を見た場合、数千円しかないわけです。ですから、そんな数千円の利益のために仕事など出来ないのです

 

そんな当たり前のことは、ビジネスマン同士の常識で考えれば、いいのですが、この人はそれが「読めない」のです。

 

ですから、あえて、こうした方に対しては、

プラス5000円

というコストを上乗せして対応するメールをしました。

 

そしたら、この方は、なんと!この「面倒な奴」の方そのもので、電話があり、

 

「これはどういうものか!」

 

というパターンで説明を求めてきた。

いやいや。

まさに、あたなのような方こそが面倒でコスト増になるから、あえて5000円プラスしないと、右から左に仕事が出来ないからだよ!というのが本人がわからないから大変だ。

 

中には、常識的に、

 

「全く儲からないので申し訳ありませんが、5000円プラスで対応させて頂きます」

 

という返しがあれば、反省しているので、その時間を考慮して、5000円ではなく2000円でもいいわけだ。

 

ただ、

こうした「面倒な奴」は、それ自体、その面倒な行為自体を説明する時間も「もったいない」ので、対応しなければいけないし、その分の時間コストを、全くない利益から対応しなければいけないのだ

 

今回は、そんな面倒な方は、即刻電話を切りましたが、この文章を読んで理解してもらればと思います。

2019年3月28日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間