キャラクターイラストいいね
#PANKUZU

オススメまとめ今年はお猿さん

#TITLE

イラストレーターさんが、どんな年賀状を出しているのか気になるものです。

お正月の年賀状などは、親しい人へ送る場合もあり、それなりに気持ちが加わります。

 

どうしても、キャラクターイラストの場合、「販売目的化」がありますので、どうしても見た目が、それなりの売れ売れタイプになってしまう場合があります。ですから、企業側のイラストなどはセンスがないのはこのためです。

 

しかし、友達同士程度の中でのイラストなら、自由度が高いわけですから、自然のセンスがよいイラストなり、構図になります

結果としては、非常に参考になるため、どのようなイラストがいいのか見てみましょう。

 

 

 

擬人化タイプのイラスト

今年はひつじなので、人型の擬人化タイプが多くみかけました。

キャラクターとしては、可愛いタイプとリアルタイプに分かれると思います。

全体的に企業では、そのまま羊を使うイラストですが、こうしたキャラクターをメインとしたタイプのイラストなどは、よい参考になるでしょう。

 

 

可愛いイラスト系タイプ

キャラクターと羊が1セットのイラストです。

この部分もけっこう良く、構図の全体のイラストがよい部分。

単に並べているわけではないので、うまく配置しながらイラスト化しているのがわかります。

 

リアルタイプのイラスト

さて、今回の一押しなんですが、こちら。

リアルな羊と、リアルな本人。

年賀状というよりも、イラスト自体の完成度が高いと思いますし、年賀状っぽくないのがいいです

こうしたアイデアはけっこう重要な部分だと思います。

 

干支がないたタイプイラスト

年賀状=干支が必要

となりますが、イラストレーターさんからすれば、無くてもいいわけです。

可愛いタイプであればいいのであり、それが全面になります。

どうしても年賀状=干支が必要と、企業側は思いますが、キャラクターを全面に出してもいいわけです。

 

干支が無い部分として、普段はあまり見ない「和服」を登場させて、お正月気分をメインとしているのがわかります。

こうした点も非常に参考になると思います。





 

2015年11月17日