総額コストを大公開のわけ!とは

シェアする

243view
スポンサーリンク

当店は長らく見積もりをパソコンで制作し「手動」で対応していました。

そこで、2017年からは自動化で対応し、随時、売れ筋品については「自動見積化」を推進。今回はこの流れで、お客様が「総予算を知りたい!」という要望と対応についてお伝えします。

01

隠したい総予算。理由は比較され来なくなる最大の理由

まず、当店はあまり意識はしておりませんでしたが、ネットの中では頻繁にある「価格比較」

どうしても1円でも安い所から購入したいという要望がお客様にあります

このため、多くのサイトでは会員登録した方のみ、特価で公開しているものが多いです

しかし、これではいちいち無駄な会員登録をして対応しなければならなく、時間の大きな無駄です。また、会員登録しても、本当に安くないのであれば、更に無駄になります。

こうした背景から、どの業界でもホームページ上では、一切価格を提示しないのが多いです

・安さが一番の魅力ではない点。一番必要なのは総額がわかることの「わかりやすさ」

記念品業界でのオリジナル製作において、他業界と全く違う点があります。

それは単なる価格競争は意味がないという点です。

「安かろう悪かろう」

という言葉があるように、記念品のオリジナル製作において、価格以上にサービスの「質」がとっても重要な部分になっているからです

具体的に言えば、50万円の案件で

・56万円(当社)

・48万円(競合店)

があった場合、明らかに競合店のほうに安いため注文が行きますが、結果的に当店へ依頼がきます。

その理由は

・短納期が可能

・失敗しないノウハウが応用力としてある

と、2点しかないのですが、単なるマニュアルだけでは出来ないノウハウが重要になります。

これが不思議で、金額が大きくなればなるほど、この傾向があり、企業のイベント担当者としては、イベントで「絶対に失敗が許されない」という流れから、予算だけで判断できない部分が、オリジナル記念品では多々あるからです。

・一番お得なオリジナル工場のコストを設定

印刷工場ごとにより、制作コストは違います。

今回、自動化した理由として、一番コストパフォーマンスが良い工場の見積もりを数値として設定している部分です。これは凄い事で、今まではオーダーメイドで、都度ごとに対応していましたが、現在ではパフォーマンスが一番良い所を設定しております。

事例として

・個数が少なくても総予算が小さい

・手軽に小ロットでも制作可能な記念品

などがあり、今までは一律でしたが、今後は一番良い提案ができると考えております。

02

凄く安い総予算のわけ!右から左の自動販売機状態へ

記念品ストアーでは、自動見積もり化した理由として、2つあります。

・自動化することで、最安値提案が手軽に出来る

・オーダーメイド感が高い「当店でしか出来ないサービス」を利用してほしい

という点です。

両方とも、公開することで非常にメリットがあります。

ともかく、今まで、どれだけ価値が高いのかは、見積もり提出までわかりませんでしたが、今では、瞬時に総額を提示できるので、お客様の判断が早くなり、一石二鳥です。

・自動化で人件費削減=大きなコストカット大成功

自動化するメリットは、もうひとつ、大きな理由があります。

それが運営側の人件費です

見積もりは、人によって多少は金額が違いますが、そのために、人を雇い、人件費を支払い、対応していたのでは、結果的に、その人件費を価格に上乗せしなければいけません。

これが自動見積もり化したおかげで、人件費を無視して提案できます

このコストカット代は絶大です。

当店は1日に数十件見積もり依頼がきますが、小口から大口まであります。

このため、自動化することで、この数十件がすべてコストゼロとなりました

・無駄な電話問い合わせが激減した

もうひとつのメリットとしては、一番コストがかかる電話での問い合わせです。

「総額がいくらかかるのか、すぐに知りたい」

という電話が前回は多くありましたが、自動化することで、問い合わせが激減。このため、この時間を有効活用し、提案力が増加しました。

03

まとめ

いかがでしょうか!

当店がイベントやキャンペーンで総予算を知りたい方へ、しっかりと公開している大きな理由がわかったと思います

当店は大メリットがあり、そのメリットをお客様に「還元」出来る仕組みだからです。

自動化することで、こうした記事も、本来なら見積もり制作の時間で、全く時間が無いわけでありますが、自動化・公開化することで、本当に楽になりました。

自動見積もりを見て、しっかりと総予算を確認してください。

それで、問題なければ、基本情報を入力し、対応して頂ければOKです。

スポンサーリンク

シェアする