渋川栄一記念館。深谷へのアクセスなど

シェアする

3view

埼玉県深谷市にある渋川栄一記念館を見てきました。

新1万円札になりますので、調べたら、なんと同じ埼玉県生まれという偶然。

これは近場なので見に行く以外ないと判断して行って来ました。

01

記念館へのアクセス

渋沢栄一氏は、現在の埼玉県深谷市血洗島の農家に生まれました。

また、地主のような豪商であっため、地元での家(中の家(なかんち))もあり、そのすぐ近くに渋沢栄一氏の記念館が設立させました。

住所は「埼玉県深谷市下手計1204」という所です。

基本、地図検索で

  • 渋沢栄一記念館
  • 深谷市立八基小

の、どちらかで検索すると良いでしょう。

それと言うのも、記念館は東京都北区にもあるからです。

これに比べて「深谷市立八基小」は、記念館の横の小学校なので、こちらであれば、まず、間違いないでしょう。

・深谷市は萌えキャラのふっかちゃんの地元の方が有名

埼玉県深谷市と言っても、全国では無名ですが、この深谷市の全国区はふっかちゃんであります。

最近では、映画「翔んで埼玉」で、埼玉の田舎の「良さ」は、それなりに理解できる範囲内だと思います。

ですが、ともかく、田舎道であることには変わりはありません。

ネギ畑とも言える光景であります。

・花園インターより車で30分

都内から行く場合は、ほぼ高速の関越道から行きます。

花園インターから降りて、こんな道を30分程度走ります。

アクセスは、車であれば、100%花園インターですので、こんな田舎道を走ります。

カーナビでもスマホナビでも、ともかく誘導した通りに進めば良いだけです。

田舎道なので問題ないと思います。

02

記念館の駐車場

八基小の横を通り記念館へ。

記念館の駐車は「無料」です。(入館も無料です)

これは嬉しい限りであります。

台数分としては、少なくもなく、多くもなく、満車で長時間待つという事はないでしょう。

来ればわかりますが、田舎なので、来る人も車が当たり前。

駅から歩きというのは無いです。

バスもありますが、ふっかちゃん号のミニバンがある程度です。

長時間いる場所でもないので、車は入れ替わり・立ち替わりです。

このため、駐車場の回転率が良いので、満車にはならいでしょう。

03

渋沢栄一記念館の遊び方

営業時間は9時から夕方の5時まで。

そして、館内は「無料」です。駐車場も無料であり、館内も無料なので嬉しい限りです。

建物は異様な立派な作りなので、驚かされるかたちですが、美術館のような仰々しさは無いので気軽に入りましょう。

記念館のグッズみたいなものはありませんので、JAふかやがありますので、ネギなど買って帰りましょう。

平成天皇陛下も来場されており、それなりに有名であります。

館内は2階建てでありますが、資料館は1階のみであります。

家族連れなどで、小学生などのお子様がいれば、遊び半分の場所みたいなものです。

中央ロビーには大型テレビで、渋沢栄一の生涯のVTRが流れております。

横には体育館が併設されおります。

公民館としての価値もあり、室内運動施設としての場所でもあるのでしょう。

・お土産はやはりネギ?。記念館のグッズ

ある程度の休みの日であれば、JAふかやが出張しておりました。

深谷ねぎを3本1束100円にて販売。

これ目当てでいいでしょう。

大きさ的にいえば、左半分が資料館で、右半分は1階が事務であり公民館施設。

その程度の内容であります。

04

渋沢栄一資料室

記念館の最大の見せ場が資料室です。

1階左側です。

中は沢山の資料があります。

何度も言いますが「無料」となっております。

資料館の中には、紙パンフレットもありますので、持ち帰りましょう。

また、土曜日に行きましたが、2人ほど解説員がいましたので、質問などあれば聞きましょう。資料室の館内は撮影不可となります。

05

館内裏はフォトスポット

駐車場がある表。

実は裏にはフォトスポットがあります。

裏に行くと、大きな銅像があります。

渋沢栄一銅像です。

パッと見て、わかりませんが、かなり大きいです。

こんな感じで撮影するスポットになります。

当たり前ですが、あまり誘導しておらず、半分近くがこちらに来ないで帰ります。

基本、この銅像しかありませんが、フォトスポットとしては、とっても大事です。

06

その他、おすすめ場所

・渋沢栄一生家の「中の家」

・誠之堂・清風亭

・深谷駅

となります。随時公開していきます。

スポンサーリンク

シェアする