GMOのSEO対策の営業は、ちゃんと対策すれば良いだけの話

シェアする

2,630view

ネットショップをしていれば、しつこい営業迷惑電話はあります。

日本全国で代表的なのが、誰でも知っているリクルートです。

Recruit – リクルートグループ

リクルートは求人をメイン事業としていますので、手当たり次第、求人先の会社に電話をします。このため、多くの企業が大迷惑をしているのですが、それ以上に、情報媒体としての企業価値も高く、あまり社会問題となっておりません。

これと並行してネットショップで多いのがSEO対策営業です。

これも迷惑電話の中に入り、最近は、ホームページを持つ会社が多くなっているので、平行して社会問題となっております。

20年近くネットショップを運営しているので、もう、この程度の詐欺まがいの行為は終わったと思ったのですが、やはり、まだ騙された!と思われ被害だと思っている方も多いです。

そんな中のこのツイート。

有名なGMOさんのSEO営業。

成果報酬SEOからコンサルまでSEO対策ならGMO SEO

すでに騙される会社など皆無だと思ったのですが、まだまだ存在したみたいです。

今回はこの件について、詳しくお伝えします。

01

結論 騙された方が悪い。優秀な方とSEO対策を指名

振り込め詐欺があります。

これは詐欺をする犯罪者が一番悪いのですが、今のご時世。騙される高齢者も、また被害者でありながら、加害者とも言えます。

その最大の理由は、振り込め詐欺が無くならないので、こうした騙される高齢者が振り込む資金が、いつまでも資金源となり、振り込め詐欺が終わらないからです

振り込め詐欺で騙す人がいない=振り込め詐欺終了

となります。

実はSEO対策については、この振り込め詐欺の法則があてはまり、

「騙された!!」「効果が無い!!」

と、今回のツイートもあるのですが、何もそれはGMOだけではなく、9割方、電話で営業電話をするような所は、実質効果ゼロは、ある程度常識になっております

なにも、GMOだけが悪質ではなく、その他の営業電話をするようなSEO対策はほぼ悪質ですので、何か勘違いしております。

振り込め詐欺集団=電話でのSEO対策営業

は、ほぼ同一なんですよね。

・GMOのSEO対策チームは実は優秀な件。「え!」

さて、驚きの事実です。

実はGMOのSEO対策チームは優秀です。

「は?」

「え!」

となっている方もいるでしょう。

多くの企業が、GMOのSEO対策で詐欺まがいの被害にあっているのですから、当然の驚きます。

これについては、どんな組織でも優秀な方は組織で10%程度はいる事。

GMOのSEO対策チームでも同じであり、記念品ストアーでも3年間継続して対応して頂きました。ネット広告とSEOノウハウを合わせ200万円ほど支払いました。

よくよく考えれば、当たり前ですが、利益を出していなければ、事業として継続できません。結果として、GMOのSEO対策チームも同じです。

優秀な方を指名し、こちら側も、専門知識とノウハウで質問し、費用対効果を測り、しっかりと対応できるか見極め、内容を吟味し、見積書を提出し、効果があれば継続し、効果がなければ終了・後払いとする

これは商売をしていればわかりますが、当たり前ですよね。

ただし、今回、水害に合い、その心の隙間を埋めるような形で騙された!となりました。

こうした件は、振り込め詐欺でも多くあり、お金持ちの脱税まがいの内容でよくある事です。数千万円をポンと支払う側の「悪さ」が目立つのと同じです。

多くの庶民が、どうして数千万円をポンと支払うのか不思議に思うのと同じです。

では、どうしてGMOのSEO対策チームはこんな事を平気でしているおでしょうか。

02

結論2 社内リストラされたスタッフがSEO営業

2018年にもなって、まだまだ、騙されている会社があるのは驚きです。

すでに10数年前から、このトラブルを実体験している側からすれば、古典的ともいえます。

当店も儲かっている10年前位に、よくGMOから営業電話攻勢があり、大クレームを言いました。自衛手段としては当然です。

そこで、彼らの驚くべき事実が判明しました。

2018年の今ではどうか知りませんが、昔のGMOのSEO対策チームが、どんな状態であったのかはお伝えします。

・社内配置転換の先としてSEO営業がGMOの人

振り込め詐欺と同じで、少しでも会話すればわかりますが、

「こいつは怪しい」

と感じるわけです。

このため、GMOからの営業電話があった場合、その内容を聞きて、質問すれば、

「こいつはダメだ!」

と、瞬間的にわかります。

知識ゼロ、専門ノウハウゼロ、社会常識ゼロ

となります。

ですから、騙される事自体がないわけです。

ですが、何度も何度も何度も、営業電話がくるため、本部にクレームを伝えたのですが、それでも何度も何度も何度も電話が来ます。

仕方がなく、騙された風にして調査しました。

その結果、驚くべき事実として、彼らは、嫌々、会社の命令で電話をしていました。

「先日、事業の縮小で配置転換があり、社内リストラとなり、こちらのSEOの営業電話をする事になりました。テヘ」

です。

なるほど!

これではわかりました。

SEOの知識も経験もノウハウもゼロな理由が!

よくある大手企業の営業電話と同じです。

更に、可哀そうに思い、そんな嫌な仕事をして大丈夫?と質問したら、

「いえ!百件に1社は、仕事が成立します!」

との事。

心の中では、頑張れ!と思いながら、振り込め詐欺同様の内容に、困った事だと思いながら、聞いておりました。

03

まとめ 電話でのSEO対策営業について

まとめになります。

今時、インターネットで調べものをする時代、わざわざ、電話で営業してくる事自体、詐欺行為に近いものだと思うのが、常識と言えます。

ですから、ほぼ多くがワン切りでしょう。

「高速道路の料金が安くなります」

「電話代が安くなります」

「電気代が安くなります」

「求人のリクルート・・・」

という4大安くなる営業電話は、多くの企業でワン切りしているでしょ

どの分野でも、ネットで調べれば、溢れるばかりの情報が氾濫しており、サービスも多種多様あります。

当業界でいえば、記念品の販売情報など、山のようにあります

それを、わざわざ、「記念品はいかがですか!」なんて、営業電話を無差別にしていたら倒産しますよね。

これと同じように、SEO対策電話も、今では同じ。

当店では、「GMO」と「ジオコード」の2社は、相変わらずしつこいので、

「GMOのジ」と、「ジオコードのジオ」と聞いた時点で、ワン切りします。

忙しいので。

この2社は、良くも悪くも、先のような会社の「質」なので、優秀な方がいる一方、無能な方も沢山います。

もし、必要であれば、こちらから電話すればいいだけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする