記念品ストアー

履歴 TOPへ

入学・卒業記念品

入学記念、卒業記念プレゼントです。卒園、入園とは違い実用的なものをそろえております。対象は小学校向け、中学校向け、高校向け、大学向け、専門学校向け、学習塾向け、スポーツ少年団向け記念グッズなどです。その他さまざまなスクールライフの記念プレゼント品にどうぞ。 最終更新日:

 

入学卒業祝いのオリジナル記念品
 
入学卒業記念の選び方

 

※画像をクリックすると詳細を表示します。
 

話題の高級品のフリクションボール
話題の高級品のフリクションボール

214円

今ではノベルティ品として文具の定番品。メーカー仕様のお得品となっています。最近になって登場し...

120円

お箸は100膳から可能です。 低コストタイプで驚くほどの 予算で製作が可能です。...

81円

こちらの商品は名入れ印刷も、包装・のしも出来ませんが、1個あると非常に嬉しい記念品です。さら...

646円

底面に特別な吸着吸盤を使用しているので横からの衝撃に対しては倒れにくく、上に持ち上げた時には...

322円

色が選べるので 記念行事やチームカラーに沿った 色を選ぶことができるので、 ...

298円

丸みを帯びた愛らしいフォルムが特徴のガラスボトルです。この商品の特徴が中身が見えるガラス部分...
記憶に残るナチュラルライフ置時計
記憶に残るナチュラルライフ置時計

417円

記念品として嬉しい限りです。こんな商品を待っていました。木の感じがしますが、実際には「印刷」...

322円

オリジナルボトル制作に最適な商品。 本体の色指定可能品です。 回転の印刷が可能で...

290円

アルミボトルでは定番品のタイプで格安タイプ。 本体は色指定可能なのでおすすめです。 ...

173円

学校向けや、その他、生徒や学生向けのオリジナルグッズとして人気。 または、最近は博物館...
スマホグッズで文具品おすすめペンケース
スマホグッズで文具品おすすめペンケース

236円

見た目の愛嬌さがいいですよね。スマホグッズというよりも文具品の中でユニークグッズとしてみた方...
色選択可能な不織布保冷トート
色選択可能な不織布保冷トート

203円

350ml缶を6本収納できる保冷トートバッグ。不織布のテイストも素朴でお出かけにもってこいな...

146円

コンパクトなサイズで 人気のLEDキーホルダーです。   人気の...

59円

桜もすでに散り始めています。日本人としてはちょっと残念。 ただし、お渡しする記念品とし...

59円

一般的なタオル地のハンカチタオルが入った桜模様のパッケージがカワイイプレゼント用のハンカチタ...

357円

2017年の新デザインタンブラーのひとつになります。 ユニークなのがアイスストーンであ...
ミラーボール風グラス
ミラーボール風グラス

463円

非常に奇抜なボトルグラスになりますね。 贈答品関連の商品としておすすめします。 サタ...

76円

シンプルで無地のエコバッグならこちらがおすすめ。 巾着タイプなので、可愛い感じがいいで...

470円

夏の暑い時期には大気の状態が不安定になるため、しばしば大雨や落雷を伴うゲリラ豪雨に見舞われた...

480円

持ち手の部分に 牛革を使用した 高級なボールペンです。 持ち手部分の牛革は ...
通気性UPトート
通気性UPトート

355円

マチの部分がメッシュ素材でできているので通気性の高いバッグになっています。ランドリーに行く洗...
吸水マイクロファイバー使用マルチカバー
吸水マイクロファイバー使用マルチカバー

193円

 一風変わった形状のホルダーとなっていますが実用性は十分。ホルダー部分のチャックが...
ハッピーカラーエプロン
ハッピーカラーエプロン

322円

女性向けの記念品の中で、ズバリなキッチン関連品です。 本体は2色柄あり指定はできません...
オンオフ兼用クールネック
オンオフ兼用クールネック

119円

水を吸収して首元を冷やす構造の夏の定番クールスカーフ。今まではハチマキのような長いタイプのも...
収納ケース入りマルチふせんセット
収納ケース入りマルチふせんセット

214円

手軽な文具品としては、すでに定番品タイプになっています。 綺麗に名入れ印刷をすれば、オ...
カラビナ付ボトルホルダー
カラビナ付ボトルホルダー

79円

アウトドアには最適な低価格の商品です。 名入れ印刷もできますが、基本は商品のみにて。 ...
色指定可能 ミニミラー
色指定可能 ミニミラー

38円

ポケットサイズの折り畳みミラー。ホワイトとピンクの2色で色指定可能です。ミラーというとどうし...

538円

スマホ充電器を記念品として配りたい。そんな気持ちにこたえて対応したのがこちらのチッコイタイプ...
スキレットパン14cm
スキレットパン14cm

308円

 キッチンアイテムの中で話題のスキレットパンです。調理をしてそのまま食卓に出せる便...

430円

真空2重構造タイプのミニタイプです。本体の色柄指定はできません。均等にて。正面ワンポイントの...
1本サイズロールケーキタオル
1本サイズロールケーキタオル

213円

プチギフトとしての人気品となります。化粧箱入りでおすすすめ。 見た目の豪華さがやっぱり...
側面ライトキーホルダー
側面ライトキーホルダー

204円

値段の割には本当に便利に使えるライト夜間の散歩やウォーキングの安全対策ライトです。一般的なキ...
ひと葉メモ
ひと葉メモ

303円

可愛い系の文具品としておすすめ。しかし、中身としては見た目よりもプラスチック。枯れ木にはっぱ...

495円

オリジナルの名入れ印刷が可能となりました。名入れ印刷の自動見積もり機能にて対応可能。すぐに総...
すでに人気は定番のギフト用今治タオル
すでに人気は定番のギフト用今治タオル

308円

単なるタオルでは今ではそれほど付加価値がありませんけど、 こうした「日本製」のタオルが...

495円

ユニークな形をしたしっかり魔法瓶です。本体は色指定不可。 包装・のし印刷をすれば、手軽...
ニューヨークスタイル フードジャー
ニューヨークスタイル フードジャー

257円

オリジナルマイボトルのブームにて、こちらのタイプが人気上昇中です。名入れは基本しておりません...
保温マグカップ300ml
保温マグカップ300ml

573円

大人のギフト品質の最近話題の保温性の高いマグカップです。ホットドリンクをゆっくり飲むのに適し...

268円

卓上型の温度計・湿度計タイプです。 非常に見やすくわかりやすいのが特徴。 熱中症...

150円

大きくて使いやすいサイズの カラビナに緊急用ホイッスルと ミニライトがついた ...
オリジナル記念品可能な真空構造すっきり水筒320ml
オリジナル記念品可能な真空構造すっきり水筒320ml

474円

コップ対応のシンプルなメタリック水筒となります。 本体の色は指定できません。均等の取り...

538円

直飲みタイプの水筒になります。本体は色指定不可。 夏の暑いシーズンに、ゴクゴク飲んでみ...

106円

オシャレなデザインチェック柄のキッチンクロス2枚セットです。結構大き目サイズなのでシッカリ使...

322円

バラマキ型のタンブラーになります。真空二重構造ではありません。シンプルな機能のステンレスタン...
スタンダードジャンプ傘
スタンダードジャンプ傘

356円

とてもオーソドックスでスタンダードなジャンプ傘です。 傘を開いた時の直径は約98c...
丸クロス
丸クロス

171円

丸い形が面白い不思議な感じのお掃除グッズです。丸い取っ手にマイクロファイバーのカバーが付いた...
オリジナル記念品可能な日本製マイ箸染め彫茶袋セット
オリジナル記念品可能な日本製マイ箸染め彫茶袋セット

254円

最近のエコブームは終わりましたが、だからだめではありません。今では常識になっている「もったい...

322円

定番のデジタル時計でコンパクト版。ロング商品であり卒業記念品などに人気。名入れ印刷スペースは...

538円

現在、記念品として一番ほしいアイテムです。やはり1人1台の大切なスマホになりました。消耗品ス...
温湿度付きスタンドクロック
温湿度付きスタンドクロック

430円

コンパクトな形状のスタンドクロックは実用的な部屋のインテリアとして景観に溶け込める存在です。...

106円

災害対策品としてもアウトドアとしてもまた、展示会などのイベント品としてもまたまた、文具品とし...

 
 

▲まだまだあるから見てネ

 

 

 

 

選ばれる理由

 



 


 

学校の記念品をかっこよくする方法とは

卒業記念品のシーズンの終了し、沢山の記念品を製作しましたが、どのような「コツ」が、とっても重要であるか?という点についてお伝えします。

まず、結論からすれば、企業のオリジナルグッズ製作の中身を真似ることが非常に良いと思うことです。けっこう単純な話になりますが、それでも綺麗に出来上がりますので、それが「価値が高い卒業記念品」としてなればと思いますので、ぜひ、ご参考にしてください。

 

ロゴデータを用意し、しっかりと「デザイン」すること

まずはみてもらうのが早いので、最近、製作した「周年記念品」をぜひ、ご覧ください。



まず、みてもらればわかりますが、「とってもいいですよね」という感想を持ちましたか・

それはどうして?という感想になった時に、プロの視点からしても、結果としては、綺麗に印刷ができて、バランスよくロゴマークが印刷しているからです。という感想になります。

商品は同じなのに、出来上がりがこんなにも違うとは驚きではないでしょうか?

これが、記念品をしっかりとかっこよくする方法のポイントとなります。

 

ロゴデザインをしっかりと決めてみる。あとは簡単です

デザインとっていても、プロが最初から創りあげるものではなく、既製品のロゴマークでいいのです。

その代表的な事例を紹介します。

こちらは、サウジアラビアの国旗を、印刷してみました。その事例です。


どうでしょうか。国旗は緑に白になりますが、本体の色の緑色を選択して試しに印刷してみました。

けっこう、それなりにオリジナル品としてみえるでしょ?

このように、ロゴデザインがしっかりとしていれば、後は使いまわしでもいいし、また、それほど悩む必要はありません。

学校であれば「校章」などがあり、王家の紋章ではないけど、けっこうカッコイイのでは?

こうしたロゴマークを綺麗に使うことが、記念品の価値を上げることにつながります。

 


 

2017年の卒業記念品を観察。ツイッターまとめ

2017年もそろそろ、卒業記念品シーズンが終了しました。当店としては、来年の傾向を見るため、2017年の卒業記念品の「嬉しい!」などの情報を集めて分析しています。そこで、どんな傾向があったのかをお伝えします。

 

デザインが一番重要だとわかる事例

卒業記念品に限らず、アイデア次第で、良くも悪くもなります。卒業記念品はプロの方などいるわけでもなく、行き当たりバッタリです。そんな中でも、プロでも驚くほどのセンスが良い記念品があるのは、とっても参考になるわけです。

これはみんなで共有したほうがいいわけであり、2018年の卒業記念品などにも参考になる事例であると思います。



 



一番最後の、マグカップはデザインが凄い。なんと通学路がプリントされているわけですよ。誰が考えたか知りませんが、凄い発想でありますよね。これは何かのプレミアム記念品としても良いかもしれない「デザインアイデア」として良いわけである。

その他の卒業記念品をみていると、これはプロレベルのでデザインであり、または、学生が見た感じで良い雰囲気のデザインであると言えるわけです。

デザインで悪い部分としては、単なる学校名だけを入れた場合には、最近では笑いの記号である「草」という文字で、少し侮蔑したような感じになるケースがあります。単純でいいのですが、それだと使う側の気持ちをマイナスにしてしまうケースがあります。この点は慎重にデザインをしたほうがいいわけです。



こんな感じで、素人が作りました感があっていいかもしれませんが、せっかく費用をかけて一生に1度しかない卒業記念品ですから、少しはデザインに時間をかけて対応してみるのも非常にいいわけです。

 

オリジナルは非常に珍しい件

今回、調査をして、やはり難しいのが完全オリジナル。当店でも、対応はしているのですが、あくまでも予算となると、できる範囲が限られます。うまく展開しないといけないわけです。そんな中、地元の川越の高校が、こんなオリジナルグッズを卒業記念品として展開しました。


これも完全なオリジナル品ではなく、少し費用をかけてオリジナル度上げた結果だと思いますが、それでも凄いですよね。こうした事を見てみると、ちょっとした努力が必要であると認識できます。

 

スマホ関連品などをメインとしてください

当店では何度も伝えているのですが、やはりスマホバッテリーがいいわけです。どうしても先生やPTA側からすれば、時計やタオルやボールペンやハンコがメインとなりますが、今は時代が違います。


現場では品切れになるのが「通常」となっており、仮に100個を100校が頼んだだけでも、合計1万個です。ですから、あっという間になくなります。これが現実なんです。

名入れ印刷スペースは小さいのですが、ほぼその後数年間はほぼ、毎日のように使いまくります。ですから、本当の費用対効果としてはずば抜けていると考えています。

 


 

学校関連はメールが苦手な件

2017年の卒業記念品製作も終わりました。

今年の卒業記念品製作の目標は「効率」を重視しました。生産性の向上と言えます。

これには理由があり、今の少子高齢化社会の中では、学校向けの卒業記念品では「仕事にならない」という状態だからです

すでに企業が存在しうる金額ではなく、維持すらもできないほど、利益がでなくなっています。

このため、当店では非常にコストカットをして、更には、見積もりも自動化して対応しました。この件についてお話します。

 

右から左にする

まず、徹底的に効率化を目指しました。理由は簡単で1件で儲かる金額が1万円だとすると、1万円以上の人件費コストをかけるのは無理だからです。このため、自動見積もり、メールでの問い合わせ、メールでの確認作業を徹底化しました。結果として、当店がお客様を選ぶ形での対応を、とことんつめて、たった1万円しか利益が出ない卒業記念品を、数を得ることで対応する体制へと変えました。

 

連絡はなるべくメールで

次は電話はなくしました。電話での対応は、こちらの都合で動けなくなります。また、他のお客様への迷惑になります。電話の時間、他の仕事ができなくなるからです。

メールのやり取りを1本化して、問い合わせ番号を返信する形にしました。これにより、実際の注文まで確実に無駄を省くこと成功して、何件か対応するのではなく、何十件に対応できる体制に変えました。総額が数千円の案件も、これで無駄な時間を使い対応しないので、効率化して、多くのお客様を展開できるようにしました。

 

オリジナル記念品製作も右から左に

ただし、どうしても限界があるのがオリジナルオーダーメイド対応です。これについても、メールのやり取りをメインとして、営業ベースの経験値をメインとして対応しました。結果として、低コスト低総額提案ができました

これはどういう事かといえば、もし、オーダーメイド対応で対応した場合、もっと総額の請求がお客様に行くのですが、あらゆる無駄を省き、その分、お客様に還元する形にしたわけです

この点は非常に評価されるべき部分であり、2018年の卒業記念品に大きな弾みを残しました。

 


 

2017年の卒業記念品の製作事例をいち早く

2月の上旬も過ぎて、そろそろ、もう卒業記念品も終わりになっています。

今回は事例としてご紹介し、来年の卒業記念品に参考になればと思います。感想もお伝えしますのでご参考に。


今回、卒業記念品で一番多い時計としては、こちらはタイプです。シンプルなデザインがメインとなりますので、名入れ印刷のタイプは校章とその他の学校名が基本となります。今回は卒園記念と卒業記念になります。

パターンとしては、第何回も入れるのが多いですね。

次は定番のマグカップになります。シンプルな感じで、いつも人気アイテムですが、当店の場合は1色の正面ワンポイントなので、どうしても限界がありますが、だけど、大量の同じデザインでの卒業記念品としては強いですね


他店と圧倒的に違うカテゴリー商品がこちら。タンブラーや水筒になります。

こちらは企業用のノベルティ品として展開しており、それを卒業記念品として展開しているため、他店では無理なクオリティと品質になっています。通常は企業が使うノベルティ品ですがから、それを卒業記念品として展開すれば「ワオ!」となります。


こちらは当店でもおすすめ品です。理由は明確で、やっぱり今の世代の記念品として一番喜ぶのが「スマホグッズ」であるのが自明です。ですから、特にスマホバッテリーなどは相性が抜群であるため、選ぶならこの一押しアイテムです。

最後のアイテム紹介となりますが、デジタル温度計です。

名入れ印刷スペースが限られているわけでありますので、あれもこれも追加した印刷はできません。シンプルこそが一番のおすすめです。単純なようですが、こうした名入れ印刷の事例を見ることで、訴求力を分析して、いかにうまく生徒へプレゼント品として展開するのかが重要でしょう。

 


 

記憶の記念に残るものを揃えることが大切

やっぱり大切な事は、タオルとかボールペンでは駄目なんですよね。

しっかりと記憶に残り、大切な思い出として「しっかりとした記念品」である必要があります。

しかし、多くは

・利便性や実用性がメインとしたい

・過去に使った時計を今年も使おう

と、なかなか現実的に「でもやっぱり大変だけからね」という理由で、進まないのが現状です。

こうした点から見る卒業記念品の役割と提案の仕方についてお伝えします。

 

記念とは記憶ですよね

記念品をもらう側からすれば、何でもいいわけですが、やっぱり記憶に長く残る商品がいいわけです。けっして予算から逆算して「これなら予算内だから」という点でもらったり・選んだりするわけではないのです。

本来なら主役は生徒や学生なんですが、多くのはそれがなく、PTAであったり学校の先生であったりするわけです。不思議ですよね。過保護という部分もありますよね。

日本の若い人が自主性が無いと言われる部分の多くの責任が、実は親や学校側にあるわけです。卒業記念品だけみてもわかるわけです。ですから、本来なら学校側が「来年からは生徒や学生自身が自分の思い出のため自分で選び対応すること」とすれば、社会の仕組みもwかるし、ゆとり教育ではない現実のビジネスを知ることができるわけです。

この作業自体が大変ですから、本当に「卒業記念品の思い出」となると思います。

 

担当者は本当に気に入っているの?

記念品選びでいつも思うことがあります。それは担当者が「面倒臭くしているか」「楽しく選んでいるか」が本当にわかります。先生も時間が無限にあるわけではないので、仕方が無い面もありますが、こうした気持ちが、卒業記念品の選び方で、「これはダメだよね」となる可能性が高いわけです。

前に書きましたが、もし先生がもらうのであれば、張り切って選ぶのですが、自分はあくまでも仕事でありますので、どうしても受身になるわけです。こうした時にアドバイスとしては、「先生が一番好きな記念品を選ぶ」というとんでもない事が意外と正解であると流れがあります。

成功している卒業記念品のパターンは、先生もほしい!ので数個自分達用に追加する といのが多いですよ。こうした成功のパターンに入ると、保護者もほしい!とか、わけわからなくなります。でも、こうしたシーンでいいですよね。

 

やっぱり記念品ストアーの責任も

さて、最後になりますが、一番の責任は実は当店なんです。

任せて安心とか言って、何の安心も無いわけですよね。

ですから、本来なら本当にお任せできるようにページ内をしっかりと作りこむとか、提案型にするとかしないといけないのです。この作業をしっかりとすることが大切だと思います。

また、当店も営利企業ですから、ボランティアでは販売が出来ないので、しっかりと、どこで利益を出し、どこまでサービスを提供できるのかを、しっかりとお伝えすることが大切だと思っています。

ともかく、日々前進しかありません。