記念品ストアー

履歴 TOPへ

タッチペン関連

タッチペン、スマホ手袋などのタッチパネルアイテムです。名入れがしやすいので便利なモバイル記念品としてお勧めです 最終更新日:

 

タッチペンのオリジナル記念品

 

※画像をクリックすると詳細を表示します。
 

3色ボールペン+タッチペン
3色ボールペン+タッチペン

107円

デジタル端末もアナログメモやサインにもこれ1本でOK!ボールペン+タッチペンがこれからのスタ...

41円

持ち手の部分が使い易いスタイリッシュなデザインのタッチペンです。サイズは直径8mm、長さ12...

171円

ボールペンに複数の機能を備えたマルチツールタイプのボールペンです。 機能としては一...
タッチペンときどきボールペン
タッチペンときどきボールペン

52円

100円以下の商品ですが、見た目と品質と機能からすれば、100円以上の価値があるため、オスス...

99円

簡単なスマホグッズや文具品をプラスしたいならこれ。 非常に細いボールペンのデザインが好...

146円

ボールペン・タッチペンに加えてLEDライトまでついた贅沢なアイテム!ぜひ見に付けておきたいで...
ユニークスピーカー
ユニークスピーカー

1,059円

 スマートフォングッズと言えばケースや充電器が主流になってきてほとんどの人が持っている状態に...

119円

4つの機能を備えたマルチツールのボールペン。 ・タッチペン ・ボールペン ...

214円

お得なスマホグッズ。 スマートフォンはもちろん、 タブレットや Padなどでも使用...
レディース スマホ手袋
レディース スマホ手袋

322円

毛の長いファーが付いたスマホ手袋です。女性向けで企画されたスマホ手袋ですが価格相応でちょっと...
やわらかスマホスタンド
やわらかスマホスタンド

206円

柔らかいビーズクッションのようなスマホ-トフォンのスタンドです。スマホ以外でも小物を入れるこ...
ラインスマホ手袋
ラインスマホ手袋

182円

ボーダーライン柄のスマホ手袋です。模様が少し派手なのでロゴプリントをするといった考えよりはそ...
カモフラグレー・スマホ手袋
カモフラグレー・スマホ手袋

189円

同じようなカモフラ柄のシリーズでブルーとオレンジのセットタイプもありますので合わせてご検討く...

538円

スマホ充電器を記念品として配りたい。そんな気持ちにこたえて対応したのがこちらのチッコイタイプ...

58円

普段から使用する3色のボールペンにスマホやタブレット操作に便利なタッチペンが付いた、身に付け...

85円

ポケモンGOが世界中でブームを起こすほどのムーブメントとなっていますが、その背景にあるのはス...

47円

スタイリッシュなデザインのボールペンにタッチペン機能を備えたビジネスシーンで活躍するアイテム...
手になじむ形状のタッチペン
手になじむ形状のタッチペン

64円

少し太目のペン軸で形状も流線形で太い部分と細い部分があり手にフィットする形のボールペンです。...
使えるキッチンドッグ
使えるキッチンドッグ

258円

可愛いキッチングッズと便利アイテムならこちら。 キッチンタイマーなど、あると便利な機能です...
レディースフィット手袋
レディースフィット手袋

322円

スリムタイプなので薄手の手袋のようなイメージがありますが、しっかりとした生地なのでとても暖か...
スタンドにもなるタッチペン
スタンドにもなるタッチペン

48円

タッチペンは道具としては便利ですが、如何せん代用手段(要は手の指での操作)が存在すると普段携...
シェブロン柄スマホ手袋
シェブロン柄スマホ手袋

214円

手の甲部分にシェブロン柄を取り入れたファッショナブルなスマホ手袋。袖の部分を折ったり伸ばした...
カモフラ2色・スマホ手袋
カモフラ2色・スマホ手袋

200円

メランジというマーブル模様の糸を使用してカモフラ柄に仕立て上げたスマホ手袋です。今年の流行と...

 

 

 

 

選ばれる理由

 



 


 

スマホがメインのグッズは常に変わる【コラム】

タッチペンは今でも売れ筋品ですが、大きく性質を変化したと思います。それは特別ではない という点です。

今ではコンビニでもタッチペンは100円から販売しているわけであります。その意味では記念品ストアーで、わざわざタッチペンというカテゴリーがあること自体、少し変であるといえるのです。

 

タッチペン自体をメインにしたきっかけは、やはりスマホの登場によるスマホゲームのブームでした。このため、これにまつわる名入れ印刷可能な記念品が必要になり、そのため、ボールペンとの違いや、その他、わかりやすく・みやすくするために対応していたのですが、珍しい貴重品から、どこにでもある定番品になってからは、あまりその良さをPRしても意味がないのです。

 

こうした事からタッチペンは、これからの流れとしては、あくまでも「文房具品の中のひとつ」や「スマオ関連品の中のひとつ」というカテゴリーで、単独での価値は非常に小さくなっていると判断しています。

 

当店としては、スマホ関連の商品で、まず最初に使い、失敗しないスマホグッズとして提案する機会として、このカテゴリーを残しておこうと思います。

 


 

小さく細い部分の名入れ印刷とは

qa1

 

できる部分とできない部分の差について

 


 

スマホグッズの中で、タッチペンのタイプはすでに一般化しています。更にいえば、単にタッチペンを購入する企業は少なく、今ではオリジナルの記念品製作がメインとなっています。

そこで今回は、名入れ印刷についての「コツ」などのアドバイスを中心にお伝えします。

 

まずは下の画像をご覧ください。こちらは名入れ印刷をした商品サンプル画像をとなります。

 

dscn5055 dscn5057

dscn8573 dscn8576

dscn8606 dscn8608

dscn8614 dscn8615

 

こちらの特徴は、タッチペンの名入れ印刷とつながりがあり、小さいスペースに小さく印刷したものの商品になります。

タッチペンは例外なく小さい商品であり、小さいが故に、名入れ印刷範囲は少ししかありません。ですから、こうした商品でオリジナルの印刷をする場合などは、非常に参考になるわけです。

 

まず、ハッキリといえば、あれこれと内容を入れることができません

当たり前のことなんですが、意外にも半分の方がわかっていません。これだけ説明し、印刷サンプル画像を見ても、自分の入れたい内容ができるかどうかかが判断できません。

ですから、しっかりとできないことをしっかりと認識する ということが大切なのです。

 

次は小さい名入れ範囲で、一番の悩みは高さ制限です。多くの場合は丸型なので、平印刷の場合、丸く印刷をしません。こんため、高さ制限があるわけです。この高さを意識して、長さでカバーするのがコツといえます。

 

次は、ロゴマークは極力シンプルにしましょう!という点です。ロゴマークが入れないことはないのですが、細かいと無理なのですが、これがなかなかわからない点なのです。この点もサンプル印刷画像を見て、どんな感じに仕上がるのかを、しっかりと認識してほしいです。

 

最後には、とっても簡単です。サンプル印刷画像と同じデザインを真似ようという点です。

これはシンプルな考え方なのですが、意外と綺麗に素晴らしい形でできるのが多いです。オリジナルの記念品を製作する場合、こうしたコツはけっこう大切です。

 


 

スマホ関連は充電器のほうへ

takumi2

タッチペンは現在人気は定番化しています

 


 

現状、スマホ関連やデジタルIT関連品として、人気があったタッチペン関連ですが、すでに目新しさがなく、一般化し、特別な商品ではなくなっています。特にタッチペンについては、カテゴリーとして記念品ストアーではありますが、一部の人気品以外は全く動かない状態です。

 

キャンペーンやイベントなどでは、IT関連のイベントでは、まずタッチペンなどが使われるのですが、2度・3度と対応しているのは珍しく、1回1度使用するとあまり使われない傾向が最近めだっています。そのため、1社1回1キャンペーンで終わるケースがあり、不人気の商品になりやすい部分があります。

最近のタッチペンは種類も多く、機能も多岐になるので、毎年、品質は向上しているため、非常にお買い得感がありますが、なかなか推進できるほどのタッチペン自体の魅力が少なくなっている感じです。

 

しかし、文具品としてのタッチペンとしてみれば、これからの時期では卒業記念品にもなるし、春には入学・入社シーズンですので、ITグッズというよりも、文具品としての価値が高まっていると思います。

現状、タッチペンだけの単独機能よりも、水平器などのレアな使い方もありますが、やはり、ボールペン兼用が多くあり、その点がボールペンを購入するついでに、タッチペン機能もプラスされているという部分がありますね

 

こんな感じで、実際には、文具品としての側面として、タッチペンをとらえて記念品として対応したのが一番よいと判断しています。

 


 

スマホを使う人が多くなった現実で、評価が高い記念品とは

記念品名入れのおすすめは?

 

こんなに簡単なスマホグッズ


 ハッキリといえば、記念品の定番のボールペンとまったく変わらないオリジナル製作です。

ですから、簡単なんですよ。

でも、初めての方は、どんな風に、最終的に仕上がるのかわかりません。そこで、今回は出来上がりのオリジナルタッチペンをご紹介します。

 

すでにスマホを持っている人は多くなっており、スマホ自体がそれほど珍しくなくなりました。最近ではアップルのiphone6が出て、比較的にスマホユーザーが増えたのは、こうした経緯もあり、ガラゲーしかない人はほぼ高齢者のみとなっています。一部の高齢者でもビジネスマンなどは、すぐにスマホユーザーになっているわけであり、結果としては、これからスマオグッズが無くなるというのは無いでしょう。

こうした流れがあり、記念品の中でもスマホグッズは注目です。ですから、どのような商品が一番のおすすめであるのか?という質問も多くあるのですが、今の時期ならスマホ手袋などをおすすめするのですが、まだまだ一般的ではなく、生活雑貨品としての価値の方が高いと判断しています。このため、名入れサンプル画像のように、タッチペンなどが人気になります。これは色々と理由があり、(1)そもそも単価が安い。(2)ボールペンのイメージとしてわかりやすい。(3)多くの人に渡すため、単価が安く選ばれやすい などあります。

こうした経緯から、スマホグッズの中ではトップがタッチペンです。1度も使用したことが無い人は、何がそんなに価値があるのかわかりません。事実としては、指で押せば済むからですし、意味がないと判断してます。これについては、指で押す程度のものではなく、ゲームなどの何百回・何千回もタッチする人などは、実際の問題として、ある程度はペン型を使用したほうがいいのです。ですから、自然とこうしたグッズが必要になります。

最終的には、商品にも付加価値がありまして、

・タッチペン+ボールペン

・タッチペン+ライト

・タッチペン(ボールペンを無くすタイプ)

など、付加価値作りに対応しています。ですうから、単なるタッチペンなのですが、それなりに高い評価を得ている場合もあり、全く使い物にならないというレベルではないのです。法人側としては、すでにボールペンなどのイメージでオリジナルグッズを制作しているので、比較的に抵抗感がありません。でうすから、スマホグッズとして価値を上げる場合などは、こうした手法でオリジナルグッズ制作を記念品の中に組み入れる場合が多くなっています。

 


 

オリジナル記念品として展開できるもの・出来ないもの

kodawari1

 

出来ない事を出来るようにしますよ


 スマホ向けのグッズとして、最近では定番化した「スマホ手袋」。

オリジナルは非常に難しいのです。ですから、既製品で対応するしかないのですが、当店では、何とか対応しています。

数こそ少ないのですが、他店では出来ないので、この場でサンプル画像などを公開してみます。ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

最近の猛暑から、いっきに冷夏へと進み、そろそろ秋商材も寒くなっているので本格的になり始めている感じ。

こうした状況から、意外感かもしれませんが、そろそろ冬の年末年始の企画を計画しなければいけない感じがあります。

そこで、毎年、キーラーアイテムながら、一部ではファンとしてオリジナル記念品として高い評価があるスマホ手袋。

この件について書きます。

 

10件中1件しか決まらない理由について

スマホ手袋は見た目は単純なのですが、製作となると非常に大変な商品です。

名入れ印刷が大変であるというよりも、名入れ印刷そのものが、もとともと合わない素材感であるのが、大きな理由です。

このため、企画段階から実際のオリジナル記念品の納品まで見てみると、10件中1件程度しか決まらないのです。

 

 

名入れ印刷が難しいこと

どうして難しいのかは、下記の素材感を見てもらえればわかると思います。

素材が温かくするとめに、ふわふわ・ボアホアしているのです。当たり前ですが、名入れ印刷用にスマホ手袋があるわけではないので、こうした素材感になります。結果として、名入れ印刷をしても、何が印刷されているのかわからないのが現状です。

 

P1570781P1570783

06 07

 

 

出来あるもの・出来ないものの差について

では、全てのスマホ手袋が出来ないかといえば、そうではなく、下記の画像をご覧下さい。

P1470684 P1470688

P1570777 P1570779

素材感は、少しましになっているので、こうした商品には「ギリギリ」で出来るわけです。

ですから、こうした事例を積み上げていくしかなく、オーダーメイド感覚になってしまう製作工程となります。

基本は仕方が無い件なのですが、こうした事例を沢山持っているところが少なく、結果としては、当店に多くの依頼があるのは、こうした理由からです。

 


 

オリジナルタッチペンは見やすく・分かりやすく

banner2

 

記念品なので相手の見易さをメインに


 記念品の製作において、とっても大切な点は「自己満足」ではだめな点です。

どうしても「これを印刷しなければいけない」となりますが、実際に出来上がったオリジナルタッチペンをみると、非常に不細工な感じがあります。もらう側は、思っている以上に「どうでもいい」のであります

普段、展示会などで頂く商品で、無料でもらうボールペンに全くこだわりが無いのと同じです。

ですから、デザインはあくまでもシンプルできましょう

 

では、実際にどんなデザインがいいのかは、他社のもを見ると、非常に参考になります。そこで、今回は製作した名入れ印刷サンプルを公開してみます。1度1回でも見ると、「なるほど」となります。ぜひ、みて予習してください。

DSCN1976 DSCN1978

DSCN5252 DSCN5254

DSCN5366 DSCN5369

DSCN9802 DSCN9804

 

こんな感じで、限られたスペースですので、どうしても「シンプル」になるのがわかります。

頭が少し暗い人などは、「電話番号を入れて・アドレス入れて・会社名入れて・・・」となります。入れるのはいいけど、全くわからないですよね。どうしても最初は、こうした傾向がありますが、実物の写真などをみて、それが無理であると理解すれば、いいだけなんですよね。

 


 

スマホ手袋と記念品の一押しについて

2015年ではスマホ手袋ブームは去りました。

どちらかといえば当たり前の商品であり、スマホがガラゲーを抜いてほぼ半分以上が必ず持つタイプへと進みました。

2012年当時の内容なのでご理解のうえお読み下さい。

 

スマホ手袋と記念品の一押し1

この冬の一押し商品が、スマートフォン時代に対応したこちらのスマホ手袋です。今年はブレークするのは間違いなしです。

寒い冬になると、やはり通常の手袋は売れるのですが、すでに手袋は誰でも買えて、誰でも持っているため、それほど新しいものではありません。
このため、新しいコンセプトの手袋が重要になりますが、この新しいタイプがスマホ手袋になります。

スマートフォンを使うためには、手袋をしていると使えません。これは指の電気がタッチパネルに届かないためです。
これを可能にした人を手袋に縫い合わせる事で可能にしたのが、スマホ手袋で、スマホ時代にはピッタリの記念品となっています。

 

 

スマホ手袋と記念品の一押し2

スマートフォン時代の一押し商品と述べましたが、これは特に若い世代にはピッタリのアイテムであり、IT業界では注目品となります。

特に、これから3キャリアと言われる、ドコモ・AU・ソフトバンクなどは、こうした新しい流れに対応した商品を展開し、シェアを確保したり、ブランドイメージを向上させたりしなければいけない立場になります。

そこで、この2012年の冬を契機に、スマホグッズの新しい流れである手袋を活用して、オリジナルグッズや、来場用記念品として展開するようにしているのです。

こうした流れから、当店ではスマホ専用のページなどを増やして、対策している状態です。

 

 

スマホ手袋と記念品の一押し3

スマホ手袋は、季節の商品なので非常に在庫の管理が難しい商品となっています。つまり、在庫が完売する可能性があることです。

これは商品を生産する際に、計画生産で対応し、売れる数量しか生産しません。
このため商品を在庫し販売するだけです。売れ残りをきにするため、大型生産はありません。在庫限りや、完売情報が突然くるのはこのためです。

さらに、追加の生産をするにしても、海外生産輸入なので、生産から納品までに60日かかります。今11月の上旬とすると、来年の1月に納品となるため、これでは対策できなのが現状です。

こうなると、今の在庫と追加の輸入の状況の2通りしかなく、在庫管理のノウハウが、そのままスマホ手袋のノウハウとなっています。
いつでも買えるアイテムではないわけです。

 

 

スマホ手袋と記念品の一押し4

スマホ手袋の流れから、提案するば、新しい商品であり、スマートフォン関連だから決まるであろうと思われますが、実際は10%しか決まりません。

これは、やはり所詮は手袋で、手袋自体の魅力がなければ意味がないわけです。選ぶ側からすると、あまり使った事がない手袋について、不安なり不信があります。
このため、いくらスマートフォン時代の冬グッズとして展開して、魅力がある潜在的な商品であっても、使うのをためらうのが一般的です。
つまり、あこが使っているから、自分の所も使うというよな感覚で捉えるので、使った事がないのが一番決まらない原因となっています。

 

 

スマホ手袋と記念品の一押し5

スマホ手袋は所詮は手袋なので、実際に使ってもらう時期は、メインが12月になります。さすがに12月になると、手袋をしてる人が増えてきます。

こうなると、スマートフォンを使っている人で、手袋をしたら、急に使えなくなるという現象があちこちで生まれてきますので、ここでブレイクする可能性があります。
つまり、法人ベースではイベントなので使うため、10月くらいが山場ですが、実際に稼動するのは、12月・1月なので、ここで話題になります。

このため、12月の話題作り・1月の話題作りに備えて、スマホ手袋を記念品として使うような企画やイベントを組んでおく事が必要になるわけです。

 

 

スマホ手袋と記念品の一押し6

スマホ手袋ですが、当店の特徴でもあるスマホ手袋のオリジナルグッズ制作が可能になっています。つまり、シルク印刷の名入れとなります。

2つのパターンに分かれます。
1つは既製品に名入れをワンポイントするやり方で、これは短納期で対応可能です。ワンポイントなので迫力はありませんが、オリジナル度は高いため、オリジナルグッズとして展開可能です。

もうひとつが、完全オーダーメイドです。ただし、こちらは最低30日以上かかりますので、納期が急なタイプは一切できません。このため、計画的にスマホ手袋のオリジナル名前入れ作業の工程を計画して、対策できるプロ向けになります。

 

スマホ手袋と記念品の一押し7

このような季節商材のため、在庫管理と情報は常に大変です。基本はリアルタイムにしていますが、在庫の変動が激しく常にお問い合わせ下さい。

11月になると、あちこちで使うイベントマンが増えてきます。あちこちで決まります。そうなると、1件が200個使用でも、200×100社で2万個のオーダー数がなくなります。これが1日分だと過程すると、30日で60万個となり、在庫数を大幅に超えてしまいます。

これがスマホ手袋の一番のネックであり、一番のノウハウとなります。常に在庫は危険な状態であることと、在庫が減るのは気温が下がり、手袋をする直前が一番減りやすいです。