記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 手書きデータの使用につきまして

 

手書きデータの使用につきまして


手書きのデータでもロゴを製作をすることができます。

 

このデータ起こし作業は、あくまでも無料でのサービスとなっておりますので、何度も修正や変更をされたり、困難なものですと追加料金をいただいたり、お断りすることがありますのでご了承ください。

 

過去の手書き、もしくは印刷物などから作成したデータを紹介します。

 

 

 

 データ作成の注意事項 

 

 

【デザインする色について】

  • 黒色1色で作成してください。
  • 周りについた汚れも出てしまいます。
  • 紙の色も汚れとして出てしまうことがあるので、わら半紙や再生紙、凹凸のある紙等は使用しないでください。

 

 

【デザインの大きさについて】

  • 10cm×10cmほどのプリント範囲の場合
    できるだけB5サイズいっぱいくらいの大きさに書いてください。

 

 

【データの送付につきまして】

  • スキャナーで撮った画像をいただけるのが一番適しています。
  • コピーを取ったものを郵送で送っていただいてもOKです。
  • 写メの場合は奥行き斜めになったりしないように真上から撮影して、できるだけ大きな画像データで送ってください。
  • スマホでの撮影とメール送信では画像が小さく加工されて送られてしまいますので、できるだけパソコンで送ってください。
  • もしくは「データ便 https://www.datadeliver.net/」「GigaFile便 https://gigafile.nu/」等の活用をおすすめします。
  • データはこちらからデータやご入金などのご案内で送りましたメールに返信の形で送信をお願いします。

 

【イラストを元にした加工について】

  • イラスト+文字ということで文字部分はこちらで入れ込むことができますので
    その際にはご指示をお願いします。

 

 

 

 

 実際の作成例 

 

 

左が元データ(写メ)で右が作成データです。

 

■手書きイラストを使用した例

 

わら半紙のような紙で汚れがありますが、それが味のあるイメージを出しているので、粒粒した点もそのまま使用しました。

 

背景がグレーですが白黒のメリハリの強いイラストだったのでうまく抽出することができました。

 

ペンのカスレが出ていますが、背景が真っ白なので綺麗にデータを取ることができました。

 

 

■筆で描いた文字をロゴにした例

 

筆文字は黒色のメリハリがつきやすいのと、イラストのような小さな線の変動が少ないので結構きれいにデータ可できます。

 

 

 

■印刷物などを使用した例

 

提供データは色のついた封筒と、その他いろいろな印刷物のご提供でなんとかデータが作成できました。

 

布地にプリントされたものの写メですが、文字はこちらで打ち込みました。
イラストは若干ガタガタしていますが、それもアジとして使用しました。

 

印刷物と手書きの混ざった写メです。
背景が比較的きれいなのでイラストの抽出ができました。
文字はこちらで際入れ込み加工をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

無料サービスの経緯につきまして

こちらのサービスは「デザイナーの作業はすごく大変だけど、手書きのイラストが記念品になったら、すごく嬉しいよね」という前担当で急逝しました角田の意見の下で無料にて対応させていただいております。

 

 

 

2020年10月21日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間