記念品ストアー

履歴 TOPへ

記念品ニュース

記念品に関する最新情報をお届け。最新の新商品や祝日での記念日イベントなどお伝え。トレンドや記念品選びの参考に。観光・お土産・開業・来場者数なども。最近は訪日関連も充実させていきます。 最終更新日:

・昭和時代からの創業・創立で周年記念が成り立つ
記念品ストアーでは沢山の周年記念品の仕事が成立します。 もちろん、他店でも同じように周年記念品の製作をしていると思いますが、当店の場合は他店と比較して、大きな広告予算があるわけではなく、大手の企業名ブランドがあるわけでもありません。 ですから、当店を選び、またお仕事を依頼していただく形を取るといのは、本当にありがたい気持ちである以上に、当店も周年記念品を製作しているという点をもっと「自...
・学校関連の記念品は卒業記念品だけに絞らない
記念品ストアーでは、2016年から卒業記念品専門サイトを閉鎖しました。統合して記念品ストアーのカテゴリーに統一しました。基本的な理由としては、もう、卒業記念品だけで売り上げをあげるビジネスモデルに限界を感じたからです。 少子高齢化の影響で、学校向けの卒業記念品対策は、特に小学校で壊滅的でありました。 1クラス20名前後で、しかも学級が3組しかない場合、最大でも60名です。この60名に6...
・日本製にこだわる必要性はない。日本がイメージできればOK
訪日客をメインとしたインバウンドグッズ。 どうしても日本製にこだわりがありますが、これだけだと「ネタ」がつきます。 また、多くの日本製の商品はしょぼいです。 じゃ!どうすればいいのか!が本題です。     日本をイメージさせるのがメインでよい 海外の人が日本をイメージさせる代表が富士山です。 富士山グッズでいいわけであります。ちょ...
・周年祝いでの印刷のデザイン。気にする点と気にしない点
周年記念品グッズを、多くの企業様から依頼を受けて製作していますが、やっぱり、適切なアドバイスができればいいなぁと経験からいつも思います。その中で、やはりデザインについて、こだわりがある部分と、こだわりが必要ではない部分があり、その点についてお伝えします。   気にしてはいけない点 まず、先に結論からいえば、所詮、無料でプレゼントするので、気にすることは必要ない点です。 こ...
・干支グッズが本格的に販売されています
干支グッズですが、けっこう本気度抜群で、あちこちのメーカーから販売されています。 けっこう大変な事であり、本来であれば、今、提案している6倍以上は本来、今の時期に提案しておかなけえればいけないようなペースであります。 しかし、単に流行品を追うのであれば、都度ごとの流れになってしまう可能性があり、今回は、売れるからといって、ただ、それだけに集中しては、結局のところ、今までとおりの売り上げ...
・ゲーム会社のお守りなどを、どのように思うか
当店では完全なリアルなお守りであり、ゲーム会社がノベルティとして扱うお守りではありません。 こうした流れから、勘違いされて、「お守り=グッズ品」として問い合わせて製作する場合があります。 こうした中、当店のは神社で実際に使っているものですので、あまり「不適切」な使い方などがあれば、非常に困る場合があります。ですから、今回はこうした件についてお話します。   しっかりと...
・配布用のボールペンとしての価値について
記念品ストアーでの文具の位置づけや、今回のコーナーであるスマホタッチペン。 基本として、今では文具の中のひとつとして展開しているのがメインであります。   スマホユーザーは今では「当たり前」になっており、いまさら「プレミアム感」があるものはありません。結果として、特別感があるわけでもなく、通常のノベルティや販促品と全く代わりがありません。 そこで、どうして...
・固い法人のお客様が防災グッズを選ぶ傾向
本来、防災グッズは災害用であり、記念品には向きません。 しかし、もともと防災グッズを景品として使うことになったのは、家電量販店や車販売ディーラーが、来場用記念品として使い始めたのか、きっかけとなり、非常に人気の商品となってしまった経緯があります。 「まさか防災グッズを配布して喜ぶなんて」 と思ったでしょう。   防災関連品は、災害対策として使うのみで...
・法人向けのオリジナルタンブラーに特化した結果
多くのEC店舗では、自社の強みと弱みが意外とわからない点があると思います。 当店では、こうした経験から、「記念品ストアーの強みとは何か?」という点を真剣に検討しました。 その結果としては「法人に強い」という点を強調し、また、それに対応したサービス内容や業務を伸ばすことをメインとしております。その中で、オリジナルタンブラーなら記念品ストアーというブランドが重要になります。 ...
・周年記念品でのし紙を選択する理由とは
当店は販促品やノベルティがメインとなるため、周年記念品については、名入れ印刷をして展開する法人のお客様が多いです。また、もともと、それが当店の特徴であり、おすすめのサービスでもありますので、結果として、この名入れ印刷サービスを活用してもらいたいです。   しかし、オリジナルの周年記念品製作は、どうしても数量が数百個からでないと、コストが全くあいません。結果として、数が...
・オリジナルマグカップ製作についてのコスト
当店はメインは記念品販売ですが、法人向けノベルティや販促品が本来の仕事となります。 結果として、記念品カテゴリーの中にマグカップがありますが、勘違いされている部分があります。 それがマグカップの個人向けの製作となっております。   楽天市場などでは、マグカップの製作となると、「卒園記念品」がメインとなっているのがわかります。 1人1個ではなくても、フ...
・オリジナルバッグについての流れと予算について
昔はオリジナルバッグの製作を沢山依頼を受けていましたが、現状、基本としてありません。 理由としては2つあります。 ・多くの他業者・専門業者が、オリジナルバッグを製作しているし、ECサイトがある ・エコグッズとしてのバッグが注目があったが、今ではいきわたっている となっております。   単なる価格競争になる可能性があり、それなら、無理して対応する...
・オリジナルの記念品は基本無理な件
記念品ストアーでは、企業向けの記念品製作を主力としています。 結果として、個人通販業務ではなく、法人向け営業なので、もともと、個人通販とは大きな壁があります。 それは「数量」です。 個人が1個購入するのは当たり前ですが、個人が数百個を同じ商品を購入することは、ほぼ無いでしょう。 結果として、このカテゴリーである、幼稚園・保育園向けの「入園・卒園記念品」は、結果的に需...
・お守りをどうして販売できるのか?その答えとは!
今、お守り記念品は、一番忙しくなっております。 10月に製作して11月納品がメインで、12月はイベント期間やキャンペーン期間となっているからです。 こうした中、毎年、どうして当店だけが展開できるのか? 毎年、この時期の工場現場についてお伝えします。   ビジネススキルが全く欠落している現場 身も蓋も無い話になりますが、今も相当怒っているわけでありま...
・タンブラーの実例実績では他を圧倒している件
水筒やタンブラーのオリジナル製作。 オリジナルと言っても、完全なオーダーメイドではなく、本体に1色名入れ印刷対応をしたものとなります。 ある意味では、どこでもできる事なんですが、それを何度も・何度も繰り返し対応し、様々な名入れ印刷を対応しているのは、非常に少ないと判断しております。 結果として、数も期間も非常にレベルが高く、評価が自然と高まりました。 今回はこの件も...
・学校関連の仕事はビジネスマンではない件
卒業記念品を受けていると、当然のごとく学校との取引が出てきています。 その中で担当者が先生であることが多く、困り事も多々あり大変な部分があります。これが民間企業であれば、会社の責任問題にもなりますので、困った部分となっております。悪意はゼロなのですが、善意でしている部分もあり、対処の仕方がわからないレベルとなっております。今回はこの件についてお伝えします。   &nbs...
・もうすぐ10月になるのにオリジナル提案ができていない点
通常の業務が忙しく、9月末になる今。 もう10月となれば、秋は当然としても、冬イメージがあります。今年は残暑もほぼゼロであり、気温はまだまだ熱中症のような危険性があり、寒くなるという感じがありませんが、それでもあっという間に10月も過ぎ去るでしょう。 ですから、新規のブランケット関連も記念品ストアー向けに、しっかりと対策しなければいけないと判断しております。   ...
・2017年の干支グッズはすでにスタート
来年は2018年の干支グッズとなりますが、すでに9月末で数件の注文が来ております。 とっても意外であり、なおかつ、凄い件だと認識しております。 ただし、冷静に考えると、12月末まで60日間しかないわけであり、イベントやキャンペーンを展開する流れなら、すでに30日間程度しか余裕がないのがわかります。   干支グッズは、すでに多くの店舗で展開されており、当店が特別な地...
・100円以下の商品選ぶ傾向が強くなっている件
送別会の景品を探している方。 昔はセット品を選ぶ傾向があり、その中での当店の立ち位置でありました。 ですが、この数年は、細かく設定し、自分で購入して対応するタイプが多くなっております。こうした中、2017年度では、更にこの傾向が強くなる事があり、その中でも、数多く配布したい場合には、予算制限があるため、流れとしては、100円以下の商品を選ぶ傾向があります。 今回はこの件についてお...
・過去の製作したサンプルが、お客様を呼んで来る
最近の傾向として、良い流れあるのでご説明します。 結論からいえば、お客様がお客様を呼び込んでくるという流れです。コレは本当に嬉しいことです。 ですから、これも当店が努力し公開しているからであるからこそであり、大口以外にも、ほぼ薄利で運用・対応しているからこそ、数多くの実例サンプルが多くあると思います。 今回はこの件についてお伝えします。     ...
・神社からの依頼が急増。本家からの依頼
当店の御守り製作は、基本として、神社向けではなく、あくまでも「企業向け」であります。 この企業向けとは、年末年始でのイベントやキャンペーンで使う際に、神社で使っている御守りを、実際に使おうとしても、どこで購入すればわからないのが現実です。 こうした悩みがあるわけであり、その深い悩みを解決するため、当店がお守りを販売することで、少しでもお役に立てればと思い、対応したのがきっかです。 ...
・水筒やタンブラーの名店へ
非常に調子がよいです。 あちこちの企業様からご注文を受けますし、また、その多くが小口ではなく大口が非常に多い。 当店としては、こうした部分は「自慢」であるが故に、しっかりと「名店」としての立場を出していきたいと思います。 では、どうして名店として評価されているのかをお伝えします。     断らないオリジナルオーダーメイドの強さ どんな水筒のオリ...
・学校の周年記念品依頼が沢山来ている件
現在、卒業記念品関連で、学校から依頼が来ているのは、メインとして学校やPTAとなっておりますが、本当にメインは「周年記念」「創立記念」の学校の案件が多くなっております。 学校関連というと、クラブ活動や同窓会などもありますが、当店としての伸びが高いのが50周年・60周年など、昭和時代から数えれば、本当に学校が作られた時期からの祝い事の製作依頼が多くなっております。 今回は卒業記念ではない...
・ブランケットを提案できるまでに力をつかなければいけない件
記念品ストアーでは、秋・冬向けとして、ブランケットコーナーを開設しています。 今までの考え方では、秋・冬に使うからブランケットコーナーがあるのが自然と思っていました。ですから単に商品を並べただけの、つまらない見せ方・伝え方がメインとなっております。 競合他社も同類であり、特集コーナーを開設しているのですが、それは結果的に単なる商品の陳列だけになっております。   ...
・同じロゴマークなら、次回の版代は0円です
1度、当店へ周年記念品を依頼した場合、再度、2度目のご注文をする場合、けっこう当たり前ですが、うまく対応すれば、予算をカットできる機会になっております。 今回はこの件についてお伝えします。   値引き交渉をするように努力してください 「値引きしましょう交渉」を記念品ストアー側からおすすめするのは、どうかと思いますが、この件については、ぜひ行ってください。理由については、 ...
・プチギフトも結婚式向けからオリジナル品対応へ
当店の記念品ストアーにおいて、長年、プチギフトコーナーは結婚式向け対策として運用してきました。 これ自体は、早く対応した「個人向け」対策として、非常に高いレベルでの販売実績が獲得されました。 しかし、今ではこのタイプについては、どこでも「個人向け風」の対応をしており、当店がスタートした「1個販売」形式をメインとした対応をしております。 このため、何度かお伝えしていますが、今では当...
・北朝鮮問題で、防災意識が危険意識へと変化
北朝鮮の核弾頭のICBM。大陸間弾道ミサイルのため、冗談でも被害が出れば、戦争になるのは自明です。 現在、北朝鮮外交は、いつも通り「嘘の内容」を宣伝しているのですが、完全な「宣戦布告」状態であり、これがまともな国家なら、大変な事態になっております。 結果として、チャウシェスク政権のように崩壊し、民衆から敵視されている今の政権内部から崩壊します。 しかし、その過程で核弾頭の...
・スマートフォンのトレンドをしっかりと見極めましょう
一部の高齢者や、一部の経営者では、今のスマートフォンの重要性について、なかなか理解できていないと思います。 実際、昨日はアップルが最新の「iphonex」を発表し、1台11万円くらいの価格になると伝えております。 これについては「高いなぁ」と思う人が圧倒的に多いのですが、実際の問題、こうした意見もあります。 https://twitter.com/_Jiro70/stat...
・文具の傾向は、やっぱり100円以下の大量品へ
当店の記念品ストアー事例になりますけど、やっぱり狙い目は「100円以下の商品数」と「100円以下の種類の多さ」につながります。また、例えば、ボールペンが100種類あるから沢山商品があるというわけではありませんので、結果として、沢山の種類の100円以下の商品が必要になります。 今回は文具について、この傾向がどうして必要なのか!企業ベースでのノウハウや方向についてお伝えします。  ...
・学校の先生がしっかりとしていればOK。卒業記念品のあるある
卒業記念品のシーズンが到来しました。 こうしたシーズンでは、どうしても質問も多く、結果としてトラブルも多くなります。特に学校側からすれば、あまりビジネスマナーやビジネスノウハウを経験がない先生や教師が多いので、トラブルが増加します。 「学校の先生がしっかりとしていれば、けっこうスムーズになる」 というのが流れがあります。今回は、この件についてお伝えします。   ...
・上場20周年記念の幸楽苑。半額セールなどでハッとした件
周年記念となると、どうしても「創立」や「創業」がメインとなります。 しかし、こうした流れとは違い、企業のシーンでは、開店や上場などのイベントがあり、その周年をメインとした「イベント」が多数あるのに気付きました。 多くのは、このイベントによって「集客」をメインとした流れがあり、増販効果を狙っております。先の幸楽苑も、半額セールを行い、再来店をメインとしたイベント案です。 こ...
・マグカップの名入れ印刷が難しいのは陶器だからです。その理由について
マグカップの名入れ印刷については、同じ印刷でも全くレベルが違います。 この件について、冬本番を前にご説明させて頂きます。   陶器の名入れ印刷が非常に難しいわけ 結果からお伝えすれば、プラスチックと違い、陶器の名入れ印刷については、非常に難しい部分があります。 ・商品が平面ではなく丸型タイプ ・素材が陶器なので自然なでこぼこもある ・単にインクを印刷する...
・今年は「犬グッズ」として、しっかりPRする
多くの干支向け商品は、すでに製作済みであり、展示会などで調べると、しっかりと可愛い犬干支グッズが沢山あります。 当店でも数少ないのですが、しっかりと対策していきたいと思います。 また、今回の干支は、沢山の干支がありますが、動物の中でも「犬」なんです。 今は猫や犬は、インターネットの中では大ブーム。特に猫関連は動画の中では一番人気コンテンツになっております。 ですから...
・秋の気配が近づく9月。残暑なくブランケット販売好調に
暑い夏はどこにいったのでしょうか! すでに30度を越える熱帯夜などなく、特に関東では「この夏は確実に冷夏であった」と言える感じです。 基本が高くないのはいいとして、曇り空が多く、22日連続の曇り空となった記録的な夏となりました。   まあ。これも「夏の風物詩」としてみればいいのですが、9月はもう少し暑くなると予想したのに、けっこう「秋へ突入」している感じが...
・DMM GAMESの「社にほへと」開発中止。神社庁がどうして注意したのか!
DMMゲームで有名なのが、2つあります。 ・刀剣乱舞 ・艦これくしょん という擬人化したゲームです。日本の戦艦や日本刀をモチーフにしたものです。 今回は、そんな形で、3匹目のドジョウという事で「神社」をモチーフしたものですが、開発が中止となりました。 ・社にほへと開発中止に関するお知らせ-オンラインゲーム-DMMGAMES 業界を知っているので、当たり前...
・贈答品やキャンペーン品として伸ばしていこう
記念品ストアーにて、折りたたみ傘コーナーがありますが、基本として、今までは傘をメインとして展開していました。つまり、傘本体の魅力があれば、販売が順調だと思っていた感じです。 しかし、現実には、傘屋でもないので、こうした考え方・売り方では駄目であると判断しました。 そこで、どのようにしたらいいのかを、再度、分析してみました。     オリジナルグッズとし...
・当店のプチギフトは結婚式タイプから高齢者向け粗品へ
当店の記念品は、長年(5年間くらい)は、プチギフトと言えば、ブライダル関連の粗品がメインとなっておりました。 もともと、このプチギフトは企業向け開発品を、個人様が結婚式での来場者向けに渡す「業界向け限定品」を、本来なら個人では購入できないルートで仕入れ(購入)、その点、非常に商品の価値と品質が、お値段以上であったという点です。 この点が評価されて、個人様でも大人気となりました。 ...
・人気過ぎて、どんどん魅力的な提案ができる状態へ
タンブラーや水筒のオリジナル記念品については、記念品ストアーではトップクラスの実績と内容となっております。 理由は、作れば作るほど、どんどん違う新規のお客様が購入してくるからです。 このため、現状としては非常によいサイクルが出来上がっており、当店としては、もっとお客様に還元したと思います。 この点についてお伝えします。   1回製作すれば同じロゴで色々とできる点...
・9月1日の防災の日視点でみる、記念品のおすすめ度
記念品ストアーで、防災グッズコーナーを見て、 「どれにしようか迷っている方へ」ちょっとしたアドバイスをします。 視点としては、今日の9月1日は防災の日。 あまり話題になっておりませんが、それでも関東大震災の日からみれば、それなりに首都圏の方などは、しっかりと考えておくのは、それなりの価値が高いと判断します。 ぜひ、時間があれば、お読み下さい。   1:コス...
・時計の名入れ印刷のコツと方法
記念品ストアーの店長です。 時計の名入れ印刷について、少しアドバイスをさせていただきます。 ぜひ、時間があればお読み下さい。   1:印刷スペースを見て判断。それは過去の事例から まず、大切な事ですが、しっかりと予習してください。 どのように仕上がるのかは、初めてですからわからないのが当たり前ですが、当店の場合は沢山の過去に製作した名入れ印刷のサンプル...
・スマホグッズはバッテリーでタッチペンや手袋ではない
スマホグッズが売れています。 しかし、それはある特定品であります。スマホバッテリーであります。 スマホグッズとなると、そのほか有名なのが、タッチペンであり、冬ではスマホ手袋であります。この商品もそれなりに販売できますが、圧倒的に今はスマホバッテリーになっとおります。 どうしてなのかをお伝えします。   タッチペンはボールペンでも代用、スマホ手袋自体は冬しかつかえ...
・お守り製作の納期をしっかりと把握しよう
仕事が忙しくなると、つい1週間前に対応したものが、どのような流れで進んでいるのか、あちこちしているのでわからなくなります。今回もお守り製作で、ちょっとしたミスがあり、誰でも簡単にチェックさえすれば防げた部分であります。 管理表などは、同時に5以上の製作が重なった場合には製作しますが、今はそれほどではないため、どうしてもミスが発覚した場合、取り返しがつかない場合があります。 今回はこのよ...
・余計な景品は伝えない。時計やボールペンなど定番で
どうしても記念品ストアーとしては、メインが企業の販促品なので、どうしても「癖」があります。 ・新商品を提案しないといけない ・マンネリ化した商品は失礼 ・付加価値が高い商品をおすすめする などです。 この流れ自体は、全く問題ないのですが、こと卒業記念品については、ちょっとズレていしる感じなんです。 企業間の競争なら「勝ち」「負け」が存在し、その上で戦うのが普通で...
・周年記念を成功させるためのコツは、ともかくスタート
記念品ストアーでは、周年祝いの仕事をいただいております。 当店は他店に比較して、非常に情報公開が進んでおり、その結果、どんな風に仕上がるのかを「想像」できる点が、一番の良さだと思っております。これは簡単な事なんですが、お客様の実例・実施を、しっかりと把握しているからこそ、できる流れでありますので、こうした点が非常に高い評価につながっております。   こうした中、多くのお...
・周年記念品の名入れサンプル事例2017年8月下旬公開分
お久しぶりです。8月下旬になりましたが、最近A工場で製作した周年記念品関連の名入れ印刷サンプル画像をお伝えします。 ぜひ、サンプル名入れ印刷事例をみて、どんな風に周年グッズをしたらいいのか参考にしてくさださい。   まずは、こちらの手動式LEDランタンライトです。 定番の位置にしております。名入れサンプルの画像が汚いのは、1個が非常に高く「失敗したもの」を撮影して...
・多くのEC店舗が販促用のプチタオル・ケーキタオルを扱った結果
当店は2年前までは専門のプチギフト店があるほど、プチギフトを月間100万円くらいは販売していました。 全体では微々たるものでしたが、今ではその100万円も貴重です。 こうした点から、記念品ストアーでも再度、力を入れてプチギフトコーナーを拡充しているのですが、そう簡単ではありません。 結果的にいえば、うまく回復はしておらず、原因についてはお伝えします。   結婚式...
・当店のクーラーバッグは釣りやブランドのロゴスではない件
クーラーバッグは販促品の中では、夏の中で非常に重要な部分となっております。 ただし、それだから販売が好調であるわけでもなく、逆に全く売れていない状況であります。 結果として、どうして売れないのか? 特にインターネットの中では、販促品のクーラーバッグ自体、売れるためにはどうすればいいのかを判断してお伝えします。   釣具のクーラーバッグ(クーラーボックス)編 ま...
・暑くない2017年の夏。熱中症がなくなりラッキーな夏となる
関東圏では、やかに涼しい日が続いております。 情報では16日連続曇り空となっており、ほぼ関東の梅雨明け宣言からだと思います。 結果として、今年の夏は7月は猛暑でしたが、8月になると「冷夏」と言える日が続いております。 こうした中、やはり冷夏である証拠の情報もちあらほら。 ・日照不足で2,400億円損失か消費低迷も(フジテレビ系(FNN))-Yahoo!ニュース とかで...
・生徒向けよりも学校向けに卒業記念品をシフト
在学中の生徒が喜ぶために卒業記念品がありますが、このタイプの記念品販売は、2016年頃から限界があり、もう生徒数が非常に少なく、ほぼ卒業記念品は「個人通販店」の域となっております。 これは仕方が無く人口の問題ですから、こうした点はもともと無理があったのが表面化した結果だと思います。 そこで、当店でも生徒向けの卒業記念品はやめて、学校向けの記念品関連を充実させていこうと思います。 ...
・長傘の周年記念品として使う依頼の感想
まだ正式決定ではありませんが、周年記念で長傘を使うため、サンプルをお送りしました。その時の感想や対応について、当店の感想を書きます。   ・現物を1度も見ていない傘もあり これだけ沢山の傘があり、特に折りたたみ傘ではない長傘となると、1度も現物を見ていないものがあります。今回の商品も、まだ店長が1度もみていないタイプでありましたので、説明があまりうまくいきませんでした。...
・2017年はマグカップをもっとPRしてみよう
どうしてもマグカップは2つの流れがあります。 ・個人通販的な1個単位 ・企業がキャンペーンで使う大口タイプ です。当店では後者の企業向けですが、どうしても記念品ストアーという手前、卒業記念品などで、幼稚園向けの数個・数十個で対応するようなパターンが多くあり、「個数制限」を設けて対応しました。 その点でわずらわしい作業がなくなったのですが、問題としては、大口用の提案型ではない...

 
 

▲まだまだあるから見てネ