記念品ストアー

履歴 TOPへ

営業時間案内住所
  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース

 

記念品ニュース


記念品ニュースとは、催事やイベントなど、来場用記念の情報のまとめと当店のおすすめトレンド情報です。役に立つおすすめアイデアなどをお伝えするもので、多くの記念日や祝日・祭日などのお祭りもお伝えします。また、企業の展示会やイベントに関するキャンペーンも含まれます。
このコーナーは、記念品ストアーに関する最新の新商品や、トレンドや記念品選びの参考になればと思います。観光・お土産・開業など実例豊かにお伝えします。最近は訪日関連も充実させていきます。

 

・卒業式は、もう手作りタイプでいいと思う件
  10年前までは、小口をメインとした数量でも30個・50個でも対応しておりました。 そんな中にも、学年全体で数百個があるので、全体を合計して数千個の商品を提案しておりました。   しかし、2018年にもなると、ほぼ予想通り、合計が数百個レベルとなり、企業が大変なコストをかけて提案する卒業記念品は、もうビジネスモデルとして崩壊していると思います。当店のような零細店舗...
・細かい周年記念品も用意していく予定です
  当店の周年記念品ですが、オリジナル名入れ印刷などをすれば、500円以上になるのがほとんどです。 これについては、この分野で、どんどん価値が高い商品をプラスして伸ばしていきたいと思っております。   こうした中、もっと使ってほしい商品が記念品の中に沢山あり、逆に沢山あり過ぎるため、選んでもらえない状況が多々あると思います。 商品点数が多ければ多いほど、ミスマッチ...
・卒業式のシーズン前にしておくべきこと
  卒業記念品を展開していると、2つのパターンがあります。 数か月前から準備する人 30日前から用意する人 です。 どちらも問題ないのですが、明らかに違う点があります。 それは数か月前から用意する人は、欲しい記念品が選び放題である点です。   30日前から選ぶと、ほぼ、安くて良い卒業記念品が完売しているケースがほとんどです。ですから、この点は、記...
・お守りビジネスの田舎気質の件
お守りの販売も難しいですね。 気おつけて対応していても、失敗することがあり、それはビジネス上では、ビジネスの上で解決するのが誠意であります。 しかし、田舎気質的な製造メーカーの場合は、どうしても、対応が「人間的」になっており困ります。   その上で製品を購入して、販売しているのですが、好き・嫌いで対応の差を決めてもらっては、商売として対応できません。一部のメーカーと言っても、...
・秋を通り過ぎ、冬ものの商品撮影
基本として、秋なですが、季節としてはもう冬のような感じがありますね。 これ自体、大問題で、まだまだ秋だと思ったら、暦の上では、すでに11月中旬であります。もう冬モードです。   このため、ブランケットは急遽、凄まじい勢いで撮影をスタートさせ、連日、撮影ばかりしております。 これについては、商売ですので仕方がありません。 先日も土曜日・日曜日はなく、撮影の毎日であります。結果...
・記念品の前にキッチングッズであるタンブラーなど
    タンブラーや水筒を記念品として扱っていますが、こちらの商品は、もし記念品事業がなければ、本来ならキッチン用品であります。 多くの食器メーカーは記念品とは扱わず、キッチングッズであり、中にはアウトドアグッズであります。   こうした点があり、なかなか、タンブラーや水筒の販売が難しい側面になっていると感じます。   こうした点から、ネッ...
・商品点数と提案力
  周年記念品の肝として、最近わかった事ですが、商品手数が多くなることが、良いサイトの提案ではない点です。 普通に考えれば、良いサイトとは商品手数ではなく、あくまでも「提案力」であり、その提案力を補うための商品手数であります。   このため、商品点数だけに力を入れていた事は反省し、どの部分が非常に重要な周年記念の記念品選びに大切であるかを、しっかりと対応しなければい...
・どんな卒業記念品をもらっているの?を調査
卒業記念品の問い合わせが多くなっておりますが、どんな卒業記念品を毎年、対応しているのか興味があります。 学校関連の仕事なので、あまり世間で公開するようなイベント品ではないので、結果として、もらった生徒が公開しているのを見るしかありません。また、公立の場合は、あくまでも税金という側面があり、私立と違い宣伝はできません。 また、公立の場合は、高い卒業記念品は「無駄使い」となるために、結果として、 ...
・売り上げ少ないので、プチギフト広告多めに
  現在、通常の3倍近く、記念品ストアーのプチギフトコーナーを見ている計算になります。 これについては、単にネット広告を増やした結果、あらゆるキーワードで来て見ているからです。   どんなキーワードかと言えば、こちら。   キーワード 500円プレゼント プチギフト 1000円プレゼント ちょ...
・あれこれ欠品の防災グッズは落ち着きました
  防災用品ですが、在庫があれば、何でもかんでも売れている状態でしたが、現状、なんとかおちついた感じであります。 大阪が台風停電や、北海道の地震停電で、ライト関連の需要が爆発して、ほぼすべての商品がゼロベースとなりました。 結果として、仕方がない面がありますが、勢いがいつまで続くのか、見守っておりました。   11月になると、在庫ゼロの状態から、輸入した商品がちら...
・周年記念の見込み調査。11月6日分
  周年記念品事業をしていると、どうしてもあちこちの企業の動向が気になります。また、調査対象は競争相手の会社も同じで、「どんな記念品が売れているのであろうか?」と疑問に思ったり、また、どんな記念品が重要であるのか気になります。   こうした点は特に、何にも考えていないと、あっという間に通り過ぎる形であります。 ですから、あらゆる所から「見える化」が必要になります。 ...
・よくある質問。包装とは何?
  記念品業界で長く働いていると、どうしても世間とのズレがあります。 最近、その典型例としてあるのが包装です。 この包装。 2つの意味があります。   ・本体を傷付けないようにする化粧箱=包装 ・ギフト用として「紙」を包装して渡す=包装   です。 基本的には、2番目のギフト用として展開する包装紙の事を、包装というのですが、それがわかりずらくな...
・災害で見えた当店の防災用品の価値
    今やあちこちである防災用品。 インターネットを検索すれば、山のようにある防災グッズです。そんな中、大阪の台風停電、北海道の地震停電で、東日本大震災の後で、これほど防災用品がバンバン売れ、在庫がゼロになったのは今回が初めてです。   こうした中、当店が唯一、少しだけですが、防災用品を販売できたのは、防災用品に名入れ印刷をする方法です。 名入れ印刷...
・冬の定番品であるカイロを追加していきます
    そろそろ、冬近くなると、エコカイロの季節です。 そして、このエコカイロ。記念品業界ではあまり人気がありませんね。 これは仕方がなく、エコカイロ自体がおもちゃレベルの内容の商品だからです。温かくなるという点ではいいのですが、それ以上のものではないので、冬のプチギフト品としての価値程度が今のラインでしょう。   実際の問題。 冬のプチギフト品は非...
・全国の公立高校の4割が定員割の現実。これからもっと加速する
  全国の公立高校で、すでに4割が定員割れの現実。 都市部では、人口密度が高いため、あまり現実味がないのですが、地方になるとほぼ将来に必ずなる現実であり、記事では、特に農業系と工業系が定員割れの現実みたいです。   ・都道府県立高4割が定員割れ 2018-11-4(日)1025-Yahoo!ニュース   これについては、卒業記念品を取り扱う会社なので、...
・マグカップの魅力をもっと伝えましょう
  マグカップの依頼ですが、もう11月にもなって、寒い時期なので、そろそろマグカップの時期なんです。 それが不思議とマグカップの注文もなく、特に陶器系の色設定品などは、毎回、毎回依頼があって忙しいくらいなので、本当に困るほど大変でしたが、なんと!ゼロの依頼となっており、パッタリと無くなっています。   不思議といえば不思議ですが、何か原因があるかもしれません。 そ...
・魅力があり過ぎて迷うプチギフト品
  プチギフト品を、改めて商品1点1点を見てみると、わかりやすい分・安い分、沢山ありまして迷う部分があります。 価格が安いから、魅力がないわけではなく、逆に、この安い価格帯は非常に、競争が激しいために、魅力がある商品が沢山ありました。   結果として、魅力の再発見をしている感じであります。 こうした事は、仕事をして初めてわかる部分であり、再度の発見があり嬉しい反面...
・防災用品の依頼が落ち着いてきた理由とは
  記念品ストアーでも、多くの依頼の中で、やはり防災用品の依頼が多くなっておりました。 大阪と北海道が停電被害が凄まじく、多くの商品が無くなりました。   この結果ですが、簡単な理由ですが、在庫がないので買えない状態が数週間続き、沈静化した感じです。 非常にユニークな結果なんですが、だからこそ、当てはまる内容なですよね。   完全に売り切った状態なの...
・オリジナルの1色印刷は協力して安く
    オリジナルバッグですが、自社で対応するシルク印刷もいいですが、現在では協力メーカーと協力して、安く対応しております。 バッグの印刷は、ある意味では特殊なものであり、簡単にできる部分ではありません。 特に大きく名入れ印刷をする場合については、総額コストを計算すると、2・3倍違うことがあります。これだけ違うと、全く提案が違う形になりますので、協力会社との対応を上...
・青森で雪模様。ビックリすると同時に冬グッズ対応
    恥ずかしい話なのですが、9月・10月が、あっという間に過ぎ去り、秋が来ると予想していました。 11月になり、暦の上では、秋なのか冬なのか、わかなない状態です。   そんな中、昨日凄い事がありました。それが秋田で雪模様となったことです。 秋の紅葉シーズンであれば、まだまだ秋模様として認識しているのですが、それがいきなり雪ですからね。  ...
・オリジナルお守りで決定する力と工程
  今日は、オリジナルお守りの製作が決定しました。 時間は1週間以内に予算もデザインも決定しました。非常に感謝です。   当たり前ですが、年末年始に間に合うためには、決断する時に決断し、決定する時に決定する。当たり前のことが、プロ同士であれば、過去の経験やビジネスノウハウから、何が優先順位として展開しなければいけないのか判断できます。   サラリと書い...
・企業向けの記念品が売れないのでプチギフト再開
けっこう景気が悪いのか、あまり商品が売れません。 困った事です。   時間があるわけではないのですが、売り上げ確保のため、やりたくないのですが、個人向けのプチギフトを再開します。 それでも、営業効率はしっかりと確保したいので、自動化・効率化は、それなりに追及していきたいと思っております。 これがないとしんどいです。   また、ネット広告も2倍レベルで対応しました。...
・まるっきり注文がなくなったボトル。流行の凄さ
  アルミステンレスボトルの製作は、タンブラー・水筒のコーナーでは、ほぼ毎週最低1回はオリジナル製作をしておりました。 それが2018年から振り返すと、ほぼゼロとなりました。   もちろん、他店に奪われているという可能性が高いのですが、それでも当店のオリジナルのクオリティからみれば、注文が無いという判断が不思議であります。つまり、それほど、アルミスポーツボトルを製作...
・オリジナル製作として失敗しない
  数々の周年記念品を製作していおりますが、最近、ほぼ無失敗です。 全く仕事で失敗しないで、順調に仕事をこなしております。   別に自慢しているわけではなく、理由としては   同じ商品の商品記念品を選ぶ傾向があり、対応と対策がしやすい 周年記念品を選ぶ担当者が、それなりの仕事スキルがある 名入れ印刷のオリジナルなので、チェックする段階が多...
・スマホバッテリーが1日で完売。これは非常事態です
  卒業記念品として、大人気であり、本命であるスマホモバイルバッテリーですが、大ピンチです。 大阪の台風停電と、北海道の地震停電の影響で、防災用品としてのスマホバッテリーが「再評価」されております。   結果として、1日で13000個の入荷がありましたが、それが1日で完売となる盛況ぶりです。 予約もありますが、ほぼ正式発注としての流れなので、もう遅いです。 &n...
・記念品ストアーは、どんな国から見らているのか?
  グーグルのアクセス解析を見てみました。 WEBマスターツールという会員無料ソフトがあり、その中で見れるのですが、ほぼ日本人相手しか対応しておりませんが、その中で、ちょっと興味を引く形で、どんな人が見ているのか?または、どんな国で表示されているのか、ちょっと興味があり見てみました。   結論からいえば、 「2%がアメリカ」 「1%がインド」 「その他、シンガ...
・周年記念品は、記念品販売の中で儲かる仕組みについて
  今、記念品ストアーの中で一番多くアクセス数があるのが、卒業記念品コーナーです。 しかし、この卒業記念品は全く儲かりません。理由は非常に単純で、少子高齢化です。生徒がいないので、全体の金額が少額となりました。よって利益もすくなくなるのは当然です。 これは良い・悪いという問題ではなく、仕組みそのものの流れです。ですから、卒業記念品をメインとしているネット販売サイトなどは、本当に...
・在庫なしの防災品は、あちこち探しても無駄です
  記念品ストアーでは、いつも「在庫あり」という表示をしておりますが、土曜日・日曜日などの期間は更新ができておらず、今日の月曜日なども忙しく、完売情報や欠品情報が出せないでいます。   さて、大阪の台風被害、そして、北海道の地震による停電被害。この2つの災害が引き金で、防災用品が欠品しているのですが、あちこち探した末に、当店へ連絡があっても「在庫なし」となります。 ...
・卒業記念品の現物確認。サンプル品については無料ではありません
  ビジネスをしていて、たまに不思議に思うことがあります。それがサンプル品です。 「これを1個ください」 という質問ですが、当たり前のように、無料で差し上げる理由が、当店には無いわけですが、一部のお客様では、無料でもらえるのが当たり前とい感覚の方がいます。あまりにも非常識すぎるので、どうして、そんな質問を平気で出来るのか?と質問したら、   他店では無料で商品サン...
・おみくじがお守りコーナーにあるけど、その重要性に気づいていない
    お守りコーナーに毎年、おみくじがあるのですが、なかなか発見して頂けません。 というのも、このおみくじ。神社で引く内容と寸分たがわずです。つまり、神社が買っているそのものです。   ですから、本来なら貴重価値ががある商品ですが、誰もその存在価値を知らないのです。 本当に不思議であります。 ただ、この価値を見つけても、その価値にあった内容が思い浮...
・撮影時間の短縮として昨年の根付け金具は想像で
  申し訳ありませんが、干支の金具である根付けタイプについては、優先順位として、撮影は後回しとなります。 よって、デザインについては、犬のデザインを参考にしながら、猪のデザインとして対応をお願いします。   現状、毎年、金具のデザインの一部が変わるだけであり、内容はほぼ同じです。 デザインの写真を変えて対応していますが、あまり意味がないと部分でもありますから、新規...
・訪日客の落ち着きで、旅行関連品として
    つい最近まで、訪日客向けのインバウンド対策が、とっても忙しく、また、新商品の記念品も選ぶのがありました。 しかし、最近では、これも一服して、今では旅行関連品としての立ち位置がメインとなりました。   これについては、旅行産業自体は長くありますが、訪日客をメインとしたホテルや旅館などは、この数年の対策で、ある程度のノウハウが出てきており、慣れが付け...
・お箸のネット広告キーワード調査発表
    専門サイトであったお箸のサイトですが、記念品として販売していると、わかりずらいう判断から、専門店を構築しましたが、今では逆に提案できるノウハウもスキルもあるため、記念品ストアーに統合を進めております。   そんな中、記念品での販売メインではない形での、どんなニーズがあるのか、調査してノウハウを積み上げることが大切です。 そこで、ネット広告のキーワ...
・タンブラーのネット広告調査報告
    当店ではタンブラー販売が、オリジナルグッズ販売の中でメインとなっておりますが、お客様がどんなニーズがあるのかは、なかなか見えないものであります。そこで、インターネット広告を出しており、そのニーズを調べる事で、どんな需要があるのか調べます。 そして、今回は、それをお客様にも共通の認識として見てもらいたいからです。   では、最近のタンブラー広告を見...
・高い時計などを見ると、高額品の罠について考える
    周年記念品業界にいると、ある勘違いをしている方がいます。   良い商品=高い価格   という流れです。 基本はあっているのですが、他店などの時計を見てみると、「高いのには理由がある」というのが裏から見てわかります。 その理由は、   「生産数が少なくコスト増になっている」 「無駄な装飾が多くコスト増になっている」 ...
・まだ相当早いけど、卒業記念品ってどんなものもらったの?
アクセス数だけでいえば、記念品ストアーでの一番のコンテンツは、実はこちらの卒業記念品コーナーなんですよね。   当店としては、個人通販店ではないので、法人のオリジナル記念品がメインなので、あまり気合を入れて対応できないわけです。ただし、学校関連の事業としては、創立記念や周年記念などがあり、大口になるケースがあるため、学校関連の仕事は記念品業界では問題ないレベルです。   ...
・スマホバッテリーは、2019年からPSEマーク付のみ販売
  当店はメーカーではありませんが、2019年から法改正で、PSEマーク付のタイプしか販売が出来なくなりました。 これは安全性の問題もさることながら、低価格のスマホバッテリーが沢山でており、ここである程度の規制が必要だからです。   このため、多くのメーカーが同じ商品であっても、その審査を通過するためにの費用が出ず対応できなくなりました。つまり、もともと安全性が高い...
・10月25日の防災調査。ネット広告から分析
  防災グッズがほぼ完売状態です。さらにもう一度入荷しますが、それが完売すると、次は2019年1月末入荷が多いです。 10月末、11月中旬までに入荷する商品の多くが、人気品であるため、予約で埋まっている状態でもあり、入荷即在庫ゼロとなっているパターンもあります。仕方がありません。   さて、人気の防災品がある一方で、全く人気がないのに、今の防災用品ブームで完売した商...
・大人気になると予想したステンレスタンブラーがイマイチ
  残念な結果。 行楽シーズンがスタートしたのに、あれれ。 毎年、オリジナルのステンレスタンブラーの時期なのに、パッタリと問い合わせが無く困りました。   オリジナルタンブラーが良く売れる時期は、当然冬ではなく、夏と秋です。 それが、今回新商品のタンブラーであっても、それはそれで機能も品質も向上しているわけでありますので、ある程度は跳ねて頂きたいのですが、これは...
・お守りの注文は商品だけの簡単なのがいい
お守りの注文のプロなどいません。   当たり前ですが、この時期になると、どうしてもコリゴリする場面にあって大変です。 特にインターネットで広告を出している手前、宣伝してお客様が来て嬉しいのですが、その嬉しさも、大変さと直結すると、本当に大変なので、どうにかしてほしいわけです。   そんな中、商品をドバンと購入して頂ける方などは嬉しい限りです。   &...
・人気の周年記念品とは?やっぱり伝える力
    周年記念品を「選抜」して、商品をおすすめする事が非常に地味だとだと大事だと思いました。 もともと、周年記念品では、他のサイトも充実しており、当店だけが特殊な商品があるわけでもなく、企画自体も凡庸です。   ですから、もっと伝える力がないと、商売として勝負になりません。結果として、真剣に商品設定をして、あれこれと伝える事が重要です。 単に数だけを...
・バッグ印刷で100枚は大チャンスなのだ
    バッグのオリジナルについては、簡単ではありません。けっこう難しい作業なんですよね。 それが簡単にできるのは、本当に嬉しい限りなんですが、それをうまく伝えていないのが、けっこうあります。 そんな中、今回は100枚から印刷できる点についてお伝えします。       数が少ないと高くなるのは常識。それが安いままでいいのという驚...
・干支グッズの金具系根付け商品は、犬対応でお願いします
  まず、結論として、時間がなく新干支グッズである「いのしし」の根付けタイプの商品を更新できません。 全て撮影して対応しなければいけないのですが、他の秋・冬グッズがメインの撮影も終わっていないので、ほぼ絶望的になっております。   現在、販売可能なのですが、そこまでの人が全くおらず(基本1人なので)、2019年のイノシシについては、犬の画像で、それが単に猪柄になった...
・プチギフトにおける個人の信用度
    記念品ストアーでは、少なからず個人様向け販売をしており、その代表的な販売品がプチギフト品です。 その中でも結婚式向けの商品は、メイン品となります。今回はこの販売購入方法の流れの中で、個人の信用度について。     お店がが詐欺に合う可能性が高い販売形態 まず、結論から言えば、当記念品ストアーが、詐欺をすることは皆無であり、販売を続け...
・当店の卒業記念品は学校向け品ではありません
  当店の記念品は、ほぼ全て個人向け用品ではなく、法人向け記念品となります。 世の中には、今の時期ではおせちなどがあります。個人向けに販売しており、大盛況です。これは個人向けの商品です。   こうした中、当店のが全て法人向けなのは、もともと、インターネットが無い20年前から、学校向けの記念品として販売しておらず、あくまでも周年記念やイベント品として展開していたからで...
・とうとう冬日。この秋一番の冷え込み
  今日のニースで、都心ではこの秋の一番の朝の寒さになったようです。 東北の盛岡では、初霜が観測されており、昨シーズンよりも19日早い流れになっております。   これは当店においては、大変です。 ブランケット関連の撮影など、まだまだ未整備であり、やるべきことが多々ありますので、これだけ猛暑の夏と比較すると、早く対応しなければいけないのですが、なかなか手が追いつかな...
・防災8点セットが入荷。しかし1日1000個ペースで減少
  当店の防災グッズは、個人向けの防災セットよりも、本当に「ちゃちい」ですが、価格相応であり、また、価格以上の価値があると思います。 そこで、今回のような大阪の台風被害や、北海道の地震停電被害となると、 「地震や災害なんて、起こっても自分事ではない」 という判断があり、意外と東日本大震災以来、全くこうした内容が普通であり、当店の流れでした。   結果として、安く...
・オリジナル防災グッズ店としての位置
  防災グッズ販売店ですが、他のサイトを見ていると、防災品の専門店であり、また、非常食なども本格的であります。 また、多くのが個人通販店対応であり、1個の防災セット品を販売をメインとしております。 この流れ自体は、多くあり問題ありませんが、流れとしては、当店とは違います。   当店のは、 法人向け専門のみ 個人販売は基本なし 単価は数百個を基本とし...
・お守り販売の難しさ。すでにお正月モード
  お守り販売は非常に難しく、どんなニーズがあるのかは、判断が全くできません。 特に個人向けと企業向けでは全く違いますし、まして、これに「神社向け」が加わると、わけがわからないという感じです。   ですから、お守り販売は、簡単に誰でも出来る企業ではなく、本当に限られた形になります。 更にいえば、「お正月グッズ」「干支グッズ」などは、比較的にわかりすく、販売もスッキ...
・周年マーケティング調査。10月中旬で50周年が沢山
    インターネット通販のため、ネット広告を出しているため、マーケティングができる形になっております。 どんなニーズがあるのかは、広告のキーワードを見ると、意外とお客様の本音が見えてくるわけです。   ですから、定期的に広告の単価を見ながら、周年広告を見て判断しております。 そんな中、今回の10月中旬の流れは、ちょっと興味深い感じでした。 &nbs...
・ティファニーのマグカップ。卒業記念品で使われているけどいくら?
  卒業記念品で、大きな私立女子大学や、大きな私立女子高校で、たまにみかけるティファニーのリボンマグカップ。 もらった方は、非常にありがたいという気持ちもありながら、いったいいくらするのか?という疑問があります。   もちろん、ブランド品ですから、安売りしているわけでもなく、いったいくらかと興味がありました。 卒業シーズンがスタートをきった今、あちこち調査していた...

 
 

▲まだまだあるから見てネ


最終更新日:


 

 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

お電話・FAX・メール

お電話

049-246-1346

受付時間:9:00~18:00
(土日祝 休業)

FAX

049-246-1407

受付時間:24時間 365日
(土日祝は翌営業日の確認)

メール

kawagoe@3scom.com

受付時間:24時間 365日
(土日祝は翌営業日の確認)