記念品ストアー

TOPへ

■ 年末年始の休業は12/26(土)~1/3(月)となっております ■

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 卒業記念品で喜ぶのは「生徒」であります
  1. 記念品ストアー
  2. 卒業記念品
  3. 卒業記念品で喜ぶのは「生徒」であります

 

卒業記念品で喜ぶのは「生徒」であります


 

「こんな記念品を製作して、配られた生徒さんは喜ぶんであろうか?」

 

毎年、こんな疑問があります。

 

お店の記念品ストアー側からすれば、儲からるからいいのですが、こんな不親切・不誠実な販売の仕方がでは商売ではありません。

 

この原因の多くは、やはり発注する側・させる側の大問題です。

 

 

毎年、この時期になると学校やPTAから卒業記念品の依頼が来ております。

他のサイトを見て比較してみると、当店よりもサービスの質も内容もよくビックリします。

心から卒業を祝っている感じがあります。

 

こうした中、当店は販促品関連の商品を、卒業記念品として展開しているので、あえて言えば、卒業記念品が売れようが・売れないようが関係がありません。これに比べて、他店は卒業記念品をメインにしており、無理やり販売している感じがゼロではないのです。

 

 

発注する側の問題としては、学校の先生やPTAなので、ある程度の「限界」があります。

 

ハッキリといえば、卒業記念品を選ぶセンスが無いと言えます。

 

ですから、こうした流れから、ある程度はもらう側の生徒が「犠牲」になるのは仕方が無いと判断します。

 

 

子供の人数が少なく、結果として粗悪な卒業記念品になる傾向

この原因は少子齢化です。

つまり、

 

子供の人数 × 予算 =プレゼント出来る記念品の総額

 

となります。

このため、生徒数が少なければ、結果としてプレゼントする卒業記念品の「質」が変化します。

 

言ってしまえば、安かろう悪かろうの卒業記念品しかプレゼント出来ない

 

という事です。

これが嫌われる卒業記念品の実態と言えるでしょう。

2019年11月23日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間