記念品ストアー

履歴 TOPへ

ギフト系贈答品としての価値

周年記念品の特徴としては、やはり「ギフト」との関係が重要です。本人が使うのではなく、あくまでも相手があります。このため、どれだけ「ギフト」に特化されているのかが重要になります。

最近では、こちらのしっかりとした化粧箱タイプが人気なっています。

 


 

商品自体の良さも重要ですが、見た目の良さが更に重要であるという認識です。こうした商品は、あるようで無いのが現状ですが、いったん広まると、意外と連続して購入してもらうのが多いです。

不思議とA社が使うと、次の全く違うB社が使い、定番の周年記念品へと評価が上がります

こうした流れから言えるのは、よく観察すると、流行前商品があります。

そこで、今回はすでに販売している中で、実際に売れている商品をご紹介します。

 

まずはこちら。

 


 

ダブルウォールタンブラーであり、同じタイプですが、夏グッズとしての価値があり、夏に周年記念などをする場合などには最適な商品でしょう。単価も高いのですが、まとめ買いが多いのが特徴と言えます。

 

次はこちら。

 


 

折りたたみ傘と傘カバーのセットです。けっこう先の商品と比較すると「残念」な感じがありますが、記念品の定番としての価値なら、あまり派手ではない点も重要です。

そして、こちらはすでに名入れ印刷をしました。

 



 

こんな感じで、オリジナルの企業ロゴを入れて対応しました。見た目の単純さはありますが、こうした点が、周年記念品としては価値が高まると判断できます。

ご参考にしてくれればと思います。

2017年5月28日