記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 社外向けと社員向けの違いは、どの点なのか?
  1. 記念品ストアー
  2. 周年記念品名入れ・創立記念品
  3. 社外向けと社員向けの違いは、どの点なのか?

 

社外向けと社員向けの違いは、どの点なのか?


周年記念品の中で、2つの流れがハッキリとあります。

それがターゲットに違いで、「社外向け」と「社内向け」の2種類の周年記念品選びです。

今回は、そんな周年記念品の選び方や違いについてお伝えします。

 

社外向けは今の流行の商品や事務系

まず、最近では少なくなってきた社外向けです。

結論から先にいえば、通常のイベントやキャンペーンで使用している商品選びのままでOKです。簡単にいえば流行品でいいです

奇を出す必要性はありませんが、基本として、その時期にみんながほしいと思う商品選びをすればOKです。

大成功はしませんが、失敗はしません。

中には、お気に入りの商品になる可能性が高いものの多く、予算と単価を比較しながら、検討してみましょう。

 

 

社内向けは生活で使っている実用品

従業員向けについては、非常に現実的である必要があり、実用性が高いものです。

悪い例としてあげれば、伊万里焼きの壷とか皿とかはアウトです

普段、使っていないので、喜ばれると勘違いしがちなのですが、すぐにでも使える実用性重視にしないと、ほぼ嫌われます。

 

なぜなら、社外向けなら、まだ許せるが、社内向けはほぼ、許してもらえることがないからです。

ですから、ある程度は「自分がほしいと思うものが皆がほしい」という感覚が重要です。自分本位でいいです。

 

ちょっと難しいのですが、他社の周年記念でもらった商品などを想像すると、簡単に判断できると思います。

2018年4月9日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間