記念品ストアー

TOPへ

コロナ対策について

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 高い時計などを見ると、高額品の罠について考える
  1. 記念品ストアー
  2. 周年記念品名入れ・創立
  3. 高い時計などを見ると、高額品の罠について考える

 

高い時計などを見ると、高額品の罠について考える


 

 

周年記念品業界にいると、ある勘違いをしている方がいます。

 

良い商品=高い価格

 

という流れです。

基本はあっているのですが、他店などの時計を見てみると、「高いのには理由がある」というのが裏から見てわかります。

その理由は、

 

「生産数が少なくコスト増になっている」

「無駄な装飾が多くコスト増になっている」

「人件費が高く、それが価格に跳ね返っている」

「人気がない商品なのに、人気だと思わされている」

などです。

 

周年記念品の場合、あと、もうひとつあり、

 

せっかくの記念日だから、コスト増でもOK

 

という流れです。

どっちも・どっちですが、これは高額品の罠であり、本来、Aという商品の価値と、Bという商品の価値があった場合は比較すればいいのですが、好みの問題もあり、結果として、高くても本人が気に入ってればOKなわけです。

 

こうした点を踏まえて、周年記念品などの依頼がある時は、適正か価格で提案できるように努力をしております。

2018年10月26日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間