記念品ストアー

履歴 TOPへ

商品点数を増やすだけの無価値のサイトとの区別

多くのECサイトが競合相手になりますが、最近、こうした分析の中で、

商品点数だけを増やす無価値サイトに勝てる

という感じになっています。簡単な事で、量より質を狙った感じの感想になっていのですが、店長が狙うものとしては、この流れが一番良いのです。今回はこの点については書きます。

 

記念品名入れのおすすめは?

 

価値が無いサイトの特徴になる可能性

 


 

多くのライバルサイトがあると、非常に客観的に判断できます。

自分のサイトの良さも悪さもです。その中で最近、単に商品点数「数千点」とか伝えているサイトの価値を、お客様目線で見た場合、本当に付加価値が高いのであろうかと思ってみた場合、結論から言えばダメでした。

これは大きな成果であり、何がダメだと感じたのか分析した結果、その内容はシビアでした。

 

それはけっこう単純な分析結果であり、売る事に対して作業化しているのでした

どいう事かと言えば、ページ制作をするのが仕事であり、商品を売るのが仕事ではない事です

ですから、多くのページがページを制作することにメインとして、商品を売って「感動」を与えることの重要性にきづいていないのです。

 

これはコンテンツSEOという最近の流れがあり、

「どんなコンテンツがもっとも評価されるのでしょうか」

という分析があり、その中で、1個1個書き上げてきた結果、導きだした結論でした。

 

本当にこれは間違いではなく、王道の流れであり、商品ページを作るのではなく、販売ページを作るのです。

2016年11月14日