記念品ストアー

履歴 TOPへ

映画「ラ・ラ・ランド」を見て駄目だった件


・ラ・ラ・ランド公式説明

まず、最初に結論だけど、「見ないほうがいい」「つまらない」という内容です。

アカデミー賞があるのはわかりますが、全く内容が無いので、時間の無駄でしかないです。

 

久しぶりに席を立ちました

あまりにもつまらなく、最初から「これはもしかしたらつまらないのではないのか」という予感があったのですが、本当につまらなくビックリしました。

何がつまらないのかといえば、基本はミュージカルタイプで制作しているため、映画よりもミュージカルを見ている感じで、そのパターンが好きな人がいればいいのですが、私のような単純細胞には、全く理解できない内容でした。

興味本位で1度見ることをおすすめします。

こんな映画が良いと思える人は、相当スゴイ人だと、私などは思いますね。

 

ミュージカルの安っぽさ

全体的に役者がミュージカルなわけであり、本当に退屈でガッカリします。完全なお芝居シーンであり、リアルさが全くないわけです。普通の映画を見ている私としては、

「なんだ!この小芝居は?」と、のけぞる形でした。もちろん、脚本も連動して、この小芝居を演出する内容でありましたので、見ていて、耐えられない感じがしました。

 

恋愛映画なのか?それが1時間してもダメ

基本はB級映画が好きな話として、恋愛映画のやすっぽい紙芝居な感じが耐えられません。好きな時間を奪っているわけであり、我慢してみても、結果的に損になるわけで、意味不明な時間となります。

本来、1時間もすれば、それなりに展開がわかるのですが、全くこうした傾向がなく、基本は安っぽい恋愛映画の内容で、見ていてあきてきました。

2017年2月25日