記念品ストアー

履歴 TOPへ

コンテンツSEOセミナー「読まれる記事と実践的なSEO」について

4月22日にセミナーに参加してきます。鈴木さんが主催するセミナーで、前回の2回目も参加したのですが、3回目になるのも申込みしました。内容が素晴らしく、3部校正なのですが、実践編であり、単なる企業がする「売り込みセミナー」とは全く違いますので、非常におすすめ度が高いセミナーです。

どんな点が素晴らしいのかお伝えします。「【参加者募集】コンテンツSEO 第3段 ~読まれる記事と実践的なSEO~セミナー- 4月22日東京にて開催  鈴木です。

 

鈴木さんが実践者である点

まず、大前提でありますが、鈴木さんが自体が選んだセミナー内容が良いわけです。つまり、逆に言えば、他のセミナーがいかに「役に立たないのか」は簡単な事で、企業の狭い売り込みの内容しか説明がなく、結果的に役に立たないのが多いわけです。

これに比べて、鈴木さんは「コンテンツSEOのCEO」であり、その内容を知っている立場であるから、内容自体がボケることがなく、伝えるべき点をしっかりと伝える事ができているわけです。

もちろん、専門分野以外の点や、知識がないのでわからない点も多々ありますが、大手のセミナーは、全く将来に役に立たない事ばかり説明するのに比較して1年後・2年後には必ず必要不可欠になる内容が多くある点がよいわけです

こうした点は、鈴木さん自体が実践者であるが故に、鈴木さん自体が「必要でないノウハウ」は、我々も必要ではないわけであります。ここが企業セミナーと比較すると大きく違います。

 

 

鈴木さんの交友関係から専門家

構成は4部程度になっていますが、それぞれの専門家が1時間程度伝えます。結果として、とても勉強になり、専門家ならでは視点から見た現状と対策があり、その点は自分のスキルがあるかないかで、少し違いますが、役に立つノウハウである点です。

また、鈴木さんが「呼べる」程度の交友関係ですから、先の大手のような「サラリーマン売り込みマン」でないので、こうした点が、役に立ち、すぐに使えるノウハウが多い点がやはり、良い点だと思います。

 

 

質問は自前にできるシステム

このセミナーは、鈴木さんが主催しているため、それほど高い敷居があるわけではありません。気軽に参加して、気軽に質問ができます。

セミナー前には、質問を送信しておけば、当日、返答してくれるので、非常に役に立つ形になっています。

わたしも数件、メール送信で、これから質問をしていきたいと思っています。

多少、参加者の役に立つ事が必要なので、こんな質問をお送りしました。

「コンテンツSEOという言葉が出てきて、画面をずっとみている時間が多くっている事について」
「良いコンテンツを書くと、口コミが多くなります」とか「良いコンテンツは、バックリンクがつきます」など、いわゆる、コンテンツSEOについて、耳に蛸状態なのですが、最近、ふっと、画面を見ながら、無意識に30分固まっている自分がいます。
そこで質問します。「この異様な状態は、コンテンツSEOでは「正常」なんでしょうか」
良く作家が、ホテルで缶詰状態で、悩みながら本を書くことがありますが、まさか、自分が同じ「鬱状態」に最近なるとは思いませんでした。
零細ECなので、誰かに変わってもらうこともできず。この状態に「勝った」企業や人が、最後に生き残る企業が人になるのでしょうか。
それとも、単なる「鬱」なのでしょうか。少し「笑い」を含めて質問しますね。

 

海外言語のSEO対策について

10年後・20年後も「食っていく」ためには、日本人のみでは限界だと思っています。そこで、3月から、中国語・ロシア語・アラビア語など試験的に対応しています。(英語は競争相手が多いため)どうして対応する、きっかけになったかというと、外部ブラックSEOのリンク屋さんが、海外ブログからバックリンクをメインで販売しており、「これってブログの「越境」ではないのか!」とピンときて対応しています。

あちこちの越境ECセミナーに参加してみて、まだまだ、誰も対応していないのが現状です。また、ノウハウも、ほとんど無しです。仕方が無いので、クラウドワークスで探し、自分で構築し、コンテンツとして、訪日客向けの「桜の写真」などを追加というので対応しています。
(翻訳はグーグル先生を使っています)

そこで、質問なんですが、この専門家が、本当に少ないです。その理由はどうしてでしょうか。

あちこち、調べてみると
・そんなの大手企業だけが成功すること
・個人レベルで頑張っても、結果が全くでない。無駄な努力(偉そうに言うので、凄くむかつく)
・海外は所詮は金・金・金
となっております。「いやいや。これからはコンテンツSEOの時代なんでしょう」と、ツッコミしたいくらいです。

参加者の中で、「実は海外で少しだけ、自分は○○○で成功しているよ」というのがあれば、ぜひ、そのノウハウをお話ください。売り上げが上がるというレベルではなく、「伝わった(かも)」「友達になった(かも)」というレベルで成功という程度で考えてください。

 

コンテンツの増やし方にについて
コンテンツSEOは、当たり前ですが非常にコストがかかる。それは「コンテンツを作る」という作業がありからです。

最近、その悩みを解消するため「パクる」という行為があり大問題となりました。そこで、質問なんですが、パクる以外、どのように「増やす」事をコストをかけてないで対応してますか?という点です。お金をかければ、コンテンツであろうと、何であろうと増やすのは簡単です。
「こんな方法あるよ」というのがあれば、教えてください。

私の事例ですが、実は、この質問した文章自体も「コンテンツ」として「流用」しています。質問するのに、20分・30分とかけて考えた文章ですし、オリジナルです。もったいないので、自分の店長日記に「コンテンツSEOの糧」として使っています。こんなタイプの「セコイ方法」とか、非常に知りたいですね。

 

 

参加費4000円は激安

最後になりますが、1人参加で4000円です。これは安いです。

ただし、単に聞くだけでは4000円の価値がありませんので、バンバン質問することが「最低条件」だと思います。参加している人は50名もしますので、しっかりと目立つように質問しないと、4000円といえども、元が取れません。

相手はレベルが相当高いので、質問しずらいと思う気持ちはわかりますが、こちらは4000円を支払っているので、5000円分は持ち帰る気持ちで参加しましょう。また、そういう雰囲気であります。

2017年4月1日