記念品ストアー

履歴 TOPへ

映画「グレートウォール」感想。マット・デイモンがいらない件


B級映画しか興味がない店長です。

グレートウォールという映画です。

予告編をみて、これは「絶対にみないといけない駄作」と決めこみ、しっかりと観てきました。

感想はタイトル通りに、「なんでマット・デイモンなの?」という点が素晴らしい映画です。

脚本は駄作レベルでもいいとうい感じ

内容は万里の長城が舞台という非常に素晴らしいパターンです。

これだけでも素晴らしいわけですが、更に、そこにエーリアンのような怪物が現れて戦うという点が凄く駄目でよいです

どうしてここまで駄目な脚本にできるのかが素晴らしい。B級映画好きなわたしとしては、とっても良い感じでした。

最後はお決まりの「ピンチを主人公が救い」そして「平和が訪れた」という点があります。

暇な時間に見る映画としては最高です。

無駄に役者レベルが高くてB級映画に華がある

今回、「あれ!この役者!みたことある」というのがあります。つまり、それだけ有名な役者を採用しているわけです。

本来、B級映画の役割は、無名の近い役者を採用して対応するのですが、今回は他の映画でも十分1本主役になる人ばかりです。

ですから、大変に見ごたえがあるのですが、内容がないので、その役者を生かす場面がゼロなのが素晴らしいです

全体に飽きがこないのはこのためです。

禁軍とか火薬とか、どうでもいいがいい

物語は万里の長城をモチーフにしているため、全体は中国風になります。監督がHEROを撮影した方なので、当たり前ですが、基本は中国版ハリウッド映画であります。ですから、その時代の中での点が強調されるのですが、わからない人は、この部分が価値がゼロなので、非常に難しいパターンになっている。

その分、鎧が3色柄であったり、禁軍とか火薬とか、どうでもいい感じの内容が、うまくかみ合っているので、全体をうまくB級としています。

CGが素晴らしいので、どこかで見た作品になっている

最近のCGは凄く、本物以上に本物みたいです。素晴らしいを越して凄いだけです。

ですから、このCGの凄さを、「これでもか!」という感じで使いまくっている点が凄くB級なですよね

見ていて、飽き飽きなんですが、やはり、映画が後進国の中国だから、下手にこうしたCGだらけになっていいわけです。

本当にこの部分はB級映画です。

最後に中国とアメリカ映画について

最後になりますが、この映画の一番の印象は、

ああ!やっぱり中国とアメリカは一緒になって日本人は駄目なんだ

という点なんですよね。

これがこの映画を見た日本人の半分くらいが抱く感想になるわけです。

内容が無いから、こうした映画の感想が一番多くあると思います。

2017年4月15日