記念品ストアー

履歴 TOPへ

映画「本能寺ホテル」をみて感想。綾瀬はるかのプロモーション映像でした


映画「本能寺ホテル」というのが、レンタルビデオ店にて貸し出しがあり、それを昨日見ました。

どんな斬新な感じでの脚本や映像かと思ったのですが、期待があった分だけガックリしました。

しかし、一応は最後まで見れるため、マイナスではありません。

今回はこの件についてお伝えします。

 

 

題材「本能寺」に期待するわけ

本能寺の変など、これを題材にした映画や小説などは山のようにあります。

ですから、それなりの駄目脚本ではないと信じて対応したのですが、この期待値以上の内容をではなく、本当にゴミ映画の中の日本映画の中にはいっています。

確かにタイムスリップ関連での期待値はあったのですが、その内容自体が明智光秀部分でいっきに駄目感がでてしまい、その他の部分については、全体的にはよかったのですが、それ以外がラストに向けて、どんどん悪くなってきており、見るに耐えません。

こうした期待にからんで、本当にタイトル詐欺に近い物になっております。

戦国ファンを騙した感じがありますが、主人公の綾瀬はるかをみればわかる程度の内容です。

 

 

綾瀬さん以外のキャストがなんとか支えている

どうして2時間近くも最後まで見ることができたのかは簡単。

やはり、織田信長役の堤さん。森蘭丸役の岳さんなど、個性・実力がある人がいるため、全体としては非常に濃い感じがありました。ですから、自然と中盤が引き締まっている感じがありまして、よい感じになっております。

 

 

戦国ファンのためではなく綾瀬ファンのため

最後になりますが、この映画の良さやPRとしては、唯一、綾瀬はるかさんのファンであればOKですが、それ以外は意味がないと判断します。

非常にもったいない感じがあり、綾瀬さんのファンにてよい感じですが、あまりにも魅力的であるため、演技があっておりませんでした。

仕方がないとはいえ、オーラーがある女優さんですので姫様として登場ずるなら問題ないのですが、主人公の女性が、あまり個性がないという設定は無理でした。

2017年8月25日