記念品ストアー

履歴 TOPへ

営業時間案内住所
目安
  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル日記
  3. 自動音声の入力は、まるで自転車を使うが如くのビジネススキル

 

自動音声の入力は、まるで自転車を使うが如くのビジネススキル


自動音声の感想について。

 

実際にビジネスで使ってみると非常にわかってくる部分がありました。

 

それは自動音声とは、本人にとってはプラスになる部分があるのですが、どの程度プラスになっているのかは、やってみないとわかりませんでした。

 

その結果としてわかったのが、自動音声とは「自転車に乗ること」と同じだということです。今回はこの件についてレポートします。

 

自動音声を使ってみてとっても便利なのですが、これを第三者に伝えてみると、実際に展開する人はほとんどいないことがわかりました。

当たり前ですが、キーボードで打ったほうが早い人も多いし、声を荒げて対応するのも、「みっともない」という部分があるからです。

 

実際にやってみると、その効果・効用については、やらないという判断の方が多いという風に見えました。

 

ですが、

実際にやってみますと、その効果・効用は非常に高く、どの程度高いのかが判断できませんでしたが、何度も何度もやってみることによって、その効果の高さが証明できるようになりました。

それが、「自転車に乗る程度の価値」というのが私の感想です。

 

自転車に乗る程度の価値なので、もし、自動車に乗る程度の価値だと勘違いしてる方がいると、残念な結果になるわけです。

自転車と自動車では、まるで力の差があるわけですから、自動音声について、自動車のような価値観を持っている場合については、ほぼ幻滅するでしょう。

 

このため、実際、自動音声をやってみて、継続して見る人は本当に少ないと思います。

自転車程度の価値しか実際にないのですから、重要なことは、「自転車の価値が高いという程度の組織力」が会社に必要であれば、自動音声機能としての価値が高いと思いますが、自動車のような価値しか認めないような、大きい組織ではあまり必要 でしょう。

 

実際に展開してみて、これが感想となります。

 

後付け加えるならば、

自動音声のノウハウは、まるで水泳のように、実際に泳いでみないと、身につかないものであり、どのように音声を伝え、どのようにキーボードとの相性を良くするのかも、やってみないとわからない部分が、多くあるのが実情です。

また、機械学習をさせるロボット側にも、実際にやってみると癖があるのが分かります。

ですからこうした点を判断してみるを、自動音声入力能力も、一つのスキルだと認識できる部分です。

2018年2月17日

 


 

 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

お電話・FAX・メール

お電話

049-246-1346

受付時間:平日 14:00~18:00
(午前中は忙しく対応不可)

FAX

049-246-1407

受付時間:24時間 365日
(土日祝は翌営業日の確認)

メール

kawagoe@3scom.com

受付時間:24時間 365日
(土日祝は翌営業日の確認)