記念品ストアー

履歴 TOPへ

 

今日は何の日「サイフの日」でサイトを調べてみた


3月12日は「サイフの日」です。


「サイフを替える。ココロがおどる」というフレーズで、財布の記念日として展開しているようです。

さて、こうした事から今日は、マイクロコピーは、キーワード「財布」で調べて改善してみましょう。

 

まず、財布と検索すると、

・ゾゾタウン・楽天・バイマなど、そうそうたる大企業の大手サイトが上位をしめており、中小零細店舗が検索上位にあるのがありません。

あっても、ルイ・ヴィトンやガンゾなどのブランド品がメインのサイトになっております。その他は、ベルメゾンなどの通販サイトが上位となっており、最近の権威あるサイトが優位になっているのがわかります。

 

さて、

こうした流れから、広告枠からの対応となります。

サイトはこちら「ココマイスター長財布一覧  財布小物特集」となります。

こちらで調べて対応してみましょう。


まず、ココマイスターとは、日本製ハイエンド革製品ブランドを販売するページです。日本の良き文化を守り、その商品の良さを現代に蘇らせる商品ページとなっております。財布1個で5万から10万円のものがあり、ブランド品としての価値があります。

 

ページは、一覧ページでランディングページであります。

英国で1000年以上も続く、貴族用の馬具革をメインとして、日本の熟練職人が縫製した財布となっております。

もともと、私のようなタイプは全くのターゲット外なので、この目線で対応してみましょう。

 

改善1:おすすめ品がわからない

舌打ちの法則から言えば、まずは「すぐ購入したい」という方へのおすすめ品紹介がありません。

長ったらしいブランド紹介があり、どれを選んでいいのかわからない。

今の時期でいえば、ホワイトデーや父の日、退職記念品としての価値があるのに、それに該当するようなおすすめ品コーナーがないのが駄目である。

<わかった!マイクロコピー改善>

季節ごとのおすすめ品コーナーをしっかりと対応すること。初めての方への「初心者コース」が必要

 

 

改善2:各商品ページの購入ボタンは一番上へ

イメージサイトとして展開したいのはわかりますが、購入意欲を低下させないためには、一番下に購入ボタンよりも、一番上へ移動したほうがよい。なぜなら、どこで購入できるかわからず、離脱したしまう可能性があるから

こうした点はランディングページのデザインであるが、上と下両方にあったほうがよい。

<わかった!マイクロコピー改善>

購入ボタンは、上と下両方に入れること。

 

 

改善3:申込みフォームが無味乾燥


入力フォームですが、テンプレートを使用して無味乾燥です。

ここで離脱させなようにする工夫が必要です。

マイクロコピー風にいえば、メールアドレスの2回も意味がありません。削ることが必要。

また、名前のフリガナも必要ありません。凡例がないので、しっかりと追加しなければいけません

当店のように、何のために財布を購入するのかの「物語」がありません。

動機です

これも必須の追加項目でしょう。

<わかった!マイクロコピー改善>

フォームはテンプレートで統一され、どうしても無味乾燥になります。ちょっとしたひと工夫で、オリジナルにすることで、他店の大きな差別化につながるページになります。

2018年3月12日