記念品ストアー

履歴 TOPへ

先週(7/9~7/15)は102件の見積もり依頼がありました

 

記念日「ホワイトデー」を調査・分析。マイクロコピーノウハウ



3月15日はホワイトデーです。

バレンタインのお返しとして、ホワイトデーがあるのですが、最近のバレンタインの「廃れ」から、こちらのホワイトデーも「廃れ」ている感じがあります。こうした中、検索の中では、どのようになっているのでしょうか。調査・分析してみます。

 

上位は大手企業ばかり

1ページ目には何があるかといえば、「楽天」「アマゾン」「クックパッド」「小田急・高島屋・松坂屋などの百貨店」となっており、もう、完全に大手の独壇場と言えます。一部にまとめサイトが、ちらほらありますが、完全に大手企業のみと言えます。

近くの小さいお菓子屋さんや、チョコレートメーカーがあるのは皆無です

結果からいえば、もうホワイトデーというキーワードは、検索上位になるのは不可能だと言う点です。

こうした中、1件だけ販売店がありました。

それが「ゴディパ」というお店です。

 

 

ゴディパとは

ほとんどの人が知らないのが普通でありますが、最近の広告予算の数億円のかけ方で、ネットでも沢山ありましたので、見ている人もいるでしょう。

「ああ!この映像ね」

となる方も多いはずです。バレンタインからずっと流しているからです。

その意味では、先の楽天やアマゾンのような巨大大手とも言えます。

ゴティパは、ベルギーのチョコレートメーカーです。アメリカのニューヨークに本部があり、高級チョコレートブランドとして有名です

その意味では、バレンタインをメインとした「宣伝」とも言えます。

 

 

マイクロコピー分析スタート


まず、ホワイトデーページがあります。

GODIVA | ホワイトデーコレクション2018

非常に良いのですが、マイクロコピーをスキルとして取得していると、駄目な部分がわかります。

・ランキング情報がない

となります。

 

多くの人が「ほぼ初心者」となっている状態で、さあ!商品を選べ!というは、本当に駄目です

せっかく、莫大な宣伝予算をかけて、多くの人が沢山来ている非常に不親切であります。

アクセス順でもいいので、すぐに設置しないといけません。また、

・10代向け

・30代向け

・60代向け

では、それぞれシーンが異なります。ですから、ランキングも1つではなく、世代別・シーン別にしなければいけません。

<わかった!マイクロコピー改善>

初心者の方へは、わかりやすくランキングで誘導。しかも、そのシーンが関連づけられるようにしたほうがいい。

 

 

定番の改善「入力フォーム」

マイクロコピーの定番中の定番改善。


無駄な会員登録


無駄な入力フォーム(フリガナ・メールアドレス2回確認)

 

これだけでも、本当に多いのがわかります。

購入しようと高い決意がある人なら、勧めますが、完全な「カゴ落ち」タイプになります。面倒ですからね。

<わかった!マイクロコピー改善>

入力フォームは、極力、簡単にする。常にチェックが必要

 

 

単なるカタログをページにしただけの内容に愕然

どのページを見てもある共通があります。

それは、まるでカタログのページをそのまま作り込んだECサイトである点です。

ここまで、駄目なページは駄目ですね。


化粧箱と、チョコレートがあるだけです。

「美味しそう」

「食べたい!」

「これをあげると嬉しいそう!」

などの、シーンがゼロです。

あれだけ、広告宣伝費を出しているのに、ホームページでは、まるでゼロ。

これでは、せっかくサイトに誘導しても、売り上げに結びつきません。

<わかった!マイクロコピー改善>

利用シーンを入れることで、しっかりとした売り上げ増につながります。できる限り、しっかりと商品撮影以外にも、予算があれば、売り上順に、追加コンテンツをすること。

2018年3月14日