記念品ストアー

履歴 TOPへ

営業時間案内
  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル日記
  3. 井上誠耕園調査。オリーブの日に見るマイクロコピー分析

 

井上誠耕園調査。オリーブの日に見るマイクロコピー分析



3月15日の記念日は、なんと「オリーブの日」でした。

その理由が、昭和天皇が小豆島へ来た際、オリーブの種を撒かれたことで、記念日を制定したようです。

さすが昭和天皇陛下であります。

 

さて、こうした中、キーワード「オリーブ」で検索すると、2つほど店舗が出てきました。

・日本オリーブ株式会社の「牛窓オリーブ園

こちらは岡山県にある会社で、おもにオリーブの化粧品を販売している大メーカーであります。

検索は2位という素晴らしさ。

そして、

井上誠耕園

こちらは、なんと小豆島で親子三代続く、まさに記念日ドンピチャリの会社であります

検索結果は10位又は11位です。

ですから、今回は井上誠耕園にスポットを当てて分析してみます。

 

 

調査・分析1 色の使い方などについて


まず、最初のクリックしたページがこちら。

エキストラヴァージンオリーブオイル  井上誠耕園

エキストラヴァージンオイルの説明ページであります。

最近のグーグルは、直接の販売ページではなく、こうした「辞書的な価値の高いページを評価」している傾向があります。

その点では、

「エキストラヴァージンオイルとは何? → 果実からの植物油ですよ」

「どんな人が栽培しているの? → 私達です(親子三代の集合写真)」

「栄養価は? → 悪玉コレステロールを減らしますよ」

などあり、その他、レシピや期間限定品販売など、素晴らしいページであります。

 

こんな素晴らしいページですが、すぐに、マイクロコピー改善ができます。


「カートに入れる」のボタンはオレンジなんです。

ですから、「ご注文はこちらから」のボタンは「黒ではなくオレンジ」に統一しないと、最終的に注文を進める上で迷うからです

そして、注文欄へ


見ればわかりますが、今度は「ボタン赤」になっております。

つまり、「ボタン黒」→「ボタンオレンジ」→「ボタン赤」と3ページ全て違う色です。

これが、マイクロコピー改善の「初級」なのですから、全くできていないのがわかります。

<わかった!マイクロコピー改善!>

ボタン色の統一など、色の使い方を、しっかりと意識して対応しよう。

 

<学んだ点>

よい点として、「季節限定」「今が旬」「大人気」「売れています」「数量限定」など、ボタン周りのコピーが素晴らしい。これは真似るべき。

この商品の特徴よりも、どのようにお得なのかが一発でわかりますからね

 

 

 

オリーブの日限定ランディグページを調査・分析


オリーブの日イベント2018年3月15日より  井上誠耕園

特設ページがありました。

分析してみましょう。

まず、素晴らしいページです。私が分析できるほどのスキルがありません。

「もう!合格だよね」

というレベルなので、とっても難しい。

そこで「秘技 舌打ちの法則」で分析します。

 

1:累計本数などおすすめ品がない

もちろん、緑果オリーブオイルがあるのですが、始めて来た人には、どれが一番いいのかわからない。

本来なら、この商品だけ買え!が一番いい

それほどのおすすめ品を1種類大特価で対応する。

「3月15日に2017年には何千個売れた!」

「累計1万個販売実績あり」

となれば、

コレ買うわ!

となるわけです。

 

 

2:3150円コースを設ける事

こうした記念日は、もっと話題を作ることが大切です。

せっかく3月15日というゴロあわせがあるなら、3150円コーナーを作るのが一番良い

まさに、マイクロコピーの真髄です。

例えば、10800円のコースが3150円で購入できる

というのがあれば嬉しいですよね。

このようなイベントでは、こうした「イベント風」が一番大切です。

 

 

3:ターゲット設定が同じページ内に


よくある間違いです。

オリーブ化粧品は「ターゲットが女性」なんですが、女性ユーザーにはokですが、もし、男性ユーザーが見れば意味がありません。

男性ユーザーの場合、ほぼ「健康志向」で見るでしょう。(私はそのように感じてみています)

つまり、ターゲット設定で、混在しているページになっています。

ですから、

・健康が気になる方はこちら

・もっと美しくなりたい女性の方はこちら

など、悩みに応じてページ作りをランディングページでしないといけないと思った。

あれもこれもあるのは、逆に購買意欲は無くす結果になる。

 

 

以上45分分析でした。

2018年3月15日

 


 

 

 

 

業界最安値記念品