記念品ストアー

履歴 TOPへ

営業時間案内住所
  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル日記
  3. 3月21日は「ランドセル」の日。マイクロコピー改善2サイト分

 

3月21日は「ランドセル」の日。マイクロコピー改善2サイト分


卒園・卒業記念品を販売しているため、入学関連のランドセルは、全く無関係ではありません。

小学校の生徒目線や、もっと大事な点は、親御さん目線が、どのようになっているのかを調べるためには、非常に重要な部分であります。

そこで、今回はその点も含めて改善案を調べてみます。

ちなみに、ランドセルの日の由来は、3月21日で「3・2・1」となっており、それを「3+2+1」として、合計6となります。

そう!小学校6年間なので小学校つながりです。

ですが、これなら「1月23日」(または12月3日)が一番良いと思いますね。こちらを新ランドセルの日として対応すれば、入学前が3月21日。1月23日が前キャンペーンとして予約日などです。こうしたアイデアが一番いいですよね。

 

 

2社の工房がランドセルで上位表示

単なるサイトではなく、どちらも歴史がある会社であります。

ランドセル職人が手作りする、土屋鞄のランドセル


土屋鞄製造所さんで、52年間作り続けております。なんと!社員数は183名。これは中堅企業並みの会社レベルですよ。ほぼ大手と言えます。

手づくりランドセルの鞄工房山本|奈良・東京


鞄工房山本さんで、こちらは47名で、奈良が本店で、東京に店舗もあります。

どちらにしても、手作り工房のオリジナル品となりますね。

 

 

土屋鞄ランドセルさんから改善研究

まず、問い合わせフォームからみてみましょう。


まず、いいなと思ったのが「必須」と「任意」です。

この違いがハッキリとわかり、とってもいいです。これは真似ます

ただし、マイクロコピーのノウハウとしては、フリガナいらない・メールアドレス2回確認いらない となります

 

その他、改善案としては、全体のレイアウトとして、連絡先です。


トップ下にフリーダイヤルとメールアドレスがあり、安心して連絡ができる形になっております。

しかし、これは非常にもったいなく、下だけではなく上にも必要です。


イメージを大切にしたので、あまりごちゃごちゃさせないのはいいですが、それは実は本末転倒です。

上下に連絡先をしっかりと明記することで、会社の信用度が増します

対応してみましょう。

 

・山本工房ランドセル

まず、見て驚いたのがこちらの問い合わせフォームです。完全にマイクロコピーのノウハウで対応しております。


見て下さい。

氏名ではなく「保護者名」となっておりますよね。素晴らしい

前の土屋工房さんと比較すれば雲泥の差になります。

 

次にこちらも、土屋工房さんと比較すると、ハッキリと差があります。


「男の子におすすめ」「女の子におすすめ」と、ターゲット設定が、しっかりとしたページになっております

当たり前ですが、こうした点の違いが、大きく売り上げの違いになります。

 

さらに、マイクロコピーを、しっかりと習得している形がこちら。


「クリックで切り替えられるよ」

というコピーです。

普通なら、こんな文章は必要ないと思います。しかし、これが無いと、ほぼクリックされませんからね。それが分かっているからこそ、あえて入れるコピーなんです。

 

 

まとめ

今回は2社の手作り鞄を調査・分析することで、何が不足しているのかわかりました。

特に山本鞄のホームページ担当者は、非常に優れていると思います(または外注先ですが)

2018年3月19日

 


 

 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

お電話・FAX・メール

お電話

049-246-1346

受付時間:9:00~18:00
(土日祝 休業)

FAX

049-246-1407

受付時間:24時間 365日
(土日祝は翌営業日の確認)

メール

kawagoe@3scom.com

受付時間:24時間 365日
(土日祝は翌営業日の確認)