記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. タイヤゲージの日でマイクロこぴー分析(4月7日

 

タイヤゲージの日でマイクロこぴー分析(4月7日


夏の新商品が追加され、そのため、マイクロコピーの勉強がストップしてしまいました。

実際にこうしたのが続くと、どんどんスキルが低下します。

 

4月7日の記念日は「タイヤゲージの日」という記念日です。

なんと!この日は、旭産業株式会社が勝手に独自の日と設定した日であります

翌日のタイヤの日にあわせ、前日の日にタイヤを測定して安全対策をしよう!と呼びかけるために対応した日であります。

または、単に旭産業さんの商品を売るために対応した日であり、本当に、勝手に記念日を設定した珍しい私企業のケースです。

 

今回は、そんなユニークな旭産業さんと、検索で出てきた、もう1社を比較しならが、マイクロコピーのノウハウを手に入れましょう。

 

 

調査対象

旭産業株式会社

大橋産業株式会社

 

 

マイクロコピー分析

まず、簡単に旭産業さんを分析してみます。

まず、大前提として、競争相手がほぼいないので、あくまでもサイトは「補助」的なものでしかないでしょう。

つまり、それほど真剣に対応しておりません。

例えば、トップページですが、なんと「トップページ」になっております

つまり、10年以上遅れているサイトを平然としているわけです。

 

そんな10年以上も遅れている旭産業さんのページ。

まぁ、それなりに立派で見やすいです。カタログを上手くHP上にしているという感じです。

 

次に大橋産業さんは、予想通り、この程度であり、トップである旭産業さんが、この程度であるなら、競争相手も、この程度のページになります。

マイクロコピーの勉強というよりも、業界内の力関係や、レベルの内容を分析し、トップがレベルが低ければ、競争相手も低いという、貴重な情報がとれました。

 

 

 

い合わせフォーム

さて、マイクロコピーのノウハウの一番は問い合わせフォーム。

見てみましょう。

 

大橋産業さんのページ。

シンプルでありますが、古いタイプであります。

マイクロコピー的に分析すれば、「意味なくフリガナ要求」があり、意味がわかりません。

もともと、あまり問い合わせ自体が少ないので、こうした流れがあります。

 

これに比較して、旭産業さんの問い合わせフォームは完璧。

無駄がありませんが、凡例を入れるのを忘れています。また、更にいえば、送信のボタンが古めかしい。

当店のように、6時間以内に返答します!などのRPがゼロと言えます。

 

 

 

2社を比較して真似る部分1点あり

さて、今回のタイヤゲージ。

学ぶべき点が1点ありました。

それがこちら。

大橋産業にはありませんでしたが、旭産業さんにはあるノウハウ。

タイヤゲージを使える車の種類を可視化しているアイコン

これはいい。

 

この方法は1発で、どの車に該当する商品であるのか、プロの視点でも非常にかかりやすいです。

 

 

まとめ

まとめとしては、どんなサイトでも学ぶべき点があり、分析は、時間があれば、趣味のように、しっかりと分析すること。

これしかありません。

さっそく、このアイコン手法を真似てみます。

2018年4月6日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間