記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. ストアー日誌
  3. 4月9日は「大仏の日」。驚く事に牛久大仏がNO1。マイクロコピー訓練

 

4月9日は「大仏の日」。驚く事に牛久大仏がNO1。マイクロコピー訓練


今日の4月9日の記念日は「大仏の日」です。

 

奈良の大仏が、天平勝宝4年に出来上がった事を記念してできた日であります。

私事ですが、2017年12月30日に奈良の東大寺へ行きました。

元旦前という事なんですが、相変わらずの海外からの訪日客が多いのに、驚きます。

日本人は少ないと錯覚しますね。

奈良の大仏さん。

たぶん10年以上ぶりでしたが、やっぱり良かった。

関東なんで、関西方面はやはり「旅行」になります。どこでもいいのですが、こうした貴重価値が高い世界遺産を見るのは、本当にラッキーな心になりますね。誰でも見れるのですが、実際に現場にいかないと見れませんからね。

 

さて。

当然、キーワード「大仏」で1位になっていると思ったら、違いました。

「え!」

と思い、逆に興味心身であります。

それが牛久大仏でありま。

牛久大仏

 

大仏とキーワード検索すると、なんと3位に来ます。

1位・2位がウィキペディアですから、実質1位です。

6位に鎌倉の大仏であります。(超有名)

そして、この鎌倉の大仏を凌ぐのが、地元の日の出町にできる宝光寺の大仏

変な縁で知りましたね。

 

では、さっそく牛久大仏のマイクロコピー分析をスタートします。

 

 

駄目ホームページの典型

完全に素人が製作したであろう「手作り感満載」のホームページです。

駄目ページと言っていますが、これはこれで味があります。

 

本来なら、良いページの駄目出しが、マイクロコピーの真骨頂なのですが、元があまりにも駄目すぎて改善しようがありません。

 

 

 

 

鎌倉の大仏ページを見て分析することに変更

さて、牛久の大仏ページが、あまりにも素人すぎるため、駄目出しができません。

そこで、関東圏ではNO1の鎌倉の大仏さんのページ。

鎌倉大仏殿高徳院

 

このページをみて、まずはアイデア。

<桜バージョン>

<新緑バージョン>

このデザインを見れば、何を真似するば一目瞭然。

構造建築物なので、PRとしては季節感を出すことが一番重要だとホームページからわかります

これは、最近の写真アップにも連動し、非常に重要な要素になっております。

 

このため、すぐにアイデアが出てきました。

こちらのメニューですが、

「お知らせ」「社会支援活動」「よくあるご質問」などです。

ここでみれるのは、

「春夏秋冬」という新しいカテゴリーを追加することです。

これで、このページを見た人はほぼ20%増の滞在時間になるでしょう。

 

 

あとは、境内の案内ですが、

こちらも、もっと見やすく・分かりやすくすること。

一番見るページであり、トイレやお土産や時間なども絶対に必要条件です。

他のお寺の境内ページを参考にして対応すれば、すぐに良いページが出来上がります。

 

 

その他は、

縦スクロールなので、この「▽」は良いです。

下も見るように指示です。

ただし、それなら中央揃えで統一したページデザインにすべきでしょう。

 

 

 

 

大仏の日のまとめ

今回は鎌倉の大仏のページ製作の変更点など、明記しましたが、他の大仏のお寺のページを参照するとことで、本質的な改善点が、しっかりと見ること可能になりました。

・季節感の演出=インスタ映え=訪日客の取り込み

となり、お寺にとっては、増収増益になります。

 

ぜひ、参考にしてください。

2018年4月9日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間