記念品ストアー

TOPへ

コロナ対策について

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. コンテンツ東京2019の展示会を見て感想

 

コンテンツ東京2019の展示会を見て感想


 

先週の4月3日から4月5日まで、東京ビックサイトにて、コンテンツ東京が開催されており、WEB関連の最新トレンドを見るためにも、時間を作っていってまいりました。

 

結論からいえば、動画・映像メインの展示会の印象

 

という感じがひしひしと感じました。

動画・映像などは、今に始まった事ではありませんが、それでも、その数の多さと質の種類には、やっぱり時代の変化を感じました。

 

単なる動画元年というわけではなく、多くの道具がネットを通じて、常につながって、スマホで見れる環境が当たり前となっており、映像もすでにコモデティとなっており、何の特別感がないのが特徴と言えます

それが展示会に行ってみると、そんな雰囲気があちこちあり、それが少し衝撃的でありました。

 

 

リッチコンテンツの強さや対応

動画などの映像は、今まではリッチコンテンツとしての立場でありましたが、それが、画像と同じように当たり前の価値しかないと判断できます。

その前でいえば、文字が当たり前の中に画像がありましたが、今では画像が当たり前で次に映像が当たり前という感じです

 

このため、動画がすでに

「それほど価値があるものではなく、当たり前にネットサービスで使う・使えるようにする」

というコンセプトがあるのが驚きと言えます。

 

これが2019年の春に見た感じでの驚きであり、一部では当たり前のようになっている事です。

ですから、こうした流れがある動画・映像について、ついてこれない感じがある場合などは、ハッキリ言えば、駄目だと思います。

 

当店としては、まだまだ、こうした流れがあるという感じで理解が出来ますが、多くのECサイトでは、こうした動画・映像が、当たり前であるという認識は、まだまだだと思いますね。

 

 

 

どうして動画・映像が必要なのか?

 

どうして、ここまで動画や映像が必要なのでしょうか。

それは、当たり前ですでにお客様とはコミュニケーション時代の流れであり、それは文字だけではなく、画像だけでもなく、動画や映像も、「ひとつのコミュニケーションノウハウ」であると言えます。

 

それは、すでにレコメンドなどのお客様の声が、サイトの中ではひとつのコンテンツになっており、そのために、こうした動画や映像も、多くがその他の価値程度に低下しているからであり、リッチメディアであるけど、実はもうそれほどの価値が当たり前のため無いと判断できます。

2019年4月8日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間