記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 店長日記の驚き。コスト以上に要求するお客様?がいる事

 

店長日記の驚き。コスト以上に要求するお客様?がいる事


記念品ストアーでは、沢山のお客様が来るが、それはプロもいれば、素人もいる。

そんな中での、トラブル事例。

 

まず、大前提として、当店は民間法人であるため、商売をしているのは「利益追求」が大前提となる。

それは、赤字では仕事をしないという事である

 

当たり前すぎて、書くのも恥ずかしいのであるが、この大前提がわからない人が、けっこうな割合で問い合わせてくる。

それは仕方がない事であり、都度ごとに断る。

 

その断り方も、メール1回で数秒で断らないと、「断るコスト」が膨大となり、この行為も赤字となる。

なんでもコストが発生する。

 

 

さて、今回は、こんな内容であった。


【商品情報】商品名:スタンダード ステンレスマグ

商品番号:31759(40)

数量:100

ページ:https://www.3scom.com/retirement_gift/7916.html

<確認>1色のロゴマーク名入れ印刷あり

(名入れ情報:正面ワンポイント横31*高さ45mm)

納期目安:3週間以降

商品価格 100個×182円 = 18,200円

名入れ代 一式 = 11,000円

名入れ版代 9,000円 = 9,000円

送料 1箱×1,080円 = 1,080円

————————————

総額 39,280円(税込) ※この金額は概算です


 

総額4万円程度の内容である。

単純計算すると、8千円の利益が発生する。

(4万円×20%=8千円)

 

これがもし、オリジナルの名入れ行為ではなく、単なる商品の販売であったとしても、それほど良い仕事ではない。

つまり、普通の仕事である。

 

 

この1万円未満の利益の中で、プロが出来る行為は非常に限られる。

それは、お互いプロ同士であれば、何が出来て・何が出来ないのかが一瞬でわかる事だ

 

 

それが今回の方。

プロと判断して対応したが、全くの素人対応で驚いた。

 

内容はこうだ


こちらはデザインが出来ないので、それらでデザインして下さい。

無料です


 

もちろん、こう行為自体は良いのだが、本来、先ほどからプロ同士でわかる「常識」で、出来ない事が瞬間でわからないのだ

 

このため、こちらは完全データのみしか対応できないと伝えているのにも関わらず、執拗に無料での行為を伝えてくる。

これには少しビックリだ。

 

仕方がなく、今回、このお客様には、当店とは取引が出来ない旨を伝えた。

そしたら。

 


出来上がり見本のイメージも作れないでよくそんな意見が言えるものだ。

何が出来てくるかわからない様な所に依頼が来ると思っているのか?

怪しい日本語対応も不信材料であり、

取引はこちらから断る。

一般商取引の常識がない事があんたには判っていない様だ。


 

との返答。

これにはビックリだ。

 

よく調べてみると、ホームページすらない個人程度。

やはり、個人だと、社会常識がない人が多いと悲しい判断。

 

もし、これが組織人であれば、こんなメールを返答した時点で大問題。

タダであれこれ指示を出す非常識人として、組織内で問題となる。

 

出来る事・出来ない事を、全くわからい素人が、仕事を依頼してはいけないからだ。

組織のブランドイメージを低下させる行為そのものである。

 

 

今回、学んだのは、やはり素人相手では、オリジナル記念品など作れるノウハウやスキルや「社会ビジネス常識が欠落」していると、改めて思った。

2019年6月7日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間