記念品ストアー

TOPへ

営業時間案内 住所
目安
  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 映画「フォードvsフェラーリ」を見て感想
このページを印刷する print

 

映画「フォードvsフェラーリ」を見て感想


映画「フォードvsフェラーリ」を見てきました。

なかなか良い映画です。

同時期にあるスターウォーズの100倍面白いですからおすすめです。

 

何が良いかと言えば、やはりこれは「フォード社」の実は物語で、2人の主人公の物語ではない点です。

2人の役者はあくまでも脇役で、今の現代でも通じる「大企業病」の典型を、ルマンの物語になって贈っている内容が素晴らしいと言えます。

 

 

フォード社の大企業病とは

アメリカの会社であっても、日本のような忖度が横行しているのが馬鹿ウケなんですよね。

古今東西ある大組織における忖度映画としては、けっこう見ごたえがあり、その中でやはり、今回のような異能な人が、最終的に「伝説」になり、その他大勢の人が、結果として単なる物語の一部になるわけです。

 

エンジニアとドライバーの関係はよくある、ヤンチャな人達の集まりであり、流石アメリカという感じで、日本では、どうしてもこのタイプであると、少年や少女がメインとなる「くだらない内容」が多いですが、それがハリウッド映画となると、「大人の男」を主人公に持っていく所が見どころがありました。

 

 

マッドデーモンの良さ

この映画は、当然、2人の主人公が良いのですが、マッドデーモンは、相変わらず良い演技です。

このままいけば、ハリソンフォードのような大器を見たい感じがあり良かったです。

 

そもかく、このジョーカー以来の良い映画でありますので、非常におすすめであります。

2020年1月18日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間