記念品ストアー

TOPへ

コロナ対策について

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 映画「リチャード・ジュエル」を見て感想

 

映画「リチャード・ジュエル」を見て感想


 

映画「リチャード・ジュエル」を見てきましたので感想にて。

 

他の映画と比較すると、全く冴えない映画であります。

主人公がイケメンでもなく、有名俳優でもありません。

こうした映画は、糞か素晴らしいかのどちらかであります。

 

まず、結論からいえば、見る価値はあり、いわゆる2時間は無駄ではありません

 

内容が実話でありますので、その点も含めて良い感じであり、今わかった事は、監督はイースト・ウッドさんでありました。これは凄い。

 

さて、

どの方も感想は同じでありますが、母親役のキャッシーベイツは流石でしたね。

実力のある女優さんですからね。

 

全体として、古きFBIとマスメディアの悪い部分がありますが、これは日本も似ている感じがあり、仕方がないでしょう。

また、もともと、大学の学長の一言で犯人扱いされるシーンの方が、より「暗い現実」であり、太っている程度の内容では問題ありません。

 

ともかく、こうした映画は、観客動員数とか全く別であり、映画の「中身だけで判断」する内容です。

その意味では、映画館で見る必要性はありませんが、見る価値がある映画ではあります。

2020年1月25日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間