記念品ストアー

TOPへ

コロナ対策について

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 映画「犬鳴村」を見ての感想。評価35点

 

映画「犬鳴村」を見ての感想。評価35点


 

映画「犬鳴村」を見てきました。

日本のホラー映画の評価はどんなものか、見ればわかりますので。

評価として35点。

低いですね。

その理由について、書かせて頂きます。

主役の三吉彩花さんがダメすぎた

 

ホラーの映画を見に行くのが動機であり、美人のモデルを見に来たわけではない。

この映画を見た人の4分の3はそう思ったであろう。

三吉彩花

 

ホラー映画と美人はセットなので、仕方がないけど、それを主役になら、演技力以外にも、やはり「経験」が何よりも重要であり、こんな素人を採用した監督の原因である。

 

つまり、こんな素人を主役にする時点で、この映画が「終わっている」事になります。

この方の演技が良い・悪いとか言っているのではなく、この映画の「ホラー感」を出し、その上での恐怖を体験させて「同化」するのには、この方はふさわしくないのであります。

 

後半で、赤ん坊の子孫となるから、美人であるのは自然ですが、それでも、ずっとこの人の目線で続くドラマなので、やっぱりダメでした。

見ていて、何の恐怖も同化できず、この時点で50点以下となりました。

 

 

人間ドラマ過ぎて、後半はホラー映画よりも人情映画に

この犬鳴村のオチは単純であります。

犬と娘の間に生まれた子供が、その呪いで死ぬという点であります。

後半、それがCGで見るのですが、本当に駄目なんです。

 

そんな犬化したお化けなんか、もうすでに恐怖ではなく、お笑いのレベルでした

 

このため、こんな程度もわからない内容の恐怖を、メインとした映画であった時点で、すでに恐怖よりも、くだらないホラー映画となっており、つまらないのであります。

 

もちろん、物語としては、恐怖よりも「人情としての家族」がメインであり、そのエスパー的・霊的な能力がある事がメインとなっておりますが、その点を誰も共感出来ない部分があり、ホラー映画よりではない側面がありました。

 

 

飛び降り自殺シーンが一番怖い件

この映画の中で一番良かった点がありました。

それが鉄塔からの飛び降り自殺シーンです。

 

このシーンだけは素晴らしい。

特に、スマホをかけながら、そのスマホの音声と肉声が同時に目の前で「同化」して、目の前で自殺した人が死ぬシーンは、とっても素晴らしい「恐怖体験」でありました。

 

実はこうしたホラーシーンが一番の見所であり、くだらない、お化けが出たシーンなどは、全くCGの世界で、誰ひとり怖くないのであります。

作りものですからね。

 

これに比べて、自殺シーンは、ゼロではない日常なんですよね。

ですから、交通事故のようなゼロではない死のシーンが一番良かったです。

2020年2月15日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間