記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 2020年4月のマスク卸価格は単価60円から90円が相場に

 

2020年4月のマスク卸価格は単価60円から90円が相場に


コロナウイルスの感染予防のため、マスク不足が続いております。

日本では日常化した流れですが、2月25日頃から中国の生産工場が稼働しており、その影響で多くの輸入商社が、マスク生産を本格化。結果として、マスク不足が解消の道が見えてきております

 

 

2020年4月中の販売単価は税込み1枚が60円から90円位が目安(高値圏)

各輸入商社は、独自に中国工場へ注文をスタートさせており、4月納品は一般化しております。このため、各企業間で単価競争も起こっており、相場として、2020年の4月中は、

 

1枚税込み60円から90円が相場として高値圏が適正

 

と判断しております。

各企業の購入担当者としては、1円でも安く手に入れる事が重要であります。ですから、この相場感覚を持つ事で、適正単価であるかどうかの判断が出来ます。

 

また、当然ですが、安い単価ほどすぐになくなります。このため、1枚80円・90円であっても、ある程度の割り切りが必要です。

 

 

原材料が「5倍」から「10倍」になっている不織布素材

国民生活安定緊急措置法が施行されておりますが、実は大きな問題があります。

それが原材料の高騰です。

世界的なパンデミック状態であり、中国・日本・韓国などのアジア圏が猛威を振るっている段階で、その前であさえも5倍の素材価格値でありました。

 

 

こちらは2月のドラックストアーのチラシでありますが、

 

不織布マスク458円(税込503円)

 

となっております。1枚8円です。

それが今や10倍程度の価格になっておりますが

 

原材料が5倍以上10倍以内となっている状況では、昔の安値なんて、とうてい無理な話なんです。

 

過去の単価で、過去の品質でドラックストアーが販売するのは、コロナウイルスが沈静化する1年以上程度だとなります。この原材料の高値について、知っているのと知らないのは天地の差になります。

 

あと、

マスクは100%輸入品です

このため、円高であればあるほど安く買えます。今の円安傾向など、仕入れ値はどんどん高くなります。

<例>

1ドル=100円=100円で買える

1ドル=110円=110円でしか買えない

となり、円安になればなるほど不利です。まして、100円以下の商品なので、もっとも影響が受けやすいと言えます。

 

 

今回の300万枚は上場企業が対応

下記のようになります。

上場企業の商社が、輸入したものなので、安心して購入が可能です。

 

(2020年3月20日現在では残り90万枚で終了です)

 

販売する側も、実際に入荷してこなければ大変です。その点では安心して販売できます

 

ただし、当店は仕入れの立場なので、利益を加算して販売しております

よって、当店より安く販売した所があっても、すでに売買契約が済んでいる場合は、依頼キャンセルとしております。株価の相場と同じで自己責任にて購買担当者はお願いします。

 

 

1億枚のマスクが港にある現実

これは業界内の噂ですが、すでに日本の港には、「1億枚のマスク」が船や港にあります

では、なぜ、それが市場に出回らないのかは、

 

商品が医薬部外品

 

であるため、申請をして許可があるものしか入荷出来ないからです

これは当たり前であり、仕方がない事であります。口元なので、医療調査をパスしないと販売できなく、医薬部外品であっても、輸入したメーカーが不具合があれば責任をとる必要があります

 

ただし、今回の騒動で、怪しい会社が勝手に数十万枚、中国の工場から購入して、そのためアタフタしているのです。それが集まると、1億枚のマスクが港にあるということは、想像できる範囲です。

 

 

中国工場のブローカーから怪しいメール。100万枚40円が原価?

 

マスクを企業様へ販売していると、こんなメールが届きます。

100万枚:40円

200万枚:38円

 

 

これで、現地の中国工場の「仕入れ値」が判断できます。利益をのせていると判断しても、

 

100万枚:単価30円。総額3千万円と計算できます。

 

3千万円あれば、中国のマスク製造工場に注目して、100万枚手に入れることが可能なんだとわかります。ですから、先の日本の港に1億枚のマスク(3億円分)が、漂っているというのは、あながち嘘でもない感じです。

 

孫さんの発言は有名ですが、各病院へ寄付するなど「30億円」位ばらまかないと、たった3・4千万円の買い物でしかないと判断できます。

 

 

競争するので自然と高額転売など夢の話

消費者の中には高額転売が無くならず、横行すると勘違いしておりますが、これはもう起こりません

理由は、1円でも安く売ったほうが売れるからです

すでに、業者間取引では、不思議な現象があり

 

・1円でも安いところへ集中する

高くても怪しいところから買わない

となっております。

 

ちょっと矛盾しているのですが、1枚55円で販売している販売サイトも知っておりますが、あまり売れておりません。理由は、単純に全く関係ないファッション店であったり、モバイル店であったりして、それに何千・何万枚と購入する法人担当者がいないのです。「安かろう・悪かろう」だと判断しております。

 

つまり、

すでに「安くて良い所・安心して買える所しか、法人は大量に買わない」という購買心理になっており、大手になればなるほど、販売は有利なっております。当店のような零細店舗は、今だけであり、あと30日後には、全く歯がたたないと予想されます。

 

ですから、健全化しております。当店が今だけ売れるのは、あくまでもスピード感だけです。

 

 

日本製マスクはどこへ?感染被災地や上級国民へ

法人向けのマスクは着々と、「安かろう・よかろう」路線で価格・品質共に、すでに右肩上がりです。この流れは、今の4月・5月までは続くと予想されております。

 

さて、ここで疑問。

日本製メーカーのマスクはどこへ?

この答えについては、ある筋では、当然如く、感染被災地へと流通しております。

北海道などのクラスターが発生した地域の病院や学校関連、そして、全国の病院関連です。まずは、この「感染被災者」へ流通させることが第一目的なので、ここへ流れます。

 

このため、ドラックストアーやコンビニに並ばないのは、このためです。

当然、政府が管理・運用しており、大手ブランドメーカーになればなるほど、その管理と運用は厳格になっており、一般の人への流通が少ないのはこのためです。

 

また、良く言われる「上級国民」への配布も、この中にあり、いゆある「上級公務員」も、この中に含まれております。国を管理する政治家や官僚、地方自治体や、消防・警察なども含まれます。

政治家の「人徳」からすれば、少し非難の対象になりますが、消防や警察などは仕方がないのです。

 

 

 

高機能マスクは入手は困難。手作りマスクでも良い件

マスク不足は4月・5月続きます。

また、従来なら1枚6円程度の「生活コスト」で良かったものが、1枚60円では、生活費に大きく影響します。まして、これから短期の景気後退になるので、生活費は切り詰める事が必要です。また、使い捨てマスクは「もったない」の精神からもおすすめしません。

 

使い捨てマスクが良いのは、あくまでも高機能マスクで、私も使っている不織布三層マスクは、花粉症は予防できますが、コロナウイルスのようなミクロサイズは感染予防が出来ません。

よって、簡単な予防効果を予防対策なら、あえて三層不織布マスクに頼る必要がありません。

 

 

マスクを販売はしておりますが、コスパからいえば個人で購入・活用ならこれで良いと判断。

法人のように、従業員用対策なら、仕方がないけど、今後、数ヶ月先は、このレベルで十分と判断します。

2020年3月20日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間