記念品ストアー

TOPへ

営業時間案内 住所
目安
  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. イズミヤがマスク50枚を1枚88円で販売
このページを印刷する print

 

イズミヤがマスク50枚を1枚88円で販売


 

マスク販売について、とうとう、一般小売店について情報が上がりました。

 

マスク50枚「税抜3980円」が話題に 販売するイズミヤ「原料費が高騰しており、どうしても高くなってしまう」  J-CASTニュース

 

零細企業の当店が、何を伝えても全く発信力が無いのですが、関西を中心としたスーパーマーケットである「イズミヤ」さんが、当店の定番である不織布マスクを50枚1箱を税抜き3980円で販売したのが話題となっております。

 

税抜3980円=税込4378円=1枚88円

 

となります。

 

所詮、スーパーなので今の時期では「適正価格」だと思います。

ですが、「高いのではないのか?」という一般消費者の声があります。

 

また、対応したのが2000箱で合計で1万枚程度です。

 

そして、大事な点は、この仕入れ担当者も伝えているように

 

原材料が高騰しており

 

という一言です。

これは当店が伝えているのですが、なかなか信用されていない情報ですが、イズミヤさんが「証言」してくれた事で証明されました。

 

中間流通コストや宣伝費・人件費が無い業界販売

3月23日に発表したマスク

 

<4月下旬納品予定>使い捨てマスク1枚65円

 

こちらの大きな理由は、すでに業者間で競争がスタートしており、この程度の「マスク品質」であれば、通常の業務内容で展開できると判断したからです。

 

また、当業界は、

 

・無駄な中間コストが無い

・スーパーなど比較して宣伝費が無い

・高額な人件費で運用していない

・プレゼント用(店頭販売用ではない)専門

となります。

 

単純にコストがかからないのが大きな理由ですが、特に「プレゼント用(店頭販売用ではない)専門」が大きく、社内用に使う程度なら、

 

・無駄な店頭POP

・無駄な販売店員

・無駄な在庫

・無駄な販促活動

 

がないため、非常にコスト減で対応可能です。

 

このためマスク販売実績として、大きな力があります。

 

東日本大震災時と同じ想定でマスクを販売している業界

当業界は、今から9年前。

東日本大震災時には、「防災販売店」となりました。

もともと、記念品として防災品を販売していた経緯があり、そのため、防災専門店ではないのですが、バンバン売りました。

 

この経験から、今回も、マスク販売店ではないですが、マスクをバンバン売ります

 

これが他の業界と比較して全く違うノウハウです。

 

多くの店舗は、自分の領域で販売しておりますが、当店は記念品として扱うものがあれば、それは「店舗備蓄品」となりますので、今回のコロナウイルスで、企業側が「備蓄品」として認識しているのであれば、対応しております。

また、各商社間での「自主競争」があるため、縛られずに、どの商社対応でもいいのです。

2020年3月24日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間