記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. アメリカがマスク争奪戦に参戦した結果、意外な素材が不足へ

 

アメリカがマスク争奪戦に参戦した結果、意外な素材が不足へ


 

結論先に

 

「アメリカがN95マスク購入のために、特殊フィルターが「3倍近い需要」で買いあさり、ドイツとフランスも参戦した結果、中国マスク工場で操業が停止。4月20日頃から生産がいったんストップです。」

 

 

日本人向けの三層不織布マスクは余りぎみでした

今日、マスク輸入商社と打ち合わせをして、先週の4月4日頃のアメリカ政府のマスク購入宣言がありました。

 

このため、商社の方から、

 

「アメリカのN95マスク系マスクの需要が高まり、中国のマスク工場では、不織布ではなく、中に入る特殊フィルターの価格が「3倍需要」となりました。」

 

「結果、それに驚いた、フランスが10億枚ドイツが3億枚を更に要求し、この特殊フィルターの「争奪戦」が、4月4日の土曜日からスタートしました」

 

とのこと。

 

本来、日本向けの不織布三層マスクは、花粉症対策向けが多く、

「不織布+特殊フィルター+不織布」

となっております。

この程度の内容であります。

これで花粉症対策が可能な「BFE99%カット」となりました。

 

 

こうした中、上の表にあるVFEと同じレベルより高い「N95マスク」。

このレベルでの内容を見た場合、特殊フィルターの仕入れが重要になるとの事です。

 

 

4月20日から生産停止。その後は5月までわからない

こうした事から、4月18日までの生産計画までは全く問題ない状態でしたが、4月20日以降の中国のマスク工場は、特殊フィルターの在庫がなくなるため、いったん停止に。

 

5月上旬まで、マスクの生産計画がみえないとの事です。

 

多くのマスクメーカーは、素材である不織布については、あちこちで情報がありましたが、特殊フィルターについては、今回が初めての内容となりました。

2020年4月7日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間