記念品ストアー

履歴 TOPへ

2017年の夏扇子は不良品対応5%で

企業にしても個人様にしても、オリジナルの1色印刷については、最低限の品質をメインとするため、2017年の夏も不良品対応分については、しっかりと対処していきます。また、竹素材である点も当たり前ですが、しっかりと認識して頂きたいと思っています。

一部のお客様のクレームを、全体の良質なお客様に対応しないための措置であります。これにより、生産性が向上し、低コストで夏グッズを展開できるものと考えています。

goriyou2017年の夏もお願い




夏のオリジナル人気グッズとして「扇子」は、当店において非常に一押し品となっており、実績ベースでも、他のクーラーバッグや熱中症対策品よりも、多くの納品している形になっています。更に「より良いサービス」を目指して、名入れ印刷の自動見積もり機能を強化して、更に使いやすくなり、総額コストもすぐにわかるようになりました。長年、記念品を販売していますが、今年が一番安く製作できると思います。

ただし、問題があり、安く作るためには、今までのような過剰なオーダーメイドサービスを展開できないため、下記の画像のような「名入れ印刷」により不良品認定を緩めることになります。具体的には、下記の画像のような部分は「良品」として対応します。

 

resize_DSCN1230 resize_DSCN1231 resize_DSCN2215
扇子の竹部分は、自然のためてこぼこしているのが普通であり、名入れ印刷は勝手にしているサービスのため、クレームの対象外になります。ツルツルの商品も多数ありますが、中にはあるため、了承のうえ、名入れ印刷のオリジナル製作をします。販促品であるため、全くダメなもの以外は、このルールにてお願いします。

 

qa25%対応分ルールについて




記念品における販促品扱い商品なので、扇子については、あまりにも杓子定規ではダメなので、不良品認定分が出ると予想し、5%をお客様負担で対応するようになりました。こちらは「選択」できますので、多少の凸凹があって、名入れ印刷もOKという形はありませんが、どうしてもクオリティ重視という形であれば、適用ルールとなります。夏の記念品として、どのような形で展開するかで判断し、お客様の判断で対応します。

2017年4月1日