記念品ストアー

TOPへ

コロナ対策について

【名入れ最短納期】10月13日(火)
【商品のみ最短納期】9月18日(金)午前中までのご入金で9月28日(月)以降です(本島の場合)
祝日になってしまうので敬老の日には間に合いません

  1. 記念品ストアー
  2. 人気ランキング
  3. 令和フィーバー終わり。本物しか残らない

 

令和フィーバー終わり。本物しか残らない


 

そろそろ、令和グッズフィーバーも終わります。

その理由はアクセス数であります。また、すでにあちこちに令和グッズが溢れており、販促品である令和品は、まだまだ少ないのですが、それでも、余っているほどであります。結果的に令和グッズで生き残るためには、ある程度「本物の令和グッズ品」しか生き残れないでしょう。

 

ただ、記念品ストアー自体のアクセスが少ないサイトなので、まだまだ、令和グッズ関連の人気が高く、結果として、ランキングの上位品は常に令和グッズで占めております。ですから、これが、全く令和グッズがランキングに入らない形になるまでが、令和グッズが終わったと言えると思います。

 

そして、今回の事で、いかにオリジナルティを発揮するのかが重要であるかを示しました

それは令和グッズ関連で大手1社しか対応しなかったわけであり、結果として、その競合相手である大手1社はまるっきり流れが無いというものでした。ですから、流れの変化は小さくても、少なからず対応しなければいけないと判断できます。

 

さて、いつもの動機一覧です。

 

動機
プレゼント
イベント用
ノベルティーとして購入
会社のプレゼント
イベントの参加賞・景品で使います。
店舗で使用したい
お客様へお配りする景品
5月のイベントで配布するため。
粗品としてお客様にお渡ししたいため
イベントにて
イベント

イベントでお客への配布する。

 

イベント
ノベルティーとして
5月26日のイベントでプレゼントしたい
イベントでプレゼントしたい

安全大会景品

 

見てみると、簡単な「イベント」といのがあるだけであり、中身は少ないのですよね。

もっと具体的になるようにしなければいけないと判断できます。

2019年4月24日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間