記念品ストアー

履歴 TOPへ

押し売りのような記念品サイトの現状と改善

qa2売れる記念品の改善点


まず、お店側は、記念品を販売するに当たり、こう考えています。

「売れないのは高いからだ」

「売れないのは良い商品がないからだ」

「売れないのは、○○のせいだ」

となるわけです。 こうした分析は非常に間違いであり、実際にはどんどん売れている記念品のネット販売サイトもあります。

当店は売れていないサイトの代表例ですが、他の部分で責任を出すのではなく、実際には押し売りのような売り方をしているからこそ販売が出来ないのです。こうした本質を見つけると、改善点が見えてきます。

 

記念品名入れのおすすめは?売りたい記念品を販売していない


 衝撃的な部分ですが、これが本質です。

特にインターネットのネットショップでは、この本質があり、数万点商品があれば、実際に目にする記念品はその千分の一程度ですから、いかに多くの記念品が埋もれて、売りたい商品をうれていないのかがわかります。

サイトを改善すると、4年前の非常に人気がある商品を一度も改善していないことがわかりました。これでは、当然のごとく、当たり前に販売できないない状態になるわけです。結果として、ページを作ることが目的であり、実際に手に取るお客様の事は二の次になっているわけです。

さらにいえば、改善をお店側でしてるだけが原因であり、本来ならお客様と対話しながら展開しないといけないのです。

もし、リアルのお店なら、お客様の目線をきにしながら、毎日改善するわけです。それが出来ていないわけですから売れないわけです。

 

takumi2 お客様の手を借りるIT化


 改善すべき点としては、色々と試行錯誤しながら対策しなければいけません。ですから、お店側の押し売りのような情報提供ではだめなわけです。

このため、改善点としては、お客様の手を借りて改善できればと思っています。

こうした中、当店では「自動の更新システム」を展開したいと思っています。

自動の更新システムとは、お客様がクリックした状態で更新をお客様の手によって対応する新しいシステムです

これは非常にエキサイトです。

実際に商品の入れ替えを見てみると、本当にニーズが毎日コロコロと変わりますので、凄いみているだけで、「こんな記念品を探しているのか!」と驚く毎日になっています。

こうしたIT化によって素晴らしい中身がになりますので、ぜひ、どんどんと改善していきたいと思っています。

2016年5月31日