記念品ストアー

履歴 TOPへ

男性のおっさん「しかいない」展示会では何がプレゼントでいいのかまとめ

東京ビックサイトでは、年間で数百件の展示会が行われています。今回行ったのは、2016NEW環境展という、なんだかふわっとした感じなのですが、中身は、中年のおっさんターゲットの展示会です。

理由は簡単で、展示会のメインが、土建関連の重機やその他関連のためです。結果として全く関係がない人が行くはずもなく、若い女性はコンパニオンのみであり、その他は男性がメインです。多くの展示会も男性がメインなのですが、こちらはビジネス的にも女性が多くいないために、男性が多いです。

では、どんな来場用記念品がメインとなっているのか、調べてレポートします。

 

resize_DSCN8046
 

まずは、色々とお洒落な感じでは「ピン」とこないので、どうしても「わかりやすく」なります。

そうした中、おっさんの特性として、右向け右で、沢山のバルーンがあちこちにあります。頭やセンスが単純なので、良いか悪い判断しないで行く傾向があります。「部長が決めたから変更できない」というタイプになりますね。


基本は、どの展示会も同じですが、荷物対応のためのバッグがメインとなります。

お洒落な感じのバッグも沢山ありました。これは意外な感じもありますが、工業用デザイナーがいるため、おっさんレベルでは理解不能ですが、センスだけは一般レベルより上になります。

ただし、こうしたデザイナーはほぼ「外注」になるため、社内のスタッフではない可能性もあります。




展示会での来場キャンペーンでは、おっさんいふさわしくないキャラクターとして、着ぐるみのオリジナルキャラクター。誰も子供のようにワイワイするわけではないので、何の為にあるのか不思議です。

ブランドイメージ向上のため、オリジナルキャラクターを作ったはいいけど、結局はおっさんばかりなので無用の長物になっている。


さて、どんな記念品がよいのか見てみましょう。

基本は実用性が高いものがよいです。うちわとかタオルです。



こうした粗品は、実用性が高いので、非常に喜ばれる形。ボールペンなどの沢山あるものではなく、あれば少し嬉しいが基本です。

そうした意味では、ターゲットのおっさんいあわないお洒落なアイテムはだめかもしれない。


なかなか現実は難しいけど、マニュアルとおりではだめですが、ある程度の法則はある感じだとわかります。

2017年6月3日