記念品ストアー

履歴 TOPへ

リオオリンピックの記念品のプレゼントが話題に。備えよう!東京オリンピックに

toiawase
 

表彰台でもらった「歯ブラシ台」騒動




リオオリンピックが開催されていますが、その中で、体操選手が、表彰台でもらった記念品を、歯ブラシ台によいと発言し、話題になっています。

 


 

気持ち的にウキウキ感であり、そんなに悪気はなく発言したのですが、オリンピックを盛り上げる部分としては、別に悪くないのではないでしょうか。こうした話題は、少なからずあったほうがいいわけであります。

 

今でも「IOCによる商業主義的批判」がすでにあり、2020年東京オリンピックと言うのはアウトという、とんでもない勘違いがあり、オリンピックをどう盛り下がるのかを必死になって対応しているからです

これには寛容な日本人でさえ、大きな不満であり、ブーイングがかなりあります。

 

さて、こうした中、当店、記念品サイトとしても、2020年を盛り上げるように、少なからず手伝いが出来ればと思ってます。

そこで、無許可ですが、2020年の東京オリンピックのエンブレムマークを、どんな感じで出来上がるのか、素人レベルで対応してみました。

 

 

DSCN2420 DSCN2418
DSCN2429DSCN2428
DSCN3939 DSCN3935
DSCN3917 DSCN3915
DSCN2434 DSCN2432
 

パッと見た感じ、どうでしょうか。

最初は「葬式のマークみたいだ!」と騒がれましたけど、実際に名入れ印刷の記念品として展開してみると、これはなかなかカッコイイと思いませんか?

 

公式エンブレムなど、リオオリンピックで公式スポンサーになっているトヨタ自動車しか使えませんが、果たしてどうでしょう。

もちろん、商売として対応したらアウトですが、個人レベルで盛り上げるという点では、日本人ひとり・ひとりが草の根で対応しなければいけないのではないでしょうか

 

記念品の製作をしていると、本当に必要なことだと思います。

 

2017年6月3日