記念品ストアー

履歴 TOPへ

国民栄誉賞の歴代記念品一覧プレゼントまとめ

takumi2
 

どんな記念品が贈られるのか調べてみました

 




 

伊調選手が国民栄誉賞決定となり、会見で「和服がほしいなぁ」となり、一気に

国民栄誉賞って、記念品がもらえるんだ」となりました。

今時のオリンピック選手らしいハキハキした感じであり、昭和の時代からすれば、遠慮とか謙虚とか、日本人の美学みたいなものがなく、それはそれで世界の中の日本の時代ということで、よいかもしれません。また、女性ということも、今の時代を映す鏡のような感じでしょう。

 

さて、伊調選手が、記念品をもらいたという事で、歴代の国民栄誉賞の方は、実際にどんな記念品をもらったのでしょうか。

調べてみました。

 

まずは、内閣府で国民栄誉賞って何?という点。

国民栄誉賞について – 内閣府

基本は「この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする」となっており、内閣総理大臣が授与するものです。

昭和の時代は、ほぼ「本当に選ばれた一部の有名人」がメインとなっていましたが、今では与党の政権人気のために乱発するタイプにも使われて、平成の価値は低下していると思います。

 

まず、一番近場の22番目・23番目の「長島秀雄と松井秀樹」さんの場合は、黄金のバットでした。

 

11
『長嶋茂雄&松井秀喜 国民栄誉賞授賞式』 [水道橋]のブログ・旅行記 by 4someさん

野球ファンが多いですが、こうした写真は今よりも多くありますね。

 

次に20人目で、同じレスリングで同じ女性で「吉田沙保里さん」は「黄金の真珠のネペンダント」でした。

 

12
 

吉田に国民栄誉賞授与 13ミリ金色真珠に感激 ― スポニチ Sponichi Annex レスリング

吉田選手は授賞式に和服ですから、女性が高い和服を言うのもうなずけます。

 

 

次は、さらにまたまた女性です。男性はいつになるのでしょうか。19人目となりますが、

サッカーのなでしこジャパンの団体での受賞です。記念品は化粧筆7点セットです

13
本体それぞれに名入れ印刷をしています。この時期は、日本の伝統工芸品として、世界でも認める筆の細かさが、世界逸品として注目がありました。その上で、少し女性よりにもなりますが、こちらに決定しています。

 

 

さて、昭和の時代の国民栄誉賞の方々はどんな感じなのでしょうか。

黒澤明さん 国民栄誉賞の盾のみ

美空ひばり 国民栄誉賞の盾のみ

寅さん 国民栄誉賞の盾のみ

14
 

基本は賞状と盾が1セットになっており、さらには、昭和時代の多くは、亡くなってからもらうものが多いのが見られます

さらに、当時の日本人は、「国民栄誉賞なんて!わたしがもらうのは本当におこがましい」という気持ちが多く、生きている時にもらえる人など、過去の受賞者から比較して、「とんでもない」という気持ちが多かったと思います。

ですから、受賞時代が「記念」となっており、記念品は平成の時代になってからの政府の流れだと思います。

 

昭和の時代は、平成の時代と比較して、まだまだ日本が伸びている時期であり、平成のような停滞感がないものです。

昨日より明日が希望が持てた日のため、それこそ、記念品など必要ありません。

しかし、平成の時代は、記念品などの「姑息さ」がないと、明日への希望が無い感じにプラスしているかもしれませんね。

 

 

2017年6月3日