記念品ストアー

履歴 TOPへ

先週(7/9~7/15)は102件の見積もり依頼がありました

 

卒業記念品製作で「12月でやるべきこと」とは?


卒業記念品製作は、卒業の3月にむけて対応しますが、毎年、色々なお客様からの問い合わせや要求を見ると、

「これは今のうちにしないと駄目だな」

と思う点があります。

当たり前ですが、当店は卒業記念品製作のプロですから、あれこれとわかりますので、ご説明します

逆に、ほとんどの方は素人なので、「え!知らないよ!」といのがありますので、お伝えします。

 

 

記念品の在庫は常に変動します

ちょっと考えれば当たり前の事ですが、人気の記念品は常に狙い目のため在庫が変動します

更にいえば、安くて良い記念品から無くなります

 

何度もいいますが、当たり前なので、いちいち伝える必要性がないと思うのですが、だからこそ、勘違いしている人も大勢いて、「え!完売したの!」「え!欠品しているの!」となります。

 

特に安くて良い記念品は、何も卒業記念品だけで設定しているわけではありませんので、良くあるミスとなります。

ですから、人気の記念品については、12月近くに「予約」するのがプロの視点から見て正解なのです。

 

 

決定する事の大切さと、もらう側の考え方

当店へ相談に来るのは「生徒」ではなく、「先生や親」になるわけですが、生徒側のリサーチをしている当店としては、先生や親が思っている以上に、生徒は全く無頓着であります

これは、おすすめする記念品以外の商品を選んだ場合についてですが、センスが無い卒業記念品を選んだ場合、あれこれと悩んでも、元が悪いので、効果はゼロまたはマイナスです

ですから、プロの目から見れば、あれこれ悩んでも全く無意味です

 

よく、この商品はいいのか!悪いのか!という相談や、商品に入れるデザインの名入れ印刷についての良いのか・悪いのかを相談し、また、親同士であれこれと打ち合わせもします

ハッキリ言えば時間の無駄です

決定するのは、良い商品であれば、すべてが解決します。

 

 

中学生以上の卒業記念品はモバイル(スマホ)バッテリー1択

ズバリ!卒業記念品に何を選べばいいのかは、この2年間リサーチしましたが、モバイルバッテリー1択です。

時計やタオルやボールペン・写真立てなど多々ありますが、モバイルバッテリーの「感謝の度合い」を超えるものは、この数年全くないと思います

何もモバイルバッテリーを売りたいのではなく、色々と配布した中で、モバイルバッテリーが一番嬉しい声にあふれているからです

 

中学生の卒業品では、威力はないですが、高校生以上では、もちろん、モバイルバッテリーなど持っています。ですから、その商品価値の重要性や価値を本当に理解しているわけです

だから、喜ばれるのです。

価格も最近では競争の中で500円前後になりました。1個500円で生徒が大喜びするのですから、それは費用対効果は絶大なんですよね。

 

 

12月の時期に卒業記念品製作でやるべきと!

ですから、まず、12月でやるべきことは簡単です。

(1)卒業記念品の選択を、スマホバッテリーに決めること

(2)スマホバッテリーの在庫は確保すること

(3)1・2をすること

です。

やりたくない卒業記念品の担当者になって、センスが無い親であれば、このルールに従うのが一番の安全策です。

ぜひ、参考にしてください

2017年12月13日