記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 学校関連の印刷事例を見て感想をお伝えします
  1. 記念品ストアー
  2. 卒業記念品
  3. 学校関連の印刷事例を見て感想をお伝えします

 

学校関連の印刷事例を見て感想をお伝えします


学校関連の記念品としては「卒業記念品」がありますが、最近は「周年記念品」も沢山あります。

こうした中、学校関連の名前が入っているものをピックアップして対応しました。

 

まずは、こちらのタンブラー。

全体のデザインを見ると、やはり、もったいないのが、校章のデザインが画像であるため、ぼんやりとしている点であります。

これは残念でありますね。

 

 

これについては、多くの学校の卒業記念品の内容で「あるある」であります。

「校章のデータって何?」

というレベルであり、専門のノウハウが少しないと、わからないからであります。

 

結果として、ホームページからあるデータをそのまま使ういう流れがあり、結果、画像のまま、印刷すると、綺麗に汚く出来上がります。

 

 

 

 

次はシンプルでありますが、だからこそ良いという評価。

あまりデザインはありませんが、それでも、この程度の内容でありますので、見た目の勝負では「わかいやすさ」が重要です。

タンブラーの名入れ印刷範囲が限定されておりますので、こうしたデザインはシンプルであるほうがいいのです

 

 

 

次は、ボールペンの軸ではなく、止める部分に対応したデザイン。

創立70周年記念です。

シンプルなデザインの文字。この内容も、あれこれあると汚くみにくくなります。

ですから、非常に参考になる内容と思います。

 

 

 

最後になりますが、40周年の保育園のバッグ。

デザインとしては、非常に凝っているので素晴らしいです。

印刷範囲が限定されますが、こうしたデザインは、参考になると思います。

2018年9月26日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間