記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 卒業記念品の依頼で気おつける事(12月編)
  1. 記念品ストアー
  2. 卒業記念品
  3. 卒業記念品の依頼で気おつける事(12月編)

 

卒業記念品の依頼で気おつける事(12月編)


 

さきほど、お客様との電話会話があり、

「そういえば、気おつける事があるな!」

という事で、お伝えしておきます。

 

 

結論 在庫がなくなると何も出来ないこと

ネット販売のため、勘違いする事がけっこうあります。

それが在庫が常にあることです

 

在庫は基本あるのですが、卒業記念品だけのために在庫があるのではありません

このため、企業が数千個を注文すると、あっという間に在庫はなくなります。

 

特に年始からのイベントに使う来場用として、低価格の商品などは、大きな割合で無くなります。

また、卒業記念品で使うので、大手の大学などが使うと、これも数百個単位で無くなります

 

 

 

 

PTAで「皆で」決める時間。その間が注意が必要です

先生でも、PATでも、卒業記念品は、1人で決定するのではなく、沢山の方でみんなで決定します

このため、選んでいる間に、どんどんと時間が過ぎ去るのが、本来の流れです

 

第1回目打合せ:今日

第2回目打合せ:6日後

第3回目打合せ:10日後

第4回目打合せ:15日後 ← 決定

 

こんな感じではないでしょうか。

4回目で決定するが、長いグループだと30日位になります。

 

30日も決定しない間、商品が無くなるリスクが「グーン」と上がるわけです。

 

 

 

良い人気の卒業記念品から無くなる法則

選んでいる間に、商品が無くなる、在庫が少なくなることは、他の原因があります。

それは、当たり前で、人気のある卒業記念品から、どんどん無くなるからです

 

これは意外かもしれませんが、毎年、卒業記念品を販売している側からすれば、2月中旬などに依頼があれば、当然のように「完売」したり「欠品」したりしている記念品が沢山あります。

 

よって、こんなスケージュールが毎年あります。

 

・12中に決定 → どんな記念品でも選び放題

・1月中に決定 → 好きな記念品を選べる

・2月上旬に決定 → 余りもの

・2月中旬に決定 → 安い記念品はなくなり、高い記念品や、不人気の記念品しか選べない

・2月下旬に決定 → 完売又は欠品

となっております。

 

 

 

最後にやるべきこと

卒業記念品で、最後ですが、やるべき事をお伝えします。

 

・個数が変動しても、商品は決める!

生徒数が決まらないため、個数が決定しない!

そんな時でも、商品だけは決める。

 

販売側としては、30個が35個に変更になっても、あまり問題がありませんが、商品自体が決定しないと、これも計画出来ません。

複数の商品で選ぶため、時間がかかる場合は、それは決定しないといけません。

 

 

・見積もり依頼などは先に手を打つ

記念品ストアーでは、自動見積もりがあります。

このため、やるべき事があります。

 

・総予算を見て判断する

・予算内で可能なら、卒業記念品を作る計画とする

・フォームから入力して、卒業記念品制作をスタートさせる

・在庫の情報、商品の確保をする

となります。

 

ちょっとした違いですが、このちょっとした違いこそが、大きな違いにつながります

 

 

ぜひ、参考にしてください。

 

記念品ストアー 店長より

2018年12月21日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間