記念品ストアー

履歴 TOPへ

周年の挨拶文。簡単なスピーチはどんなもの?

当店は記念品を販売している関係で、現場へは行けないし、また、誘いの相談もありません。

こうした意味では、現場における挨拶などの行事において、どんなスピーチがあり、どれだけ大変かわかりません。

特に前にもお伝えしましたが、飲食店などは周年記念をする機会が多いため、参考になる情報があればと思います。

 

担当者は大変な件

本来、挨拶をする人は、オーナーであったり創業者であったり、適任者がいますが、組織の場合は、サラリーマンが担当することも多いようです。そんな中。



とありますし、聞く側も、こんな感じでは、大変であります。


ですから、逆に考えれば、それほど「期待」されてない部分もあり、ある程度、テンプレートでいいのであります。

 

 

自分の誕生日の雰囲気で会社の周年を考えることがコツ

事例集などは、沢山ありますので、ネットの中から調べて対応すればいいだけです。

前に書きましたが、スピーチで悩む人と、スピーチを聞かなければいけない人の退屈さと、挨拶については、けっこう相手に伝えるのは大変であります。

こうした点からいえば、「自分の事としてわかりやすく伝える」というのがよいです。

こうした中、参考になり、自分の言葉で伝えやすいのが、「誕生日として自分の価値観」という視点で挨拶するとよいです。

 

例えば、10周年なら、

「自分の子供が10歳になった時の気持ち」



「自分が何か10年間つつけてきた趣味の事」

などを想定して、考えて文章をつくると、非常に聞き応えがありますので、この方法を試してみるのがいいでしょう。

2017年7月27日