記念品ストアー

履歴 TOPへ

周年記念品の名入れサンプル事例2017年8月下旬公開分

お久しぶりです。8月下旬になりましたが、最近A工場で製作した周年記念品関連の名入れ印刷サンプル画像をお伝えします。

ぜひ、サンプル名入れ印刷事例をみて、どんな風に周年グッズをしたらいいのか参考にしてくさださい。

 

まずは、こちらの手動式LEDランタンライトです。

定番の位置にしております。名入れサンプルの画像が汚いのは、1個が非常に高く「失敗したもの」を撮影しているからです。すみません。当店ではなるべくお客様の負担を無くすようにしているため、良品納品を基本としています

このため、こちらにあるのは名入れ失敗分しかないのです。

ランタンは創立10周年記念として展開したものです。


 

次は、真空2重構造のマグカップです。

非常にシンプルなロゴマーク印刷で、ベースボール部分のデザインがセンスがあって素晴らしいです。

抜きのロゴマークとなっている部分もデザイナーがしっかりと40周年の記念として展開したのがわかります。


 

こちらは金桜扇子。

ファンからのオリジナル名入れ印刷で2周年記念品グッズ。

こうしたちょっとした名入れ印刷でも、周年記念品として展開可能なのです。


 

こちらは市松扇子。

3周年記念の手軽な名入れ印刷。夏のオリジナル周年記念品として扇子を展開するのは実用的であります。ぜひ、参考にしてください。ボールペンやタオルでも当然いいのですが、少し違ったアイテムを活用することで、ちょっとした価値が上がります。


 

ステンレスカップです。40周年記念として。

ラジオ体操会の記念品ですが、こうした企業だけではなくコミュニティ向けでもいいですよね。

単なるコップなのですが、こうしたシンプルな「オリジナルグッズ」を作ることで、一層連帯感が生まれます。デザインもシンプルでいいです。


 

こちらは真空二重構造のステンレスタンブラー。

学校の70周年記念としての商品。学校の場合は、あれこれと入れないといけないデザインとなるため、どうしてもシンプルなデザインができません。そのため、こうしたデザインを参考にして、文字が多いと、どんなデザインになるのかを知るのにとても役に立ちます。


いかがでしょうか。

単なる周年記念のサンプル画像ですが、ちゃんとしっかりと実績がある分だけ、デザインやコンセプトが沢山あって、色々と勉強になります。「ああ!こうすればいいんだ」というのが感覚としてわかりますので、非常にいいですよね。

2017年8月21日