記念品ストアー

履歴 TOPへ

先週(6/11~6/17)は105件の見積もり依頼がありました

 

ロゴマークの印刷について。データの価値とは


周年記念品で一番重要な部分がある。

それが会社のロゴマークの印刷になりますが、実際、周年記念品を製作する場合に、担当者の多くが、あるいは半分以上が、ロゴマークのデータを持っていない場合が多いです。

また、ロゴマークの印刷を、商品に印刷した経験が、あまりないものが多いと感じます。

こうした状況は、仕方がない部分もありますが、せっかく、大事な周年記念を式典として開催して、プレゼントするのですから、しっかりとしたものを製作したいものです。

今回はロゴマークの印刷についてお伝えします。

 

 

元々は印刷のデータ

ロゴマークの印刷をする場合に、広告代理店などで流れる勤めていれば、それなの知識やスキルができるので、その中で、印刷のスキルがあります。

今ではほとんどがデジタルデータ化しておりますが、ほんの20年前までは、デジタルがほとんどなかったため、 データ自体の仕組みをアナログで知識として対応しました。

その中で画期的だったのが、イラストレーターというソフトです。

そのイラストレーターは、チラシや会社案内などの印刷物に対して使います。 そのデータがないと、印刷自体ができません。

このイラストレーターのデータを持っているかもったいないか、または知ってるかしていないかで、印刷のデータに対するやり取りの重要度が非常に分かれます。

イラストレーターのノウハウを知っている人がいれば、この時点でも全ての問題は80%程度はもう終わっております。

 

 

データ自体の価値について

データを見てみると、結局のところ、今は画像が一番多いです。

画像については所詮は画像のデータなどで、綺麗なデータでは全くありません。そうなると、最終的には口頭でデータの悪さについてはお伝えしてるのですが、実際にはあまり実感がないだけです。そこで多くが、実物に名入れをサンプルして、やっとそのデータが良いか悪いかを判断できる。

ここまで持っていかないと、データ自体の価値について、知ろうとする努力も結局はないのです。ですから、この部分を殺コストと考えるのか、それとも、サービスとして考えるのか。その部分がデータの価値について、分かれるところだと思います。

2018年2月26日