記念品ストアー

履歴 TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. できる納期とできない納期ついて
  1. 記念品ストアー
  2. 【入学・卒業記念品】
  3. できる納期とできない納期ついて

 

できる納期とできない納期ついて


もうそろそろで3月になりますが、今から追い込みをかけていく場合も多少あります。そこで今回、できる部分とできない部分についてお伝えします。

 

 

商材によってできない場合。

まだ代表的なものとして、お箸については短い納品でのオリジナルができません。

これは食器なので、乾かすことが重要なために、乾くまでに最低2週間がかかります。このために短い納期での納品が可能となっております。

このように、一部の商品は非常に特別なのですが、卒業記念品の場合は、お箸などの商品が非常に選ばれるために、短い納期での対応ができないというのが流れとなっております。

全ての商品が、 お箸のようなパターンではありませんので、できる部分とできない部分を把握しておくことが重要なのです。

 

 

商材によってはできる場合

短い納期での納品が可能となる場合についてですが、文房具関係なのであれば、全く問題ありません。しかし、卒業記念品で人気であるかどうかはまた別の問題であり、結果的に、短い納期で納品できるのにも関わらず、依頼がないのが現状です。

ですから、大抵は短い納期で出来るのですが、卒業記念品に選ばれないとなると 、結果的に意味がないわけです。

 

 

サンプル画像が沢山あるものはおすすめ

こうした情報は、プロでないという理由がつかない部分も多いです。ですから、ページ内でサンプル画像がたくさんあるものにつきましては、多くのお客様が制作してる事例なので、 うまく活用すると非常に分かりやすいと思います。

サンプル画像をたくさんあるということは、それだけ多くのお客様、特に学校などが作られてる場合なのは、短い納期でもたくさんした経験があると考えても良いでしょう。

このように、短い納期でできるものもたくさんありますので、卒業式が3月中旬の場合でも、対応可能となっております。

2018年2月26日