記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. できるだけ短納期を上手く伝えるのには?
  1. 記念品ストアー
  2. 周年記念品名入れ・創立記念品
  3. できるだけ短納期を上手く伝えるのには?

 

できるだけ短納期を上手く伝えるのには?


別に当店としては、短い納期ではないと思いますが、一般的に制作にかかわる時間は、どの業者も同じです。

ですから、通常、下記のようなパターンが多いです。

提案

検討(ここで2週間

検討2(ここで1週間

見積もり決定(データ制作開始

データチェック(サンプルで2週間

サンプル確認(ここで1週間

制作開始(ここで2週間

納品

となります。

ここまでひどくないのですが、本当にあれこれ検討や確認をしていると、このパターンにはなります。

結果として、本来なら決定して2週間で出来ることが1ヶ月以上にもなるわけです

 

まして、上のような流れを本人ではなく、第三者がすると、イベントに間に合わせるところか、逆に全く間に合わせないようにするため、複雑になっていくことが多いと感じます。

 

周年記念品などの制作については、本来、決断と判断と速ささえあれば、10日以内に終わります

ですから、この点をしっかりと、出来るようにすることが、オリジナルイベント品制作では、とっても重要になるわけです。

2018年4月6日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間