記念品ストアー

履歴 TOPへ

成功しているEC店舗はうらやましい。やっぱり店長(経営者)には顔がある

8月上旬に起きた「寺坂農園事件」。

インターネットの中では一時騒然となり、ネットショップをしている店舗なら衝撃でした。特に食べ物関連であっため、その感想は尋常ではありません。当店でも興味を持って情報をみて、ある意味では、「興味と怒り」にも似た感想で、店長日記として書きました。

多少のSEOノウハウも熟知しているので、もしかしたらと思い書きましたが、ちょっと意外な部分があり、もともと記念品ストアーはアクセスが無い「無名店舗」であるため、こんなにもアクセス数があります。


これでは当店が寺坂農園になっているようなものであり、迷惑以外の何者でもありません。

まぁ、タイトルキーワードでのSEO施策なですが、自分のメインのキーワードよりも上であるのが悲しい現実であります。

唯一、その他のキーワードで「マッキンゼー 激務」も、同じように店長の独り言で、常にアクセスがあるタイプです。

どちらも「働き方」についての感想なのが興味深い点です。

 

 

寺坂農園の店長(経営者)が魅力的過ぎた件について

さて、寺坂農園の店長であり、経営者である祐一さん。

もう、見ていればわかりますが、ほぼ「立派なS級店長」です。経営者としてもトップレベルであります。

ある意味では嫉妬にも似た「うらやましい存在」であります。

当店のような負け組店舗で、その他、大勢の屍店長と比較すると、天と地の程の差があります。

 

店長レベルでの話しでは意味がなく、あくまでも顧客目線として見るなら、これほど「良いEC店舗」はなく、ここで働いているスタッフも店長も、素晴らしい日々を送っていると思います。

その意味では、前にブラック企業と言いましたが、中身としては「健全で素晴らしいブラック企業」であり、良くも悪くも、電通のような陰険なブラック企業とは違う感じがあります。

ただし、電通にも言えるのですが、すべてのが駄目であるわけでもなく、職場や上司や仕事内容によっては、ブラックに感じる場合もあります。

ただ、寺坂農園のような小さい企業であれば、ほぼ店長の「気質のよさ」が、そのまま会社の良さに直結しますので、問題ないとわかります。

 

さて。

こうした有名なEC店舗の店長ですが、ちょっと面白いのがありました。

実は当店は老舗で、1995年からEC店舗を立ち上げているため、すでに22年間対応している店舗です。

そのため、こうした有名店長を良く知っています。

その中で「竹炭販売をしている竹虎」さんは有名であり、その店長も寺坂農園と同じような「匂い」がします。

更にいえば、笑える事に、何か姿が似ているような・・・。

 



なんか、双子のように似ていませんか!!

まぁ、これはネタなんですが、竹虎さんの店長(経営者)は有名なので、何か似ているなぁと思ったら、やっぱり似ていた。

 

 

今後のEC店舗は、良くも悪くも「顔」が必要(個性でも)

当店のような1人従業員の1人店長では、ブラックも糞もなく、1人なので1人で頑張って惨めに対応するしかありません。

従業員がいない分、ブラックにはなりえませんが、倒産しないように歯を食いしばり対応するしかなく、12時間だろうと20時間だろうと、生き延びるためには仕方がありません。

 

ただ、これは運営側の問題であり、お客様には全く関係がないのですから、今回の点で学ぶ点があるとすれば、やっぱり「顔」が見えるようにしなければいけなく更にいえば、しっかりと個性を出すことが重要です。

 

今回もメロンを販売しているのではなく、あくまでも商品は一部であり、今はメロンではなく、トウモロコシを販売しているのでわかりますが、メロンであろうとトウモロコシであると、結果的にどの商品でも「売れる」わけです

これには寺坂農園の個性があり、これリンゴでもミカンでも何でもいいのです。

その意味では、しっかりと個性ある商品づくり(店づくり)をメインとすれば、今後の店舗運営は、大きな価値の差別化になるとわかりました。

2017年8月19日